読書メーターあなたの読書量を記録・管理

MICKE
さんの感想・レビュー

新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

Loading
Loading

MICKE
さんの最近の感想・レビュー

京都「私設圖書館」というライフスタイル

京都「私設圖書館」というライフスタイル

田中 厚生
ただのノウハウ本におわらず、作者の持論も伺えたのでよかった。続きを読む
不器用なカレー食堂 (就職しないで生きるには21)

不器用なカレー食堂 (就職しないで生きるには21)

鈴木 克明,鈴木 有紀
2人の交互の語り合いが小説みたいな感じでよかった。続きを読む
十二人の死にたい子どもたち (文春文庫)

十二人の死にたい子どもたち (文春文庫)

冲方 丁
やや実験的、舞台的ではあるけれど、どうなるんだろうというワクワク感はある。映画…続きを読む
恋するソマリア (集英社文庫)

恋するソマリア (集英社文庫)

高野 秀行
けっきょくハムディが美人だっただけじゃないかな、笑続きを読む
死に山: 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相

死に山: 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相

ドニー・アイカー
話の内容もさることながら、なんだろうこのどんどん読ませる感じは。続きを読む

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2011/05/02(2880日経過)
記録初日
2011/05/05(2877日経過)
読んだ本
517冊(1日平均0.18冊)
読んだページ
164001ページ(1日平均57ページ)
感想・レビュー
368件(投稿率71.2%)
本棚
16棚
性別
血液型
A型
職業
アーティスト
現住所
滋賀県
自己紹介

辺境

いつも。自分が世界の中心だったが、気が付くと端っこの方に追いやられている自分の姿を眺め。実は初めから場末の路地裏で遊んでいるに過ぎなかった、今頃気が付いても周りの事象からどんどん彼岸へと収斂していくのをどうすることも出来ない。


このままいったいどこへ行くのだろうと思う間もなく漂い、流されていくこの身体にはもう時間が残っていなくて。


煉獄の淵を彷徨い歩くに過ぎない些末な日常に押しつぶされながら、もうほとんど生きるすべをこのまま思い出すこと無く、あの世も無ければせめてこの侏儒の悲哀を昇華し。
少しの絵でも描いておこうとする自堕落な我が身、我が愛。


どうかこの辺境へと慈しむ自愛と、流離する絵具の行方を。



参加コミュニティ1

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう