にす_(:3」z)_

にす_(:3」z)_さんの1月の読書メーター
記録初日
2016年08月26日
経過日数
181日
読んだ本
60冊(1日平均0.21冊)
読んだページ
19389ページ(1日平均69ページ)
感想/レビュー
53件(投稿率88.3%)
本棚
0棚
性別
職業
大学生・院生

読書グラフ

最近の感想・レビュー(53件)

いまはVRゲームが話題になることが多々ありますが、だいぶ前に書かれた作品ながらそれをイメージしながら読めました。数学に明るくなくても読めます。読みやすさも○
- コメント(0) - 2月21日

下巻読み終わったらそちらの方に記載予定
★2 - コメント(0) - 2月12日

最後「あれ?」ここで終わるの?って終わり方が、宮部みゆき『火車』並みにあった。今後の展開を解釈・妄想するしかないのか。それとも続編?と言われる作品を読めば分かるのか?   -------- 自分は10代後半のときネットゲームばかりしていたので、こういう話はとってもイメージしやすかったですね。 今の時代は「ネットで出会い」も多いのでイメージしやすい人も多いのではないでしょうか。 こういう系の話を他に読んだことはなく新鮮!って思いながら読めました\(^o^)/
★4 - コメント(0) - 2月10日

法律の話が出てくるのが本当に良い。小説を読みながらその法律について知ることができる点、事実というか、描写が丁寧でイメージしやすい点(事実が、法律の要件に当てはまることで法律の効果が発生する)から、自分の知らない世界を知ることができる。良い。 この本は5つの短篇で構成されている。自分は今まで短篇があまり好きでなく(長い方が、読み終わったときの満足・達成感が経験上でかかった。)、どんな感じかなあと読んでみたけれど、どれも満足
★4 - コメント(0) - 2月6日

ストーカーに対する法律ができる前の話みたいな感じで書いてあって、ストーカーの描写がとっても気持ち悪く(褒め言葉)できていた。ただ、いま現在でも、たくさんの人が実行まではしなくても、情報収集している。これはむしろこの時代ならではという感じもする。例えば、名札を見てFacebookで名前検索してみるだけで、学歴と友人関係がある程度分かってしまう。さらに、メールアドレスなどを知っていれば、アットマークの前の部分の文言を用いて検索かけるだけでSNSのアカウントが見つかるなど、案外簡単に色々知ることができる。20代
★1 - コメント(0) - 2月3日

(チャプターについてだけ。) ・章のタイトルが、全部人名なので、その人視点の話なのかな?と、最初に思った。(誰もがそう思うと想定されるが) ・最初の章のタイトルと最後の章のタイトルが同じ人名であったので中身を読む前に思ったのは、「最後の章にたどり着いたとき、また1章さらっと読もうかなw」という感じである。
★17 - コメント(0) - 1月29日

バンカーの話は、"半沢直樹(テレビドラマ)"でイメージわいたので、なんとなくその話の展開は読めたけれど、その他の謎についてはほぼ解けず/(^o^)\www  
★2 - コメント(0) - 1月29日

にす_(:3」z)_さんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:加藤友彦 山口暁弘 三宅茂久 佐伯草一 岡嶋二人 西加奈子 宮部みゆき 歌野晶午 栗本薫 朝井リョウ
にす_(:3」z)_さんの著者グラフ

お気に入られ(1人)


ログイン新規登録(無料)