ろっか

ろっかさんの2月の読書メーター
記録初日
2008年05月10日
経過日数
3241日
読んだ本
277冊(1日平均0.08冊)
読んだページ
94831ページ(1日平均27ページ)
感想/レビュー
225件(投稿率81.2%)
本棚
22棚
自己紹介
読書管理用。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(225件)

ディズニーの神様シリーズ第6弾。今回は、パークを飛び出して、キャスト・ゲストという立場だけでなく、ディズニーの世界に勇気や希望をもらった人たちのストーリー。ちょっと初期のシリーズよりエピソードのインパクトが薄くなっている感は否めない気がしますが、ディズニーやミッキーたちが与えてくれる喜びは、前に進むためのエネルギーになる、そんなことを再確認できる1冊でした。
★1 - コメント(0) - 3月22日

ついに、読み終わってしまった。なかなか読み終わらない、と思っていたけど、最後の数ページは「終わりたくない」とすら思った。「マチネの終わりに」「羊と鋼の森」を読んだ後の、この物語。あのコンクールの緊張感、高揚し上気するあの感じ。4人のコンテスタントと審査員、奏と雅美。視点が変わっていくこともこの芳ヶ江国際ピアノコンクールを楽しめる仕掛けになってました。この先、外村君がアヤたちのコンサートや芳ヶ江国際の調律をするんだろうと勝手に妄想。
★37 - コメント(0) - 3月19日

猫飼いさんならぜひ読んでほしい。絶対泣いちゃう。うちの猫もこんなこと考えてるのかしら?ナナはとってもお利口で、サトルのことよくわかってて。だから、後半は涙が止まらないよ!!サトルと鍵しっぽのナナの最後の旅の物語。
★20 - コメント(0) - 2月28日

羊と鋼の森。なるほど、ピアノのことだったのか。宮下さんの描くお話(というか文章かな)は、とても心地いい。なんだか受け入れられてる感じ。外村くん、穏やかで素直な青年で、そこがもどかしいかったりする。でも彼が調律したピアノの音が、森にぽっと明かりを灯す。そんな温かい気持ちになるお話でした。
★41 - コメント(1) - 2月16日

最初はちょっとモヤモヤしてたんです。説明不足な感じもあり。代筆の結果がどうなったかわからないし。でもポッポちゃんにはわかんないもんな。そして、ポッポちゃんの生活の中に先代との生活がちゃんとあって、ちゃんと感じることができる。鳩子の周りの人たちの温かさにも癒されます。ポッポちゃんとQPちゃんパパのその後が気になります。あぁ、鎌倉行きたい。
★29 - コメント(0) - 2月12日

「ラクガキ」は「楽描き」。楽しく描くこと、絵がアイデアを生むこと、書いてみることが次のアイデアを引き出すこと。とにかく目からうろこがいっぱい詰まった本でした。「よく見る」「たくさん考える」「とにかくやってみる」の3ステップ、めちゃめちゃ大事。会議にも、チームビルディングや初任や研修、ALにも使えそうです。
- コメント(0) - 2月6日

アッコさんみたいな女上司かっこいいなー。ランチの交換って発想が面白いし、アッコさんの1週間のランチをみても、アイディアマンなんだなって思いました。ミッちゃんも素直で好感が持てるし、何といっても後日談(?)が良いですね。野百合とゾノセンの話はちょっと印象が薄かったかも。レミちゃんは実際にいたらイラつきそうだけど(笑)、彼女の行動力はすごい。東京ポトフもちょいちょい出てきたし、レミちゃんはアッコさんと良いビジネスパートナーになるんじゃないかと勝手に期待。そして、田島君がどうなったかちょっと気になる。
★32 - コメント(0) - 2月2日

ジャケ買い。アラサー女子4人組のお話。派手で気の強い2人と大人しく控えめな2人。14歳からの親友。こう言うバランスが長持ちの秘訣なんですよね。意地っ張りで見栄っ張りの満里子や薫子に親近感。反面、咲子と由佳子の内に秘めた気持ちにも共感。それぞれのパートナーとのその後も気になるので、続編が見てみたいです。
★11 - コメント(0) - 1月27日

ろっかさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

2017年2月の読書メーター 読んだ本の数:5冊 読んだページ数:1159ページ ナイス数:125ナイス ★2月に読んだ本一覧はこちら→ リンク
- コメント(0) - 3月2日 21時29分

2017年1月の読書メーター 読んだ本の数:7冊 読んだページ数:2272ページ ナイス数:109ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ リンク
★2 - コメント(0) - 2月16日 10時47分

著者グラフ

最近読んだ著者:鎌田洋 恩田陸 有川浩 宮下奈都 小川糸 柚木麻子 碧野圭 坂木司 小路幸也 薬袋摩耶
ろっかさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)