相談でも出会う奨学金。 そのテーマにひかれた手にとってみた。
★2 - コメント(0) - 2015年12月12日

リスクを考える。費用も考える。大事だね
- コメント(0) - 2015年12月6日

キクリンの成長に涙。なんか元気がでる本
★2 - コメント(0) - 2015年10月20日

やっぱり黒澤さんが面白くてつらい・・・ ただ、面白さというかじわじわくる充実感みたいなのは、 フィッシュストーリーにあったと思う。 無音のくだりなんかカッコよすぎるよね。
★5 - コメント(0) - 2010年12月2日

ETFの基本がしっかりと書かれています。 さらにポートフォリオの案がいくつも載っているので、 参考になりました。 http://kaeru.orio.jp/blog/2010/11/_etf_7.html
- コメント(0) - 2010年11月18日

よくある話なんだけど、それでもやっぱりマコト達が解決してくれるから嬉しい。 特に、シングルマザーの話は涙がでた。 人生の変化・環境の変化などについていけないこと、だれにでも起こりうること。 やっぱり人の繋がりは大事だよ。
- コメント(0) - 2010年10月29日

ものすごく遅れてやっと見終わった。  いつも思うのだけど、チェックの仕方が曖昧だ・・・ みんなどうやって銘柄探しているんだろ。
- コメント(0) - 2010年10月26日

はい、色々と今後の自分に役立ちそうなことばかり。 インフレについての考え方など非常に参考になりました。
★1 - コメント(0) - 2010年10月15日

幕末の武士ってほんと大変だったんだと改めて認識。 それにしても、思い切った家計の再生術。 見習うことがおおいです。 あと、いつの時代も起業というのは大変なんだなーとちょっと思いました。
★6 - コメント(0) - 2010年10月12日

改めてお金を貯めるには、まず意識を変えることが大事なようですね。 カード、携帯、保険。 まずはここですよね。
★2 - コメント(0) - 2010年10月3日

新婚さんにぜひプレゼントしたい書籍です。 基本的なことが書かれています。  ただ、色んな本を読まれてきた方には物足りないかもしれません。 当たり前ですが、夫婦でちゃんとお金のことを考えるのが大事ですね。 さて、我が家を振り返ってみますと、しっかりと対応できています。 と言うことは、あとは年収UP、自己投資の部分をもっと・・・(汗)
★1 - コメント(0) - 2010年10月1日

上巻に続いてあっという間に読めた。 そして最後の小左内さんのくだりが最高に良かった。 うーん。 冬の物語が今から非常に楽しみです。
★17 - コメント(0) - 2010年9月26日

やっぱり小鳩君のお節介で頭のいいところは面白かった。 登場人物が少ないので、犯人はわかりやすかったけど、やはり面白かった。
★9 - コメント(0) - 2010年9月23日

一夜漬けと書かれていますがしっかりと要点を抑えることができます。 渋井さんの考えもしっかりと書かれていますし、イラストも効果的に使われているのがポイント。 読んでおいて損はない本だと思います。
★1 - コメント(0) - 2010年9月23日

今回は短編集てきな感じなのですが、ちょっと登場人物をリンクさせすぎて面倒に感じました。 そして色々とリンクさせたわりには各話のしまいが奇麗ではなかったと....。 ただ設定などは非常にすきだったので、ちょっとがっかり度が大きかったように思います。
★4 - コメント(0) - 2010年9月16日

非常に面白い妄想から世の中の仕組みなどが勉強できて面白かったですった。 やっぱり投資って世の中の仕組みとして大事ですよね。  これからもっと投資・金融が若い世代を元気にして欲しいところです。 あと 僕としては、藤野さんの投資スタンスの一端が見えて楽しめました。 やっぱり投資は知識を積み重ねることも大事ですね。 
★3 - コメント(0) - 2010年9月13日

出口さんがなぜよく動いているか判った本。 改めて自分が動いていくための武器を見つけて磨いて行かねばと感じました。 特にタテの比較・・・。 これは僕にあまり無かった考えなので、ゆっくりとですが勉強していきたいと思います。 あとは、自分磨きの交流も頑張らねば。 http://kaeru.orio.jp/blog/2010/08/book_29.html
★1 - コメント(0) - 2010年8月6日

自分で簡単にだけど計画を立ててみようと思い購入。 そう言った面では非常に参考になりました。 将来の設計がちゃんと出来ていませんが改めて簡単にでも将来を見える化することの大事さを感じました。
★1 - コメント(0) - 2010年8月4日

資産運用をはじめて無い人にはちょっと読み進めるのが難しいかもしれません。 ですが、データを眺めるだけでも非常に多くの人に役立つ本だと思います。 それにしてもデータを見る限り対策をしてない人が多いようです。 自分もしっかりと予定を立てないと・・・。
★1 - コメント(0) - 2010年7月31日

四季報のCD-ROMを買うのは良いっとことがわかりました(汗) 企業の価値の見方について色々と書かれていますが、どうしても大型株の評価になりがちで、株式投資に使えるか?と言うと、正直難しいような・・・。 これなら四季報を使った詳しいスクリーニングなどが併せてあるとか、もっと企業の評価をする指標などがあれば良かったんですが・・・。
- コメント(0) - 2010年7月16日

僕も今の業界に興味をもって、"やってみたい!"と、思い勉強してきた結果、今の仕事につけた。  はい、ほんと好きだからこそ道が開けたかな。と思っています。 これからもこの業界でやって行きたいので、さらなる自分らしさを磨いて行きたい。 あとはある程度の嫉妬なども大事かなーと思います。 若い人の中には、凄い人にあっても緊張もせず、テンションも上がらない人がいる。 向上心や競争心のなさなのか知らないけれど恐い・・・。
★2 - コメント(0) - 2010年7月3日

書きながら考えることは大事ですよね。 文字や絵を目にすることでさら次の事を考えるキッカケを得る事ができる。  テンプレートを使って効率よく考えていく。 考える時間を増やす ボトムアップ思考ではなくトップダウン思考をしっかり使うこと。 とりあえずアウトプットする癖を付けることが大事ですね。 【メモ】クロスSWOT分析
- コメント(0) - 2010年7月2日

今までただ書いて悩んでいたが、この本でどう悩めば良いのか学べました。 すこしだけピックアップしますと、 文章を書くには技術が必要 多くの文章は組み替えるだけで非常に読みやすくなる。 かかる言葉と受ける言葉をできるだけ直結させる。 長い装飾語ほど前に持ってくると判りやすくなる。 大状況・重要度の高い内容ほど先に。 点の打ち方には注意する。 流れを変えやすいので気を付けなければいけない。 長い装飾語の時にうつ 語順が逆順の時にうつ(文頭に短い装飾語で、強調したい時など) 重文の境目(同じような内容のとき)
★1 - コメント(0) - 2010年6月17日

「学生のうち」にとありますが、社会人になっても役立つ非常にいい本でした。 とくにうれしいのが、どこを見ればいいだとか、詳しく分析するにはこの本だとか、しっかりと補足されていますし、どのサイトをみれば良いだとかも書かれています。  非常に丁寧に作られていると思います。 企業の分析のところでは、セグメント分析や、企業の比較もあり、良い一冊でした。 財務分析をして投資しようと思われている方にも良い一冊だと思います。
★2 - コメント(1) - 2010年5月13日

非常にわかりやすい本だったと思います。財務諸表をテトリスで考えたり、顔で考えたりと、イメージがしやすかったです。 ほんと、会計の基礎は知っておいて損はないはず。 ただ、12歳では読み切れないと思いたい・・・・。 
★1 - コメント(0) - 2010年5月10日

いや~面白かったです。 投資って無理をせずに続けることが一番リターンが高いと思っています。 だから、こういう意味での「草食系投資」はどんどんと流行ってほしいです。 それにしても、直販投信を立ち上げたお三方は楽しそうでですね。 他にも直販投信ってあるので、まとめています。 http://kaeru.orio.jp/portal/portal.php
★1 - コメント(0) - 2010年5月9日

 「長期」「分散」「低コスト」 はい。ほんとうに大事だと思います。そして、これを活かすことが投資の秘訣だと思います。  それに本書に書かれています、『個人版バランスシート』 これは是非やって欲しいです。 簡単にやっておくだけでも、ほんと意識がかわると思います。  ちょっとレベルアップして、投信の運用報告書を読む。 すぐにゴミ箱に行きそうになってしまうのを気をつけていますが、見てみますとなかなかおもしろいです。  と、ほんと良い内容で色んな方にオススメできる一冊です♪
★2 - コメント(0) - 2010年4月18日

はい、分かりやすくて面白かったです。 人の大切さ、お金の大切さ、目標などの大切さ。どれもを繋げることで しっかりとした生活をおくれる事を改めて気付かされました。 投資をはじめる前に読んで欲しい一冊です!
★1 - コメント(0) - 2010年4月13日

参考になるかならないで言えば"参考になります" ですが、サラリーマン投資家としては、書かれている内容を実践することは、非常にハードルが高いです。 特に為替で短期的な収益をありますが、これが一番しんどいのではないかと思います。 本書にヘッジを掛けるなどについて、食わず嫌いはいけないとありましたが、できれば避けた運用なども知りたかったです。 あと、世界市場の相関が高まったとありましたが、根拠となるデータが欲しかったです。
- コメント(0) - 2010年4月8日

うーん良かった! 自分達のビジネスがFREEで書かれているスタイルだと確認できたことの収穫は大きかったです。 そして、非常にヒントも得ることもできました。 やはりFREEと言えでも価値あるモノを提供していきたいですね。 ただ、ちょっとボリュームはサービスしすぎですよね(汗)
★2 - コメント(0) - 2010年4月1日

投資をはじめられる方向けの本です。 投資に興味を持たれた方は、内藤さんのパートをじっくり読んでほしいです。 それだけでも随分と余裕をもって続けることができるのではないでしょうか。 そして投資の勉強も一緒に続けて欲しいです。
- コメント(0) - 2010年4月1日

うーーーん。 悲しいなぁー。 人生を比べることができるって恐すぎる・・・ 
★10 - コメント(0) - 2010年3月20日

うーん。個別株投資への本は参考になる図書が多かったのですが、さすがにこれは少し世間(web)に出ている情報を集めた感じで、ちょっと納得できる部分が少なかったような気がします...。 気になるところは、著者が資産配分が一番大事といっているのに、タイミングで投資狙っているところですかね...
- コメント(0) - 2010年3月20日

あらためてこう言った本を読むとアメリカは投資情報のサービスもしっかりしているんだと感じます。 情報がしっかりしていれれば勝てるとは限らないんだけど、気軽に学ぶことができるような気がします。 で、本の内容自体は、著名な投資家の多くは、本質的には似たような事を言っています。判りやすい事業、良い経営者、未来が期待できる。
- コメント(0) - 2010年3月10日

オーソドックスな指標を判りやすくかいてあり、本の厚さにくらべ非常に読みやすかった。変な入門書を読むよりは良いと思います。 特にROEやROA、ROICは分解してしっかりと考えれるようになりました。 http://kaeru.orio.jp/10shihyou.html
★1 - コメント(0) - 2010年3月5日

背伸びをして買ってみました。 投資をする人にって限ると使えそうなところは一部なのですが判りやすかったです。5〜10年の財務をならべしっかりと比較することがやはり大事なようです。 売上の数字自体にだせるかもしれないが、固定費、変動費、償却費などそれらをしっかり出せないと使えない。 アナリストに一番大事なのは過去の数字から将来を数値を予測する想像力ってことのようです。
- コメント(0) - 2010年3月1日

相変わらず短編の並べ方も良い感じ。 そして何度読んでも"この感じ"に楽しまされています。 久しぶりにタカシが元気良かったけど、ちょっと"影"のキャラはやりすぎたかな。 
- コメント(0) - 2010年2月25日

ほんと自分は勝手になんとなくで本を読んできてたようで... ほんと大事なことは、ゆっくり読んで、メモって、再読しようと思いました。
★2 - コメント(0) - 2010年2月22日

人間のバランスって思ったより崩れやすいんですね。 たまにへんな思いがぐるぐる回っているんだけど、あまり無理せずにいこう。そして自分のペースでいこう。 ほんと、大変な話しありがとうございます。
★1 - コメント(0) - 2010年2月13日

辞書的な感じで使える本でした。 ただ投資にってよりも経営のための本で、基礎的な"質問80"をしっかり見直すことで、悪い点がしっかりと見え改善するべきことがわかりそうです。 ちゃんと理解できなくても意味をわかることのメリットは大きいと思います。
- コメント(0) - 2010年2月12日


kaeru_onouさんのページに戻る
ログイン新規登録(無料)