fukutsu

fukutsuさんの2月の読書メーター
記録初日
2016年09月16日
経過日数
193日
読んだ本
22冊(1日平均0.1冊)
読んだページ
5180ページ(1日平均24ページ)
感想/レビュー
22件(投稿率100%)
本棚
1棚
性別
自己紹介
楽しい毎日いえ~い

読書グラフ

最近の感想・レビュー(22件)

実行に移すのが本当に難しいです(;´∀`) とてもおもしろいですし、PDCAを舐めてたという事実を突きつけられます もう何周かよんで実行できるようにしたいと思います
★4 - コメント(0) - 3月9日

ストーリー仕立てで読みやすい本でした 序盤にマインドフルネスのやり方を書いているのでそれを読んで実行すれば良いはず 効果についてはストーリーの方を読んでみると良いと思います
★8 - コメント(0) - 3月9日

とても読みやすい本でした 羽生さんの人柄も文章に出ている印象です
★4 - コメント(0) - 2月4日

"就職活動"というものに違和感を感じていたために読んだ本。違和感を感じるのは当然で、この本の指摘では一斉入社システムは終身雇用制度のうえに成り立っていたため、現在の社会にはそぐわないのである。 就職活動そのものを否定する論調なのかと思ったらそうではなく、就職活動のメリットを活かす制度を提案しつつ、現在就職活動中の人に向けてどのような心がけで臨めばよいかについて書いておりとても参考になる
- コメント(0) - 2016年11月30日

2:8法則について書かれている本です。2:8法則自体は有名なので以前から聞いていましたが、それについて専門的に書かれている本は、この本が初めてでした。2:8法則は2割に集中せよということが要約ですが、2割に集中するためにはその2割がどこに位置するのかを知る必要があります。ソレを知る方法について書いてあるのが本書です そして、2:8法則から外れるとされるロングテール、ブラック・スワンについての解説もあります 私も、他人からの頼まれごとや、今やらなくても良い事柄などに翻弄されがちですので参考にしたいと思います
- コメント(0) - 2016年11月30日

さくっと読める本です。相手に敬意を払って話をしていれば必ず質問が浮かんでくるというのですが、なかなか緊張してうまくいきません。しかし、緊張についても、自分以上を見せようとするからだということをしり、なるほどと思いました。質問をする際、話をする際の姿勢が主ですが、もちろん、質問内容についての話もあり勉強になりました。最後にはエクササイズも載っており、とても役立ちます。特に、思い入れ筋を鍛えるというのなんかは恋愛にも活かせそうです(私は疎いですが(;・∀・)) ページ数も少ないので是非
- コメント(0) - 2016年11月24日

マルコム・グラッドウェルの著書についてはネットで幾つか意見が出ていて、有名なのは「1万時間の法則」です。努力論だと思っていたのですが、読んでみると読む前の印象とかなり違うものでした。 私達が努力は素晴らしいとして出す例に1万時間の法則はよく使われます。しかし、この本で訴えているのは、成功者はその1万時間努力するだけの機会が与えられているという点です。読んだ後ではこの本は根性努力論ではないとわかりました。好機を与える仕組みづくりをしていかないといけないと思いました
★6 - コメント(0) - 2016年11月22日

少し難しかったですが、とてもおもしろい内容でした。 この本はコミュニケーション能力不足について脳の使い方という観点から書かれている本なので、初めて聞く知識が多かったです。 ともすれば毎日同じ活動を行い、自分の得意分野ばかり伸ばしてしまいがちなので、もっと意欲的に新しいことにチャレンジしたいと思いました
★1 - コメント(0) - 2016年11月11日

fukutsuさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:冨田和成 久賀谷亮 羽生善治 佐藤孝治 野口悠紀雄 おちまさと マルコム・グラッドウェル 加藤俊徳 スチュアートブラウン,クリストファーヴォーン 竹田恒泰
fukutsuさんの著者グラフ

お気に入り(2人)


お気に入られ(4人)


ログイン新規登録(無料)