いきあたりばったり

いきあたりばったりさんの2月の読書メーター
記録初日
2016年12月10日
経過日数
104日
読んだ本
39冊(1日平均0.38冊)
読んだページ
13954ページ(1日平均134ページ)
感想/レビュー
27件(投稿率69.2%)
本棚
4棚
性別
外部サイト

読書グラフ

最近の感想・レビュー(27件)

想像していた話とはちょっと違いましたが、ちょっと戯曲めいているなあ(場面設定が)、昔の遊機械全自動シアターの『食卓の木の下で』を思い出すなあ、なんて思いながら読んでいたら、もともとは舞台が先にあったとのこと。とても納得しました。小説としての流暢さにはかけますが(すみません)、ひとりひとりの思いがとてもしっかりあって、アウトプットが演劇的なのだと思いました。そうしたぎこちなさはあるものの、設定としての「ルール」がとても面白くていいなあと思いました。
★23 - コメント(0) - 1月29日

すごく心が揺さぶられた小説でした。何度も何度も、涙腺がゆるみました。紡ぎだされる言葉が心にためらいなく感動を与えてくれます。いろんな「願い」がこもっている。本が好きな人、本屋さんが好きな人、一生懸命頑張っている人、苦しくって辛い状況にある人。「ひとはたぶん、未来への夢や、この先良くなっていくかも知れないという希望がないと生きていけない」それぞれの思い、それぞれの優しさと強さがこめられた、力強いあたたかな小説でした。いろんな人に読んでほしいです。
★14 - コメント(0) - 1月27日

表紙のイメージから、深刻なサスペンスを創造していたが、全然違っていた。ポンポンと軽快なリズムの心地よい小説。暴力的なシーンが多いが(そういうのはちょっと苦手……)勢いでそのままページをめくってしまう。やさぐれた、コメディタッチの面白い小説でした!
★9 - コメント(0) - 1月25日

これもSF小説っていうのか……と、目から鱗。表題作の「盤上の夜」はなんともいえない余韻があり……(ちょっとこわい)。「象を飛ばした王子」が特にその“なんともいえない感触”みたいなものが顕著で不可思議にもてあそばれるように、小説世界を楽しめました。摩訶不思議……なのだけれども、SFなんだよ、と言われるとそうなのかと思う。自分の咀嚼能力をこえてる、けれど「わかってないけど面白い」と思える世界でした。すごいな。
★6 - コメント(0) - 1月20日

第二次世界大戦時のポーランド。といえば時代は、想像に難くない。国家、民族、戦争、ナチス、そしてユダヤ人。その中で、主要人物の生い立ちに絡めて「国を愛する心は、植えつけられるものでは断じてない。まして、他国や他の民族への憎悪を糧に培われるものではあってはならない」をはじめとして、心に刺さる言葉が強くグっとくる。「ポーランドから見る世界は、過酷かもしれないがきっと美しい」この言葉に込められた思いに考えをめぐらすと、もう、たまらないです。皆川博子さんの『死の泉』熱狂的支持者の自分は胸が熱くなりました。
★16 - コメント(0) - 1月19日

後からこちらを読みました。『僕が』を先に読んでおいてよかったな、と思いました。切ないというよりは、ちょっと辛さが勝った印象。ライトなタッチで読みやすいのは二冊とも同じ印象。SFファンタジーというのでしょうか。入口にするのにぴったりなシリーズだと思う。
★6 - コメント(0) - 1月17日

面白かった!さくさく読めたし、ぐぐっとひきつけられて、ぐんぐん読み進めて、中盤から終盤は電車の中で読んでいるというのに、涙がでそうになって困った。文章は軽く読みやすく、肩ひじ張らずにいける。『君の名は。』とか、好きな人にはこういうのもおすすめです!『君を愛したひとりの僕へ』も時間をおかずに読んでみたい。こういうのが好きだという人と「いいよね、いいよね」と感想を語り合いたくなっちゃう作品。こういうシリーズがあると楽しい。
★4 - コメント(0) - 1月17日

すごく面白かった。SFを読み慣れていなかったとしても、「言葉」と「思考力」や「認識」に対する描写がグっときて、普通のテンションで書けるものではない。「自分の国を守るために自らを犠牲にするという精神自体は、つい最近発生したものにすぎない」とか「一般市民にとって愛国心が戦場へ行く動機になったのは、戦争が一般市民のものになった、言うなれば民主主義が誕生したからなのだった。」とか、覚えていたい記述がたくさんある。SFとしても面白いが「意識していたい」記述の多さも魅力である。
★15 - コメント(0) - 1月16日

いきあたりばったりさんの感想・レビュー

読みたい本(1冊)


著者グラフ

最近読んだ著者:似鳥鶏 西尾維新 田中圭一 友井羊 乃南アサ 辻村深月 河江肖剰 森絵都 近藤史恵 千早茜
いきあたりばったりさんの著者グラフ

お気に入られ(1人)


ログイン新規登録(無料)