桧山

桧山さんの1月の読書メーター
記録初日
2010年09月03日
経過日数
2364日
読んだ本
483冊(1日平均0.2冊)
読んだページ
132174ページ(1日平均55ページ)
感想/レビュー
469件(投稿率97.1%)
本棚
37棚
性別
自己紹介
2011年の読書メーター
読んだ本の数:106冊
月間平均冊数:8.8冊

2012年の読書メーター
読んだ本の数:122冊
月間平均冊数:10.2冊

2013年の読書メーター
読んだ本の数:80冊

2014年の読書メーター
読んだ本の数:51冊

2015年の読書メーター
読んだ本の数:34冊

2015年の読書メーター
読んだ本の数:33冊

読書グラフ

最近の感想・レビュー(469件)

翻訳できない言葉が話題なので読んでみた。そっちはまだ読んでない。イラスト+解説で見開きで一つのことわざを紹介。日本のは2つ掲載されてました。世界のことわざを知れるのは楽しいんですが、解説が的はずれなこと書いてある。そのことわざの使用例が書いてあると具体的につかみやすいのに、そのことわざに出てくる動物の解説をされても。
★7 - コメント(1) - 2月19日

SFと言いつつファンタジーぽさもある。昔のジュブナイル小説って感じ。小学校高学年あたりから楽しめそうな短編集。古い本だからか翻訳された単語もちょっと古くさいかな?全体的にロマンあふれる話。個人的には表題のジョナサンと宇宙クジラが好きかな
- コメント(0) - 2月17日

しかけ絵本かと思ったら違った。けど子供の想像力を育てる系なので楽しんで読めるんじゃないかと。幼稚園~小学校低学年向けあたりなのかな?私は大人だけどつい触った。
- コメント(0) - 2月11日

シリーズ物の1作目。ではあるんだが日本では2作目が先に翻訳されそっち先に読んじゃったので前日譚に近い。フランス小説。オチは2冊目でネタバレしてるので展開知ってたんですが知らなかったらハラハラしてたと思う。 フランス映画はよく判らないのが多いんですがこれは割りとハッキリしてるんじゃないかと。でもここで終わらすあたりフランスな気がする。 犯人自体は半分弱の時点で予想ついてそれが当たってたのでガッカリしてたんですがその後別方向から根底を覆してきたので面白い。そのまま終わってたら詰まらないの判断で決着つけてた。確
★18 - コメント(3) - 2月9日

前半はありきたりな内容だけれど後半はよかった。判りやすい文章というより熱意を持って説得する文章。ただメールの例文はウザい。 一通り読み終えると、実際にこの本の中でも紹介してテクニック使いまくってるなーと気付く。面白かったので他の本も読んでみる
- コメント(0) - 1月27日

内容としては児童書ですね。本文は文庫なのにハードカバーで使うような厚手の紙だったので扱いにくかった。児童書は確かにこんな紙だけれども ツッコミ所多いんですが児童書なのでそこはご愛好。本が好きな小学生がちょっと大人びて文庫本を読んでみたいと思ったときにいいんじゃないでしょーか。 タイトルに反して猫めっちゃ存在感ある。バリバリ中世ヨーロッパなのでその辺の雰囲気は楽しかった
★1 - コメント(0) - 1月23日

久しぶりにマルドゥク。今回はクランチ文体でも言葉を繰り返す感じでもなく割りと普通の地の文。クランチ好きなんだが評判悪かったのか。冲方さんなので安定して読めるんですがいつもより若干粗が目立つ気がするんだが気のせいか? フラグメンツにもあった通りウフコックが死ぬまでの話、っぽいんだが生きてて欲しいどーなるんだろう。ちょいちょい過去作を思い出すところがあるのは意図的だと思うんですが、クインテットが別のエンハンサーグループと衝突する書き方は食傷気味かなぁ。冲方さんは魅力的なキャラを描かれる方ですが今回はちょっと悪
★2 - コメント(1) - 1月17日

鏡シリーズ2作目。飛び出さない絵本なんだけれど超立体的。話はホットケーキ作ってるだけなんだけど仕掛けで楽しめる。このシリーズもっと増やして欲しい
★1 - コメント(0) - 1月9日

桧山さんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:エラ・フランシス・サンダース ロバート・フランクリンヤング クリスティーマシソン 佐々木圭一 アン・マキャフリー 冲方丁 わたなべちなつ 高橋こうじ 畠中恵
桧山さんの著者グラフ

お気に入り(1人)


ログイン新規登録(無料)