読書メーターあなたの読書量を記録・管理

【第58回 ガーディアン必読小説1000冊チャレンジ(2020年3月20、21&22日)】

イベント参加者一覧41

  • sava
    sava
    2020/03/28 23:18
      積読本:購入済のものを随時登録。 読みたい本:手元にまだないもの。気になった本をメモしておく場所としても。 読んでる本:ページをめくり始めました。 という分け方で。 「読みたい本」の中から図書館予約を入れたり、書店で買ったり。 「読んでる本」の中にも積読化

      が疑われるものが混在。読む気はある。

    • りんご
      りんご
      2020/03/22 11:16
      • A型

      読書記録として始めてみました。 よろしくお願いいたします。

    • 織沢
      織沢
      2020/03/21 01:19
      • O型
      • 大学生

      読む本と読みたい本が 増える一方な日々。

    • syota
      syota
      2020/03/20 20:41
      • A型
      典型的なA型人間です^^; 長年気分転換に軽い本を読む程度でしたが、 あるとき図書館に「軽い本」を借りに行き、 ついでに何気なくほかの棚も眺めていると、 イプセンやストンドベリといった 名のみ知っている作家の本が目に入りました。 その瞬間 「人生は短い

      、 この本を読めばあの本は読めないのだ」 という以前目にした言葉が脳裏に浮かび、 「自分は何をしているのだろう、 読むべき本はほかにあるのではないか」 という思いにとらわれ、考え込んでしまいました。 それ以後は、極力 読み応えのある作品を選ぶよう心がけています。

    • akio
      akio
      2020/03/11 12:21

        主な読書時間が通勤だった為、コロナ禍のテレワーク生活でうまく確保できなくなってしまいました。すっかりリズムが狂って立て直しに苦戦中ですが、こんなときだからこそ素晴らしい物語たちと出会いです。

      • ちな
        ちな
        2020/03/20 11:58
        • 主婦

        備忘録。楽しみのための読書。 読めば読むほど読みたくなって収拾がつかない毎日

      • あかり
        あかり
        2020/03/19 21:23
        • A型
        • 大阪府
      • tsu55
        tsu55
        2020/03/18 22:03
        • A型
        • 営業・企画系
        • 東京都
        東京下町のオヤジです。 趣味は散歩と写真。 (写真はこちらhttps://www.flickr.com/photos/tsu55/) この頃はあまり読書に時間をとれないのが悩みですが、通勤電車の中や会社の昼休みなどの隙間時間を利用して本を読むようにしていま

        す。 めんどくさがり屋なので、感想を書くのが遅れがちですが、もう少し投稿率を上げたいと思ってます。

      • テイネハイランド
        テイネハイランド
        2020/03/16 21:36
        • A型
        • 専門職
        • 京都府
         どちらかといえば本を読むことよりも音楽を聴くほうが好みなのですが、読書メーターを始めてから読書を楽しむ機会が増えました。読書メーターを通して知った本も多く、頻繁にこのサイトを覗いて、皆さんのレビューなどを参考にしています。  また、日本語だけでなく英語の

        本も継続的に読みたいと考えていて、英語本については、月一冊以上読むことをノルマにしています。英語で書かれた小説については、「ガーディアン1000冊」のイベントなどを利用して、古今東西の面白い本を選ぶ参考にしています。  私のレビューは、気にいらなかった本についてバランスを欠くほど辛口になるようです。自分が好きな著者の作品を、私が酷評していることもあるかもしれません。お気分を害されるかもしれませんが、あくまで私の偏見だとおもって、ご了承をお願いします。

      • カイ
        カイ
        2020/03/15 01:13
        全41件中 1 - 10 件を表示
        読書メーターの
        読書管理アプリ
        日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
        新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
        App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう