ゆう

ゆうさんの2月の読書メーター
記録初日
2008年01月02日
経過日数
3370日
読んだ本
635冊(1日平均0.19冊)
読んだページ
153563ページ(1日平均45ページ)
感想/レビュー
629件(投稿率99.1%)
本棚
1棚
性別
血液型
A型
職業
その他
現住所
東京都
自己紹介
ミステリを中心にエンタメ小説大好き。
細く長く山岳小説に傾倒。
中年のおっさんが苦悩する警察小説なんかも好きです。

基本的に雑食。



みなさんのレビューや読書ブログを読んで回るのが毎日の楽しみ♪




大好きな作家さん
伊坂幸太郎、島田荘司、綾辻行人、宮部みゆき、有川浩、高村薫、新田次郎、佐々木譲、吉村昭、道尾秀介、湊かなえ、内田康夫などなど。

最近好きになった作家さん
古処誠二、福井晴敏、百田尚樹、柴田哲孝、沼田まほかる、横山秀夫、高野和明、笹本稜平などなど


子供の頃は『シートン動物記』、筒井康隆、星新一、小松左京、眉村卓などを読んで育ちました。

気長に多読というか、グレーデッドリーダースや児童書などの洋書も読んでます。

渡米するまでは、本を作るお仕事を15年ぐらいやってました。


--------

読書のほかには、ジャズ、カメラ、Mac、車、アウトドア、洋裁なども大好き♪






読書グラフ

最近の感想・レビュー(629件)

★★★★★ 松田優作が大好きなので、「リップ・ヴァン・ウィンクルってどんな人?」と疑問に思ってました(笑) ……昔話のような短編2本を収録。とちらも現代ではよく聞く話だけど、教訓含めた浦島太郎かと思いきや……なリップ・ヴァン・ウィンクルが、思いがけず先が気になって楽しめました。 お。Sleepy Hollowはジョニーデップ主演の映画の原案だってさ。
★18 - コメント(0) - 3月14日

★★★★☆ タイトルを直訳すると『小説よりも奇なり:都市伝説』。…全く期待していなかった薄い図書館本ですが、そこそこ楽しめました。1話1ペーほどのショートショートを集めた短編集で、英語レベルも中学生ぐらい
★13 - コメント(0) - 1月30日

★★★★☆ 注目してるホラー作家さんの第二作は都市伝説。…業界のキワモノ扱いなオカルト雑誌で執筆するライターが不審死し、残された原稿を読んだ者が巻き込まれる怪異… なんか既視感?『リング』みたい?と思ったらそうではなくて、原稿の中の世界と物語のパラレルワールド的に話が進んでいく。「原稿読んだら呪われるの?書店に並ぶまでにどんだけ死ぬの?編集も校正も命がけだなw」とか思いつつ、ジワジワ正体が見えてくるというミステリ要素が一番楽しかった。前作に続き、怖さイマイチながらも人間の醜さ満載。電子版はスピンオフも収録
★33 - コメント(0) - 1月26日

★★★★★+++ 『星守る犬』で拾われなかったもう一匹の犬と、旅の途中で拾った男の子のストーリーの2編。どうにもこうにも泣けて仕方なかった前作に比べて、救いがあったぶんよかったと思える『続』でした。どん底の人生でも、ちょっとしたことで明転するかもしれない。うん。
★19 - コメント(0) - 1月7日

★★★★★+ 冒頭で男と犬の遺骨が、朽ちた放置車両から発見される。そしてそこに至るまでの男と犬の『旅』が描かれるわけなんだけど……。旅の結末がわかっているので、なんかもうずうっと切なくて悲しくて。笑えるようなエピソードすら哀しいロードムービーのようだった。しかも現実に見聞きするような出来事ばかり。命って、家族って、人生って…いろいろ考えてしまった。図書館で借りた本だったが、これは間違いなく購入→保存版だわ。2本の短編を収録。もう一編も表題作とリンクする話。
★19 - コメント(0) - 1月7日

★★★★★+++ あー面白かった! 獣医を目指してたはずが紆余曲折、京大文学部に入り、バイトの延長の運送会社で働きつつ猟をする男性のエッセイ。「命をいただく」「ひとつの命を一日存えるのにいくつの命が必要なんだろう」などなど、私自身がボンヤリ考えていたことを、著者は罠で猟をすることで噛み締めてるのかなぁと思った。淡々とした文章ながら臨場感のある猟の様子はもちろん、学生寮や休学中の海外ボランティアの話が青春しててじつに楽しい
★24 - コメント(0) - 1月2日

★★★☆☆ 東京の各地域で語り伝えられている怪談と、その現場検証(取材?)が23区別にまとめられている。地元や自分と縁のある土地の検証は、郷土史的な視点から楽しめたが、怪談そのものは都市伝説のような話で、「ああ、昔はそんな噂もあったよね」という感想しか持てなかった。
★16 - コメント(0) - 2016年12月30日

★★★★☆ インターネットラジオの実話怪談語りのアーカイブを、数年前にYouTubeで聴いて好きになった芸人さん。本職であるお笑いの方は一度も聴いたことがないけど、やっぱり語りのプロなんだよなぁ。 …この本は、YouTubeで聴いた話の裏話や詳細が多くて楽しめました。それに『自伝』というだけに、夢を追いかけて上京して……みたいな青春ストーリーにも好感。文章が稚拙でレイアウトもスカスカなのにお値段が1200円以上なので、星ひとつ減らしましたけど。ぁみちゃん頑張れ〜!
★18 - コメント(2) - 2016年12月18日

ゆうさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

息子と待ち合わせて新宿『麺屋翔』で塩ラーメン。その後一人で南口へ……ところが!ユザワヤがなくなってる!ショック! 紀伊国屋書店の和書売り場に引き続き、ユザワヤもか〜。なんかあちこちユニク○とニ○リに侵食されてる気が(~_~;) ……今日は洋書だけ眺めて帰ってきました。なんか新宿から足が遠のきそう…
★19 - コメント(6) - 3月20日 21時50分

『ゆるビブinかつしか街カフェ』に参加させていただきました。テーマは『北海道』。読みたい本がたくさん! 最近あまり本を読めてないんですが、今日は刺激をもらいました♪
★29 - コメント(0) - 3月20日 17時02分

著者グラフ

最近読んだ著者:WashingtonIrving Healey,Glanville 澤村伊智 村上たかし 千松信也 吉田悠軌 ありがとう・ぁみ 有川浩 宮部みゆき 宮下奈都
ゆうさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)