椅子倉

椅子倉さんの2月の読書メーター
記録初日
2016年07月01日
経過日数
268日
読んだ本
81冊(1日平均0.3冊)
読んだページ
17156ページ(1日平均64ページ)
感想/レビュー
7件(投稿率8.6%)
本棚
0棚
年齢
19歳
職業
大学生・院生
現住所
東京都
外部サイト
自己紹介
都内の哲学一年生
何事も中途半端に雑食です

読書グラフ

最近の感想・レビュー(7件)

いまさら気付いたけど、四章のラストはディファレンスエンジンのオマージュなのかな、意識の誕生と死についての対比を含めて。
★5 - コメント(0) - 2月1日

教科書なので、講義も休みがちなことだし一度は通読しておかねばと思った。哲学史の本としては読みやすさも精緻さも相当のものだと思うが、随所に出てくる筆者の現代社会に対する目が、(こんなこと教授の前では口が裂けても言えないが)典型的な老害のそれなのでややつらかった
★3 - コメント(0) - 2016年11月12日

図書館で見かけ、気になったので手にとってみた。発達障害〜グレーゾーンで生きづらさを抱える大学生の類型や実例をまとめ、支援の方針も詳しく記載。おそらく支援者向けの内容だろうが、当事者が読んでも学べる事は多いと思う。
★1 - コメント(0) - 2016年10月8日

琴岡みかげの感情!!!!
- コメント(0) - 2016年10月3日

愛憎、信念、正義、運命。名作だなぁ(小並感)
★1 - コメント(0) - 2016年7月19日

「真理」について自らの考えを述べる機会があったので、参考に一読。ラッセルによってコテンパンに批判された形でのプラグマティズムしか知らなかったので、良い勉強になったと思う。
★1 - コメント(0) - 2016年7月17日

ゼミの課題だったため通読。『クリトン』における国家論の方が気になるかな。まだプラトンが恨みを理論化してない時の著作だからか、アテナイ国家の在りようそのものに対する批判はあまりない。国家と個人の「契約」を問題にしているところ、国家と個人の緊張した関係など、ルソー等と照らし合わせてみると面白いかも。
★8 - コメント(0) - 2016年7月1日

著者グラフ

最近読んだ著者:石川啄木 臼杵陽 田亀源五郎 押見修造 市川春子 大岩ケンヂ 熊野純彦 伊藤計劃 R.S.ブラック 伊藤計劃
椅子倉さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)