連雀

連雀さんの12月の読書メーター
記録初日
2011年01月30日
経過日数
2180日
読んだ本
2138冊(1日平均0.98冊)
読んだページ
439330ページ(1日平均201ページ)
感想/レビュー
1158件(投稿率54.2%)
本棚
4棚
性別
年齢
47歳
職業
サービス業
現住所
愛知県
外部サイト
自己紹介
活字中毒です。何か読んでないと落ち着かないです。

物語中毒でもあるので、小説に限らずコミックスや映画も好きです。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(1158件)

シロさんもケンジも、ご両親との距離感がつかめたようで一安心です。そのお陰か、今回は全体にまったりしたムードでしたね。フライパンで作るすき焼きは絶対ウチでもやろう。一時期独りすき焼きがマイブームだったのですが、なんだか面倒でしばらくやってなかったし。しかし、小日向さん、いくら心が弱っているからって身近で間に合わせる横着はゼッタイにダメ!!
★8 - コメント(0) - 1月13日

とうとう読んでしまいました。本当は読みたくなかった。だって、読んだら終わってしまいますから。いや、まだまだ新刊があるからいいのですが、でもこの作品が好きすぎて、読むのがもったいなくて…今回は当たり前のように全編泣けて泣けてしかたなかったです。ホントにホントに良かった。皆の幸せをひたすら祈るだけです!!!
★26 - コメント(1) - 1月12日

確実に成長しているつむぎちゃんが可愛らしすぎて、泣いたり笑ったりです。ああ、もしも自分に子供がいたらこんな感じだったのかも…とか思ってはいけないのでしょうけど、このところそんなことを不意に思ったりするもので、余計に今回はキました。
★7 - コメント(0) - 1月11日

相変わらずの全方位ディスり芸が最高な9巻でした!いや、ちゃんとストーリーにも感動しましたよ。高校生モノらしく、みんなちょっぴり成長する過程が実に良かった。ただ面白いだけでなく、楽しめました!!
★3 - コメント(0) - 1月11日

終わってしまいました。実に面白かったし、気持ちが途中から入りすぎて、ずっと涙が止まりませんでした。「血」とか「情」とか、「生」とか「死」とか、ホントにダメです。フィクションの世界ですが、そのまま自分の身に照らして感情が動いてどうしようもなかったです。良い物語でした。
★5 - コメント(0) - 1月11日

史実とかより、男たちの群像劇として読めました。特に下巻に入ってからはその傾向が強かったですね。ここまで時代を描こうとしない時代小説と言うのもいっそ清々しいです。
★2 - コメント(0) - 1月7日

最後まで面白かったです!『天地明察』もそうでしたが、いわゆる歴史小説とは一風変わった面白さがあるのは、解説で筒井康隆が言うように冲方丁がSF小説出身と言うのがあるのでしょうね。史実に見える材料を堅実に積み上げておいて、物語の決定的なところで大胆な仮設を躊躇なく持ち込むことで最高のエンターテイメントになるところにしびれました!!
★7 - コメント(0) - 1月3日

先日私本太平記を読了したので、その流れで手に取りました。実はずいぶん昔に苦手な南北朝時代を知る手がかりになればと購入し読んでいたのですが、その時はなんとなく読んだだけで、それきりになってました。時代背景を知ってから読むとこれはこれで面白く読めますが、ちょっと道誉がチート過ぎる印象。北方謙三のドライな文体はそんなに嫌ではないかな。
★2 - コメント(0) - 2016年12月29日

連雀さんの感想・レビュー

最近のつぶやき

昨日、飲みすぎたせいで今日は終日二日酔い状態。さっきまで『声優総選挙』見てました。昨日は飲み会の前に「甲鉄城のカバネリ総集編 後編」と「アイヒマンを追え!」の二本の映画を観てきました。今日も本当は映画観に行きたかったけど、二日酔いがひどかったので…
★3 - コメント(0) - 1月9日 22時16分

昨日は映画を三本観てきました。今日は仕事です。昨年はどれくらい劇場に行ったか数えたらちょうど70回でした。ライブには28回。野球観戦に一度も行かなかったのは10年ぶりくらいでしたね。今年はライブを減らして映画と野球観戦に多く行きたいてす。
★3 - コメント(0) - 1月7日 12時19分

連雀さんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:よしながふみ 森薫 雨隠ギド おりもとみまな 雲田はるこ 北方謙三 冲方丁 山本崇一朗 村田雄介 川上泰樹
連雀さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)