○○もへじ

○○もへじさんの1月の読書メーター
記録初日
2011年09月15日
経過日数
1992日
読んだ本
169冊(1日平均0.08冊)
読んだページ
24668ページ(1日平均12ページ)
感想/レビュー
169件(投稿率100%)
本棚
3棚
性別
外部サイト

読書グラフ

最近の感想・レビュー(169件)

「茹でる前に強火で焼いてうま味を閉じ込めるというのはオカルト」あ、言っちゃった。クジラ肉の加熱は難しいよなぁ。なんか、何やっても生で食った方が旨いんじゃってなる。
★1 - コメント(0) - 2月24日

因縁のレッドドラゴンとの対決篇。ついに妹を見つけ、蘇生も終わり、ハッピーエンド! かと思ったら最後の最後に不穏な影が。何が起こるのか。
★12 - コメント(0) - 2月16日

え、「うまいっしょ」ってもう無いの!?近藤真彦さんの『北街角の心は熱い~』の CM のやつ! 知らなかった……。ローカルインスタント麺ということで、味噌カレーミルクラーメンも出るかと思ったら、あれはカップタイプでしたな。台湾で韮沢課長の袋麺の食べ方「ストレート」が洗練された形で流行ってるそうな。
★4 - コメント(0) - 2月1日

「過去ログは罪なの?」「罰よ」……フッ。佐藤さんのオカン属性全開。いいオカンになるで。映画の話はしたくないけど。
★2 - コメント(0) - 1月28日

旧版に同人誌版を加えた新装版。なんか微妙に印象が違うなー、と思ったらよく見たらフォントとか違ってた。
- コメント(0) - 1月21日

つむぎちゃんは小学生に、小鳥ちゃんは進路に迷い、おとさんは同僚に家族の話をするようになり、と色々変化が。ダンシング玉入れ……創作かと思ったら本当にあんのね。
★11 - コメント(0) - 1月11日

 『高杉さん』から続いて地理のお話。高杉さんもちょこちょこ出ます。『高杉さん』がお弁当を核に食を造る人の話なら、こちらは喫茶店を核に街に住まう人の話かな。厳しい人はいるけど、悪い人はいない感じ。
★8 - コメント(0) - 2016年12月31日

デイモン ゲラウ(鬼は外)。ああ、はい、東北では節分の豆まきは落花生でござんすね。でも、なんでそうなったんだろう。前巻で「線が引きたいだけ」と言われたブンが「表現すること」に一歩踏み出す。少しずつだけど着実に「ホクサイと飯」の時代へと進んで行く。そういえば同人誌版も収録した「新装版ホクサイと飯」も来年早々に出るようで。
★4 - コメント(0) - 2016年12月23日

○○もへじさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:小林銅蟲 九井諒子 坂戸佐兵衛,旅井とり アサイ 鈴木小波 雨隠ギド 柳原望 米澤穂信 ぽんとごたんだ 小竹田貴弘
○○もへじさんの著者グラフ

お気に入り(2人)


ログイン新規登録(無料)