らま+たん

らま+たんさんの12月の読書メーター
記録初日
2016年10月05日
経過日数
106日
読んだ本
7冊(1日平均0.07冊)
読んだページ
2464ページ(1日平均23ページ)
感想/レビュー
5件(投稿率71.4%)
本棚
0棚
性別
血液型
B型
現住所
東京都
外部サイト
自己紹介
積ん読解消したい!
週に1冊読めるように習慣づけるどぉ♬

読書グラフ

最近の感想・レビュー(5件)

読み終えた!いろんな方向に散りばめられた伏線を最後は全て回収する様に脱帽。若干終わりは淡々としていて、少しばかり淡白感が否めなかったものの内容には大満足!! X-RAY達のその後が気になるので続編にも手を伸ばしてしまいそぉ(*´艸`*) 英語レベルとしては決して難しくなく、でも自分の肩慣らしには丁度よかったのかな(*´ω`*)
★2 - コメント(0) - 2016年12月27日

読み終えるまで時間がかかったのは面白くないからでは決してなく、自分が読むのが遅いから。そんな自分でも時間を見つけて少しずつでも読み進めたいという衝動にかられるほど内容に入り込んでいった。 短い小節で区切られ、読んでいくうちに自分の考え・イメージと本の中で起きていることが全く違っていたなんて予想を裏切られることが立て続けに起こり、毎度「嘘でしょ?やられた!」という気持ちに駆られた。 少々残忍すぎる描写には気持ちが悪くなったりもしたが、全体としてはボリュームのある作品なのにそれを感じさせることがないと感じ
★4 - コメント(0) - 2016年12月7日

東京芸術劇場の舞台を観るために予習。チェーホフ作品は初めてで、作風も何も知らないまっさらな状態で挑む。目次の前のページに記された「喜劇4幕」の文字にまずは驚く。全くもって喜劇のイメージがなかったから。でも読み進めるうちにやはり喜劇ではないと確信。あれがなぜ喜劇と位置付けられているのかまったく理解不能。登場人物の誰も幸せな人がおらず、暗雲立ち込める感じが蔓延してるのに。 ダークな話に読み進める手が止まりそうになるうえ、さらに輪をかけて読みにくくさせるのがロシア人名の表記の仕方。人物一覧に表示されてる名前とは
★3 - コメント(0) - 2016年11月10日

10年前に会社の先輩から「いろいろ学べるぞ」とプレゼントされた時には正直ピンとこなかったけど、今改めて読むと勉強になった部分がたくさんあったー。戦争についての描写がスルっと、でもリアルに入ってくるのもいい。こんな感じで戦争描写をしている本が他にもあれば読んでみたい。
- コメント(0) - 2016年10月9日

読書初心者の自分にもサラッと読めるショートショート。とはいえ、原作がヨーロッパのもののためか和訳を読んでも理解できないor腑に落ちないオチがおおかった。個人的に好きだったのは「愛の手紙」と「万引き」くらいかな…2016/10/05 21:05
★1 - コメント(0) - 2016年10月5日

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで、さあ、現代の平家だ「現代語訳版『平家物語』」の献本に応募しました!締切は12月22日!応募はこちら→ リンク
- コメント(0) - 2016年12月22日 11時42分

著者グラフ

最近読んだ著者:ルイス・サッカー 宮部みゆき ステファンアーンヘム チェーホフ 冬野花 村上信夫 E.W.ハイネ
ログイン新規登録(無料)