Haruka Fukuhara

Haruka Fukuharaさんの1月の読書メーター
記録初日
2017年01月10日
経過日数
44日
読んだ本
299冊(1日平均6.8冊)
読んだページ
81303ページ(1日平均1847ページ)
感想/レビュー
292件(投稿率97.7%)
本棚
1棚
現住所
神奈川県
URL / ブログ
外部サイト
自己紹介
ことばに自覚的でありたい。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(292件)

旧版にて。>世界的天才数学者とあの小林秀雄による史上最強の雑談。 あんまり噛み合ってない気もするけど面白い。異分野との雑談というと羽生さんが名手の印象がある。尖った人同士のこういうのも面白いけど柔らかな人の方が話しやすいんだろう。
★4 - コメント(0) - 2月21日

変わった漫画。小説みたい。何となく三島と安部公房をイメージしたけど誰がモチーフなんだろ。
★1 - コメント(0) - 2月21日

漫画で随分ハードルを下げてくれるので気楽に読めていい。IT系の起業家って強烈な人が多いけど、この人も弾けてる。でもインドに行って帰国後も禅に嵌ってたり意外な側面も。2014年というと流行りが過ぎた後な気がするけど、何で漫画にしようと思ったんだろう。
★1 - コメント(0) - 2月21日

自伝的な話らしい。面白かった。知り合いの孫と結婚するってなかなかないような。
★1 - コメント(0) - 2月21日

学部以来久々に読み返してみたけど、やっぱりよく勉強してて面白い。ただ感性はそこまで惹かれないかもしれない。それも前と同じ。
★2 - コメント(0) - 2月21日

わかったようなわからないような何か感じるようなそうでもないような。詩は一部すごく共感することもあるけど大抵わからない。散文で言いたいこと言ってくれる人の方が好きだなあ。安吾とか小林は散文だけど詩人で面白いと思う。
★4 - コメント(0) - 2月21日

基本的によくわからない部分は悩む前に飛ばす癖があるのでこれまでに読んだ数冊と印象はさほど変わらず。ただ巻末の解説を池内恵が書いていてその文章がわかりやすくてすごくよかった。著者について個人的には筑駒によくいるタイプの人がイスラームに嵌るとこういう面倒な人種になるのかと思って見てるけど、どちらにも馴染みのない人からは確かに理解不能なんじゃないかと思った。筑駒じゃなくて灘だっけ。
★1 - コメント(0) - 2月21日

面白かった。エッセイ集ということになるのかな。作品の背景とか時代への意識とか色々。題名がつい手に取りたくなる感じですごくいい。
★4 - コメント(0) - 2月21日

Haruka Fukuharaさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで小説すばる新人賞受賞「星に願いを、そして手を。」の献本に応募しました!締切は2月16日!応募はこちら→ リンク
- コメント(0) - 2月9日 22時15分

2017年1月の読書メーター 読んだ本の数:116冊 読んだページ数:30156ページ ナイス数:334ナイス ★1月に読んだ本一覧はこちら→ リンク
- コメント(0) - 2月1日 15時43分

Haruka Fukuharaさんのつぶやき

読んでる本(1冊)


著者グラフ

最近読んだ著者:小林秀雄,岡潔 ヤマザキマリ ボードレール 中田考 安部公房 坂口安吾 木村汎 やなせたかし 藤子・F・不二雄 近藤大介
Haruka Fukuharaさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)