りん

りんさんの2月の読書メーター
記録初日
2010年08月25日
経過日数
2403日
読んだ本
214冊(1日平均0.09冊)
読んだページ
52448ページ(1日平均21ページ)
感想/レビュー
127件(投稿率59.3%)
本棚
8棚
外部サイト
自己紹介
節操なくなんでも読みます。

「肉体の悪魔」ラディゲ
→「潮騒」三島由紀夫
→「ダフニスとクロエ」ロンゴス
→「若きウェルテルの悩み」ゲーテ
→「戦争と平和」トルストイ

読書グラフ

最近の感想・レビュー(127件)

書店に山のように積まれているドナルド・トランプ本をどれ一つ読んでいないな、と思い出し購入。掲載されている写真の中の人々のほとんどが肥満体型なのが気になった。
★2 - コメント(0) - 3月21日

最近よく見る言葉なので、正しい認識と知見を得るために読んだ。
★2 - コメント(0) - 3月20日

弟がグアテマラに住んでいる、それだけでもう色んなことが気になって読み進めてしまう。とてもずるいエッセイの題材。家族のありがたみが最近わかってきた自分に、色々と沁みた。
- コメント(0) - 3月19日

昔を懐かしみながらも決して嫌味っぽさはなく、さわやかさと軽やかさのある文章が快い。東京に詳しい人はさらに楽しめると思う。シネコンでない映画館の思い出は…十数年前に友人たちと行ったことがある気がする。
- コメント(0) - 3月13日

J-POPというものから随分と離れてしまっているが、また色々聴いてみたいと思えた。「売れる」「ヒットする」の変化については、枚数よりも体験を売りにしているということを最近自分も強く感じる。テレビに関してはちょっと身内贔屓なところもあるかもしれない。私がテレビという媒体に対して冷ややかなだけかもしれないけれど。SpotifyをDLしてみた。いいサービスだと思うけれど、日本の曲はそう多くないように見える。
★3 - コメント(0) - 2月9日

p185〜219の『家族と人間』が面白く、動物を扱う学問に興味を持った。それ以外はおじいちゃんの自伝とお小言。
- コメント(0) - 1月20日

非現代ものにパロディ満載は合わないな、と。
- コメント(0) - 1月8日

演劇としてはなかなか複雑なストーリーだなと思った。演者には高水準の演技力が求められそうだ。イアーゴーが主人公のように見えるが、あくまでその策に絡みとられて崩壊していく客体としてのオセロー、もしくは彼の感情が主人公だという解説にもなんとなく納得できる。
★3 - コメント(0) - 1月7日

りんさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:金成隆一 中野信子 片桐はいり 柴那典 河合雅雄 さがら総(Speakeasy) シェイクスピア ガイ・オギルヴィー 吉川英治 フィリップ・K・ディック
りんさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)