moc_yuto

moc_yutoさんの2月の読書メーター
記録初日
2010年09月28日
経過日数
2372日
読んだ本
299冊(1日平均0.13冊)
読んだページ
90253ページ(1日平均38ページ)
感想/レビュー
288件(投稿率96.3%)
本棚
15棚
性別
職業
IT関係
URL / ブログ
外部サイト
自己紹介
自然言語処理の研究出身で、今はWeb系で働いています.
感想は必ず書くようにしています。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(288件)

UXを改善するために、どうプロダクトと向き合っていくかの具体的な話が書かれている。 理論ではなく、ユーザの声を吸い上げるか方法の5W1Hなど具体的で泥臭い話。 こういう泥臭いことはみんなが面倒くさがってやらないが、やったところが勝つという話でもある。 最後のポエムも良い
★1 - コメント(0) - 3月19日

アジャイルな開発を自分がコーチとして入る場合、またスクラムマスターとして入る場合のアドバイスが散りばめられている。一度スクラム開発を経験していると、こういう方法もあるなーという気付きがあるので、良かった。サラッと読むのにおすすめ。
★1 - コメント(0) - 3月4日

結局、人類はどこに向かっているのか?何を目的に生きているのか?幸せとはなんなのか?という少し哲学的な話に流れていく。 様々な問題提起をされており、考えるべきポイントは多い。 日本に核を落とすことで、平和が維持されたという論調を見受け、少し悲しかった。
★7 - コメント(0) - 3月3日

面白い。特に前半が面白い。人類とはどのように発展してきたのか?なぜ何万という集団で行動ができたのか?虚構という存在がそれを成し遂げた。 ふーむ後半も気になる。
★11 - コメント(0) - 3月1日

ブロックチェーンが今後どのような分野に適応されうるか、実際に出てきているベンチャー企業などを紹介しつつ解説している。 そもそもブロックチェーンというと、イコールビットコインのイメージが強いが、単純にブロックチェーンという技術はある事象の発生過程をセキュリティ担保させつつ分散させて保持していくというものなので、金融以外にも色々適用できる。 今からブロックチェーンの行く末を想像しながら、向き合っていく必要がありそう。
★2 - コメント(0) - 2月19日

「UXを考えなきゃいけないけど何からやるんだっけ?」という疑問からスタートするUXの入門書。 「ユーザからのアンケートでは本当のニーズは引き出せない」「ブランディングとしてUX(BX)」であったり今自分がなんとなくやり過ごしてしまった部分を言語化している。 さよならインターフェースと一緒に読むと両面が見れて面白い。
★3 - コメント(0) - 1月28日

最近話題になっている星野源の著作はどんなものだろうかと読んでみた。曲とかは好きな部類ではないが、生き方は面白いと思った。自分をさらけ出している感じがよい。 それにしても守備範囲が広くてすごいなぁ
★8 - コメント(0) - 1月27日

茂木さんは理解しているのだと思うが、分かりやすく敢えて書いているのか強いAIの話と弱いAIの話が混ざっててオススメできない。 人工知能というバズワードを散りばめているだけで、結局話がとっちらかってしまっている。
★2 - コメント(0) - 1月23日

moc_yutoさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:JaimeLevy RachelDavies,LizSedley ユヴァル・ノア・ハラリ ドン・タプスコット,アレックス・タプスコット 明海司,井登友一,奥谷孝司,川田学,坂本貴史,橘守,田平博嗣,塚本洋,萩谷衞厚,原裕 茂木健一郎 トム・デマルコ,ティモシー・レスター 沢渡あまね MitchLacey 池井戸潤
moc_yutoさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)