にゃんころさんの2月の読書メーターまとめ

読んだ本
2
読んだページ
992ページ

感想・レビュー
2
ナイス
77ナイス

読書グラフ

トップ感想・レビュー!

戦えど戦えど先が見えない連邦戦でしたが、ここで大きな勘違いに気付いたターニャ。もともと側近として大事な位置にいたヴィーシャでしたが、益々重要人物と化してきましたね。ところが、これが活かされる前に帝国内の状況がどんどん芳しくなくなってきて、とうとう大隊にも大きな被害が出てしまう始末。前巻で不穏な状況になっていたメアリーが、とうとう憎悪にまで発展してターニャを狙ってくるシーンもあり、安泰とした戦闘ばかりとはいかなくなりそう。今巻終章で対連邦への大きな動きがありましたが、まだまだ先は見えず、かな。
★9 - コメント(0) - 02/23

トップつぶやき!

献本当たりました。嬉し〜(๑>◡<๑)
★24 - コメント(0) - 02/19

感想・レビュー 一覧(2件)

戦えど戦えど先が見えない連邦戦でしたが、ここで大きな勘違いに気付いたターニャ。もともと側近として大事な位置にいたヴィーシャでしたが、益々重要人物と化してきましたね。ところが、これが活かされる前に帝国内の状況がどんどん芳しくなくなってきて、とうとう大隊にも大きな被害が出てしまう始末。前巻で不穏な状況になっていたメアリーが、とうとう憎悪にまで発展してターニャを狙ってくるシーンもあり、安泰とした戦闘ばかりとはいかなくなりそう。今巻終章で対連邦への大きな動きがありましたが、まだまだ先は見えず、かな。
★9 - コメント(0) - 02/23

突然の連邦参戦。前巻までの不安な空気は何だったと言うくらい首都襲撃やら連隊撃退やらと心配になるほどの快進撃。でもロリコン野郎に目を付けられたり不穏さがチラホラ…。定例になりつつある査問でめずらしくターニャがふてくされたのは面白かった。このまま連邦戦かと思いきや西方移動で、ここでも英雄的な活躍。この巻は読み手としては爽快なんですが、ライバルと思わしき人物に親の敵として目を付けられたり、連邦もこのままとは行かないでしょうし、先は長そうです。
★9 - コメント(0) - 02/19

お気に入り登録(2人)

お気に入られ登録(2人)

読書メーターを始める

ログイン新規登録(無料)