owarai

owaraiさんの2月の読書メーター
記録初日
2016年12月15日
経過日数
99日
読んだ本
35冊(1日平均0.35冊)
読んだページ
11265ページ(1日平均113ページ)
感想/レビュー
30件(投稿率85.7%)
本棚
0棚
性別
職業
事務系
自己紹介
書店で何故か興味を惹かれた『ビブリア古書道の事件手帖』。この本に巡り会えたことがきっかけで、今さらながら小説に目覚めました。
読書初心者にオススメの本、教えて下さい!

読書グラフ

最近の感想・レビュー(30件)

魅力的な女性コンビ、電脳世界、推理、アクションといった要素がうまく絡み合い、スピーディーな展開と散りばめられた謎に頁をめくる手が止まらなくなる。終盤、顔見せ程度に黒幕が登場、深まる謎に続編を期待せざるを得ない。ドイル原作は未読だが、推理小説と言うよりは、ホームズ作品を再構成したアクションものといった印象ではないか。また、男性読者にとっては、表現が一部気になる部分もあるかも…。目を引く綺麗な装丁も所有欲を満たす。近いうちに原作と読み比べてみたい。
★15 - コメント(0) - 3月22日

猫弁三作目。一挙に拡がるドタバタな展開も、最終的に全てが幸せな方向に進む安定の「ほっこり感」。これが約束されているからこそ、この作品を読みたくなる。シリーズ中盤を迎え、徐々に明らかになる百瀬や脇役達の素性にぐっと来る。中でも今回一番のお気に入りは、やはり、百瀬と大福さんの指輪に纏わるシーン。ゆっくりではあるが、着実に前に進む二人が眩しい。忙しい毎日に、ついつい忘れる人への「思いやり」。このシリーズは、そんな心を思い出させてくれる作品だと思う。
★19 - コメント(1) - 3月19日

和菓子のミステリー?甘党の私が興味を惹かれ無い訳がない。個性溢れる登場人物と和菓子に纏わる謎が作者の軽快な文章により語られる。これまで何気なく食べていた和菓子ひとつひとつに深い歴史と伝統があることに驚かされた。改めて日本の文化が素晴らしいことをアンちゃんに教わった。未読の方には是非、お茶と大福とともに読んで欲しい。心が穏やかになるはず。
★65 - コメント(2) - 3月17日

一見関係の無い出来事が最終的に繋がり、良い方向に終息していくストーリーは今回も健在。ある事件をきっかけに社会と繋がりを持てなくなった『透明人間』と医療ミスに巻き込まれた家族。才能だけでなく見返りを求めない純粋な心を持つ百瀬だからこそ、すべてを幸せに導くことができるのだろう。でも、あまりに純粋な心は、時に人を傷付けることもあると思うが…。婚約者となった大福さんを心配しつつ、次を読んでみたい。
★23 - コメント(3) - 3月12日

『探偵ガリレオ』、『聖女の救済』の次に読んだ。後輩古芝に対し、湯川が想いを語るシーンに思わず涙。可愛い後輩の為とは言え、これまで見せたことがないくらい人間臭い行動を取る湯川が、非常に魅力的に映る。これまで読んだ作中において、湯川は単にトリックを解き明かす為の都合良い存在で、主人公としては、どこか希薄なキャラと感じていたが、この作品でようやく最高のガリレオ=主人公になったように感じた。
★30 - コメント(0) - 3月10日

5巻が手元に無いので先に6巻を読む。万能贋作者 雨森華蓮との対決は、終盤まで莉子の劣勢が続き、ハラハラさせる展開。確かに、読者投票で上位にランクインしている巻だけあって非常に面白い。だが、残念だった点も一つ。雨森華蓮は、詐欺師の面が際立ち、万能贋作者としてのキャラ設定があまり活きていなかった気が。莉子との対決に贋作能力をもっと活かして欲しかったところ。
★22 - コメント(0) - 3月7日

『あずかりやさん』で知った大山さんの過去作と知って一気に全巻揃えてみた。作風もあってか、導入からスローな展開にやや眠気を誘われたが、事件が起こった後から急に面白くなり一気に読了。弁護士と言えば、依頼人の主張を勝ち取る為、法廷で活躍するものだが、本作の主人公にはそんな常識が当てはまらない。ただひたすら事件に関係する皆の幸せを願い行動する彼。私を含め読者の心も幸せにする百瀬太郎は、正に「ひまわり」のよう。次はどんな心暖まる展開が待っているのか、続巻に期待したい。
★35 - コメント(0) - 3月5日

4巻も一気に読めた。『催眠』シリーズの嵯峨先生が登場。他作品からのクロスオーバーは未読でも気分を高める。毎回、莉子の鑑定眼と推理力が事件解決の糸口となるが、今回は3巻のように推理が空振りすることもなく、綺麗に物語が終息していく為、気持ちが良い。パターン化している牛込署の葉山さん登場シーンは、何気にお気に入り。
★28 - コメント(0) - 3月3日

owaraiさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで、学園ファンタジー「英国幻視の少年たち ファンタズニック」の献本に応募しました!締切は3月27日!応募はこちら→ リンク
- コメント(0) - 3月20日 12時26分

2017年2月の読書メーター 読んだ本の数:11冊 読んだページ数:3560ページ ナイス数:347ナイス ★2月に読んだ本一覧はこちら→ リンク
- コメント(0) - 3月1日 16時31分

著者グラフ

最近読んだ著者:高殿円 大山淳子 坂木司 東野圭吾 松岡圭祐 伊坂幸太郎 東野圭吾 池井戸潤 白浜鴎 有川浩
owaraiさんの著者グラフ

お気に入られ(2人)


ログイン新規登録(無料)