けろっぷ

けろっぷさんの2月の読書メーター
記録初日
2010年06月05日
経過日数
2486日
読んだ本
790冊(1日平均0.32冊)
読んだページ
180892ページ(1日平均72ページ)
感想/レビュー
692件(投稿率87.6%)
本棚
16棚
性別
血液型
AB型
職業
専門職
自己紹介
とにかく幅広く色々な本に触れたい!と思って登録しました。ここで知って、すごく良かった本もたくさんあります。これからもどんどん読んでいきたい。ジャンル問わず気になったら読むようにしています。
読メ友さんも募集中です!よろしくお願いします!!

読書グラフ

最近の感想・レビュー(692件)

途中からラストは見えてくるんだけど(そもそもタイトルがひどい)それでも読むのを止められず、一気に読み終えてどーんと後悔。あんまりだー。映画『セブン』ととてもよく似てる。嫌なのについつい見てしまう。ラストも全然すっきりせず。
★19 - コメント(0) - 3月22日

じっとり、ねっとりしたホラー?ファンタジー?読み終えてから表紙をじっくり見ると怖さ倍増。さびれた旅館で、一人でじっくり読んでみたい。もやもやの中に取り残される感じも嫌いじゃない。森見さんは初ですが、なかなかよかったです。
★26 - コメント(0) - 3月20日

スピンクがずいぶん大人になっている。シードとキューティーの来し方が何度読んでもかわいそうで、ポチにしっかりわがままを聞いてもらいな、とつい感情移入してしまいます。フェイスブックのくだりも面白かった。
★1 - コメント(0) - 3月16日

素敵な大人、というと頭に浮かぶのはこんな人。飾らない文章が人柄を表していて、読みやすいのにじっくりじっくり噛みしめずにはいられない。猫とのくだりは泣けました。自分も素敵な大人になろう。
★7 - コメント(0) - 3月4日

最悪の負の連鎖。子殺しのどの両親もひどいけど、その親はもっとひどい。ウサギ用のケージに子どもを閉じ込めていた両親が一番悪質だと感じたが、それに比してあまりに刑が軽い印象。日本の法律は親殺しには厳しく子殺しには甘いと聞きますがそれにしてもひどい。残された子どものきょうだいがどんな風に育っていくのか、考えただけでも胸が苦しくなる。
★9 - コメント(0) - 2月4日

これだけ医学が進歩していれば薫子の選択も理解できなくはない。母であるがゆえに客観的になれず、周りにもそれを押しつけてしまう気持ちもわかる。でも、もう1人の子どものことも忘れちゃいけないんじゃないか。しんどくても「普通」の感覚で物事を見る訓練をしないといけないんじゃないか。ともやもや。警察とのやりとりも計算高くて嫌だった。他人のふりをして反対側の立場の人の意見を聞こうとする場面もあり、彼女自身の葛藤も感じられたのが救いでした。 プロローグとエピローグのつながりが綺麗で、そこは良かった。
★35 - コメント(0) - 1月25日

山育ちのまっさらな少年が、調律師として成長していく物語。調律師の仕事を全く知らなかったので、そこだけでも十分読みごたえがありました。読んでいる間ずっと頭の中で静かな音楽が流れているような暖かで幸せな感覚を覚えました。「明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、夢のように美しいが現実のようにたしかな文体」という原民喜のことばが印象に残りました。読んでよかった。
★44 - コメント(0) - 1月21日

町田康さん目当てで。期待通りの面白さ。元になっている話もすごいなあ。昔のお坊さんが往生したくてじたばたしたり、煩悩を捨てたくてじたばたしたりする発心集も面白かった。何百年たっても、人間の本質は変わらなくて、しかも小5男子レベルの下ネタもあって、宇治拾遺物語だけでなく他の物語も本当に面白い。1冊まるごとお勧めです。
★8 - コメント(0) - 1月21日

けろっぷさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:森見登美彦 町田康 小泉今日子 石井光太 東野圭吾 宮下奈都 たかぎなおこ 青沼貴子 朝日新聞取材班 崔実
けろっぷさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)