Daichi

Daichiさんの2月の読書メーター
記録初日
2016年12月31日
経過日数
83日
読んだ本
18冊(1日平均0.22冊)
読んだページ
4635ページ(1日平均55ページ)
感想/レビュー
10件(投稿率55.6%)
本棚
0棚
性別
年齢
15歳
血液型
A型
職業
小/中/高校生
現住所
神奈川県
URL / ブログ
外部サイト
自己紹介
学生です。がんばって感想書くぞ!

読書グラフ

最近の感想・レビュー(10件)

読んだ正直な感想としては「よくわからなかった」が適切な感じであったが、よくよく内容を深く考察してみると、なんとなくだが魯迅の考えがぼんやりとつかめた気がした。(的外れかもしれないが、) まず、高校の国語の教科書に載っていた「故郷」という文章において、「纏足」というものが出てきた。これは、女性であるため、足が成長しないようにきつく足を縛るという中国の古典的な風習である。この纏足に消長されるような、当時の封建的な時代背景のおいて、魯迅は異を唱えていたのではないかと考えた。この日記の第一人称である狂人は、まわり
- コメント(1) - 3月13日

怖い、切ない、そんな言葉だけでは言い表せないようなモヤモヤした感情。それが、読んだ後の印象である。自分たちの生きている社会とはかけ離れているが、なにか似ているところもある。そんな背景に描かれていた、複雑でつらい過去を持つ主人公たちは、独特の色を醸し出していた。この小説のテーマである「死」ということについて、こちらの心にずっしりとくる程、考えさせられるものだった。
★4 - コメント(0) - 2月7日

さらさら読めた。まだ大人の世界の厳しさ、理不尽さをよく知らない僕には、よく考えさせられた本だったと思う。感想を書くのがなんといえばよいか…少し難しいが、やはり自分のしたいことをできる仕事につくということ。また、もう一つ、時には「逃げる」ということも大切だということ。主人公は「逃げる」ことは不可能と考えていたが、最終的には腹をくくって「逃げる」ことができた。社会においてそれも大切なのかなぁ~と子供心に思った。
★46 - コメント(0) - 2月7日

コンビに人間を読了した後、読んでみた本。作者の評判は聞いていてかなりグサッとくるとは予想していたものの、衝撃はつよかった。家族についてよく考えさせられるとか、自分がいる状況が恵まれていることを実感したとかいう側面もあるが、やはりなんというか作者独自の恐怖感を感じた。この本「ヤバイ」です。。
★6 - コメント(0) - 1月31日

住野よるさんの「また、同じ夢をみていた」からの二冊目の本。注目したのはやっぱりタイトル!衝撃的だったが、読了したあとにまた見て、本当に感動した。また、あえて、作者が主人公の名前を[地味なクラスメイト」くんとか、[???]くんのようにぼかして書いてある表現にも読者の共感を得るとても面白い技法だと感銘を受けた。 人間とのかかわりを避ける主人公と対極にいる、人間と強いかかわりをもっているもう一人の主人公がつむぎだす、なんとも切ない感動ストーリー!!
★44 - コメント(0) - 1月29日

書店で書いてある通り最後は号泣!なによりも作者の話のもって行き方がうまく、すぐに物語の世界にのめり込んでいくことができた。仕事のことしか頭になく「亭主関白」であった夫が妻の死を通じて、息子や妻のことを第一と考えることができるようになり、積極的に家事や育児に専念する様子をいきいきと描き、親子関係、夫婦関係の強さを心から知ることができるなにかグッとくるお話。
★9 - コメント(0) - 1月20日

<再読> 筆者が、いわゆる「芸術至上主義」と言われる所以の作品である。非常に衝撃的で、また筆者ならではの技法が数多く使われいて、「うまいなぁ~」と何度も思わされた。死に直面して、飢え死にするか盗人になり悪事を働くかどちらかの選択肢しかないという背景のなかで物語を書くことによって、ストレートに人間の利己的な側面を読み取ることができ、心に非常に大きな衝撃を与えられた。
★3 - コメント(0) - 1月15日

非常に面白かった。主人公は、小学校に通っている「かしこい」女の子、そして、主人公がかかわっていく人物も非常に個性的であった。幸せとはなにかを考える国語の宿題を通じて、読者に哲学的な問題を投げかけていることもすばらしかった。主人公と一緒にいる猫をあえて、猫といわず、ぼかした表現を使うなどなど、世界観をどんどん広げて、読者を本の世界に引き込んでいく、小ネタのうまさにも感動するところがあった。同作者のほかの本をますます読んでみたくなった。
★27 - コメント(0) - 1月10日

Daichiさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:魯迅 山田悠介 北川恵海 村田沙耶香 住野よる 芥川龍之介 佐藤大和 鶴蒔靖夫 エリック=カール ほぼ日刊イトイ新聞
Daichiさんの著者グラフ

お気に入り(1人)


お気に入られ(1人)


ログイン新規登録(無料)