読書メーターあなたの読書量を記録・管理

登杜路
さんの感想・レビュー

新着
参加予定
検討中
さんが{{{ resource.header_tag }}}
ネタバレ

Loading
{{ comment_length.max }}文字
Loading
全{{ collection.metadata.count }}件中 {{ pageFirstIndex }} - {{ pageLastIndex }} 件を表示

登杜路
さんの最近の感想・レビュー

細い線〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

細い線〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

エドワード アタイヤ
内容の割に長い。主人公の罪悪感の揺れ動きに対する興味だけでこんなに読むのはきつ…続きを読む
野獣死すべし (ハヤカワ・ミステリ文庫 17-1)

野獣死すべし (ハヤカワ・ミステリ文庫 17-1)

ニコラス・ブレイク
意外性という面ではそこまででもなかった。訳の問題なのか妙なレトリックが多いのが…続きを読む
せどり男爵数奇譚 (ちくま文庫)

せどり男爵数奇譚 (ちくま文庫)

梶山 季之
メインとなっている古書への執着と文体がいまいちあっていないように思う。古書蒐集…続きを読む
理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫)

理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫)

似鳥 鶏
再読。日常の謎もの、高校生者としては標準的な出来。デビュー作ということもあって…続きを読む
枯草の根―陳舜臣推理小説ベストセレクション (集英社文庫)

枯草の根―陳舜臣推理小説ベストセレクション (集英社文庫)

陳 舜臣
トリックや動機自体は現代ではありふれたものになってしまっている。けれど入れ替わ…続きを読む
美濃牛 (講談社文庫)

美濃牛 (講談社文庫)

殊能 将之
読み終わってから考えると、この小説の登場人物は皆、何かに囚われている。夢に、憧…続きを読む

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2016年03月10日(418日経過)
記録初日
2016年03月01日(427日経過)
読んだ本
141冊(1日平均0.33冊)
読んだページ
51117ページ(1日平均119ページ)
感想・レビュー
134件(投稿率95.0%)
本棚
1棚
性別
自己紹介

どうも、登杜路と申します。主に推理小説を中心に読んでいます。好きな作家は米澤穂信と連城三紀彦、有栖川有栖など。最近は少し古めの推理小説を漁っています。

参加コミュニティ1