黒木シン

黒木シンさんの2月の読書メーター
記録初日
2010年08月03日
経過日数
2427日
読んだ本
790冊(1日平均0.32冊)
読んだページ
174373ページ(1日平均71ページ)
感想/レビュー
309件(投稿率39.1%)
本棚
0棚
性別
現住所
東京都
URL / ブログ
外部サイト

読書グラフ

最近の感想・レビュー(309件)

すごくよく出来てる。おおむね、ああこのパターンの話かー、と思いながら読み始めて、なるほど!という気持ちで読み終えられる。というのを切れのよい短編にしている手腕を感じる。
- コメント(0) - 3月2日

知将の話は好きだし、今のところおおきな不満もなく、楽しく読めている(主人公の策謀にわくわくしている)(見せ場としての発揮どころはありつつも、心底危機的な状況というのが、今のところあまりないから、かもしれないけれど)。コミック、アニメ、もちょこちょこ読んだけれど、コミックがきれいだった印象かな。調整がうまいな、と原作を読みながら思った(コミックを先に読んだ)。とはいえ、原作となる小説の説明や設定の細やかさは、だいぶ好きな雰囲気ではあった。
★3 - コメント(0) - 2月6日

単巻で評価するなら星8か星9で迷うくらい面白いな。前振りといえば前振りなので今後によるけど。ともあれ、緑郎が一気に好きになったところがある。あまり長編にならない綺麗な作品になるかもしれないけれど、こういうわくわくは持続してほしいとわがままを思ってしまったりもするので、結果として、大長編になってほしいと思っているところはある。
★7 - コメント(0) - 2月1日

緊張した国家間の、ほのぼのした二人の、緊張感ある渡り歩きかたと恋が、ふわふわしていて素敵だった。うーん、めっちゃ好きだ。国家の状況の描きかたの情報量のちょうどよさ(物足りないと感じてしまうくらいの微妙な少なさ)もよかった。
★10 - コメント(0) - 1月13日

歴史のおおきな流れ、絡み合い、から快感を呼び寄せる、という小説で、わりと稀有な印象だし、SF要素的な気持ちよさも相まって、まあ、スゴイ、としか言いようがない雰囲気だ。
★1 - コメント(0) - 1月13日

[90点]主人公の推理のロジックの距離感がめちゃくちゃ気持ちよい。記憶できない男と記憶を植え付ける男の戦い、という設定には魅了された。
★3 - コメント(0) - 2016年11月30日

一コマのナナチの表情見てるだけでめちゃくちゃつらくなる。それくらい、非常におもしろい。
★2 - コメント(0) - 2016年5月9日

大変面白い
★4 - コメント(0) - 2016年4月12日

黒木シンさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:華夜 酒井まゆ 宇野朴人 藤田和日郎 村田沙耶香 岩本ナオ 小川一水 小林泰三 夢枕獏 夢枕獏,野部優美
黒木シンさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)