9月の本#トレンドまとめin2020

本の感想・レビューが集まる日本最大級の書評サービス読書メーターで、2020年7月-8月にアクセスが多かった本を紹介!ドラマ・映画化作品の原作小説など。一部作品には試し読みも。

*感想・レビューはネタバレを含む投稿を除き、ナイスが多い順に自動で表示されます。

注目のできごと

終戦から75年、半沢直樹ドラマ高視聴率連発

#アニメーション 原爆 終戦の日
風が吹くとき
遥かなる想い

もともと1982年にイギリス で出版されたこの絵本は 漫画の形をとりながら、 核の恐怖を描く。 ジムとヒルダのような 普通の人たちが簡単に犠牲 になる日常に潜む恐怖を この絵本は淡々と描く。 ソ連が崩壊した後も続く 世界各地での紛争…表紙の 仲の良い老夫婦とその 背後に描かれる核の爆発の 対比が本書の中身を 象徴しており、絵の基調が 青白く変わっていくのが 密かに怖い。

ナイス ★307

ヴェネツィア

表紙からすれば絵本のように見えるが、実態はコミック。ガーディアンの1000冊は長編小説から選定されるとのことだったが(だから、シェイクスピアが入っていないことにも一応は納得していた)、どうも選定基準がよくわからない。そうした、表現形式のことはおいても、本書には疑問が多い。まず、かつての世界大戦をノスタルジックに回想することで半ば肯定してしまっていること。しかも、凶悪なヒットラー枢軸vs善良な私達という構造だ。そして、現在もやはり悪のソ連vs私達だ。自分たちの外側を「悪」とするのは極めて危険な論理だ。⇒

ナイス ★302

もっとレビューを見る

#終戦75周年 三浦春馬 ドラマ
三代目 びあだいまおう

けなげで天真爛漫な太陽のようなふうちゃんが大好き。人間は、顔は一つだけれど心はいくつもある、そんな優しいことに気づく6年生のふうちゃん。梶山先生の授業のシーン、頑張ったんだね、覚悟決めたんだね、偉いよ先生!って泣けてきた 自分以外の誰かのために一生懸命になれるって、本気で怒って本気で泣けるって、尊くて美しい。そんな尊くて美しい、でも不器用で繊細な奴らが集う沖縄料理の店。『知らなくてはならないこと...』この手紙、読んでほしいな!たくさん教えられたよ❗ありがとう😆💕✨てだのふあ、ふうちゃん‼️🙇

ナイス ★207

ふうちゃんと、家族や周りの人たちのあたたかくて強い絆が素敵でした。皆が皆、誰か1人に何かあったら飛んできて無償の愛情を与える家族以上の存在。特にキヨシ少年の変わりっぷりが良かったです。ふうちゃんの思いや会話から大切なことを沢山教わりました。沖縄の人たちの戦争に対する思いも。ギッチョンチョンの不器用なとこも可愛い(笑)

ナイス ★112

もっとレビューを見る

#村上春樹 3年ぶり小説新刊
ヴェネツィア

村上春樹の新刊小説。8つの短篇を収録。一見したところは、作家自身の過去のそれぞれの時期を回想風に綴った小説に見える。それが「品川猿の告白」まで読み進めてきたところで、ふとそれまでの作品を振り返ることになる。誰がどう見ても、真っ赤なフィクションである品川猿がどうしてここに紛れ込んでいるのか。実体験を語ったかのような作品群も全くのフィクションだったのではないか?そうなのだ。「ヤクルト・スワローズ詩集」は幻だし、ビートルズのレコードを胸に抱きかかえた少女も、詐欺罪で逮捕された醜い女も実は存在しなかったのである。

ナイス ★581

starbro

私はハルキストでも村上主義者でもありませんが、村上 春樹の新作をコンスタントに読んでいます。本書は、バラエティに富んだ半分私小説的幻想短編集でした。オススメは、『石のまくらに』& 『品川猿の告白』です🐵 チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァを聴いてみたい♪ https://ddnavi.com/review/656391/a/

ナイス ★363

もっとレビューを見る

#南から来た男 カズレーザー
ヴェルナーの日記

児童文学作家としてのロアルド・ダールではなく、怪奇ミステリー作家として一味違ったダール作品15編の短編から編まれている1冊。ただし、やはりダールというべきか?当然のようにブラック・ユーモアのスパイスがよく効いている粒ぞろいの物語が揃っている。他作品のレビューでも紹介した『南からきた男』(”Man from the South")や『お願い』(”The Wish")をはじめ、ミステリー作品の『味』(”Taste")。ダール流アイロニー・ジョークの復讐劇「告別」(”Nunc Dimittis")。

ナイス ★181

takaC

Someone like ME でした。賭け事はしないけど。ずいぶん前に読んだことがあることを10話くらい読んだところでやっと思い出しました。

ナイス ★79

もっとレビューを見る

#東大・京大生のバイブル
Miyoshi Hirotaka

グライダーと飛行機は似ているが、悲しいかな、グライダーは自力で飛ぶことができない。しかし、学校では引っぱられるままにどこへでもついてゆく従順さが要求される。勝手に飛び上がっては規律違反。記憶と再生を中心とした知的訓練を行ってきた学校教育は、コンピュータがなかったからこそ有用であったが、同じ土俵で競うなら淘汰の法則が作用する。人間が真に人間らしくあるためには機械が手を出しにくいことができるようでなければならず、創造性こそ、そのもっとも大きなものだ。コンピュータが一人複数台となった現在を30年前に予見した本。

ナイス ★528

遥かなる想い

ひどく読みやすく、機智に飛んでいる。 グライダー人間と飛行機人間の例えは 言い得て妙である。1983年に書かれたこの本、 今再び読まれているらしいが、新鮮で面白い。 国語の入試問題を解いている気分になれるのが 素直に楽しい。

ナイス ★452

もっとレビューを見る

#ルミネ広告 小説

closetというセレクトショップに服を買いに来る、恋愛で悩む女性たちの短編。closetのオーナーのカナメさんが素敵。主人公に寄り添いながら的確なアドバイスをしつつ、主人公の状況も汲み取って言葉数少な目に優しい一言を添えてくれる、あんな店員のいる服屋なら通いたくなります。肝心の主人公たちの恋愛事情も試着をしながら答えを出していきその結末の話は描かれていないけれど前向きに進んでいこうとする主人公たちの未来を応援したくなります。

ナイス ★404

しんごろ

恋する女性は素敵だよね。そして恋する女性は綺麗になりますよね。そんな恋する女性をファッションでさらに綺麗にさせるショップの定員は魔法使いに見えました。恋して綺麗になっていく女性を応援したくなりますね。各編、最後の一文についつい唸りましたね。各編、読み終わるたびに、笑顔になれる作品でした。男女問わず素敵な恋愛ができますようにと祈りたくなりました。

ナイス ★348

もっとレビューを見る

#夢の手放し方 水野敬也
夢をかなえるゾウ
mitei

ずっと話題の本だったがついに手にとって読んでみた。教えることは確かに今までの自己啓発本からの抜粋的な感じがしたが、ガネーシャという謎の神様がボクに居候し指導していくスタイルで分かりやすく読めた。嫌われる勇気も話題の本だが、こういうトークスタイルで伝えたいことを伝えるのって分かりやすいなぁと思った。本書で言われていることを本当に実行すれば確かに道は開けるだろうし、行わなければいつまでも普通の人のままというのもよくわかる。またガネーシャから教わった内容を繰り返し読みどんどん実行したい。

ナイス ★663

HIRO1970

⭐️⭐️⭐️嫁本。インドの神様が部屋に来てその日に実行可能な処世訓を毎日一つ授けてくれる気軽に読める自己啓発本。神様であるガーネーシャ神は可愛い象の外観で喋りは何と大阪弁。終始、全く偉そうに見えない上に漫才を聞いているかのような表現に著者一流の照れ隠しが感じられ面白可笑しく好感が持てるお話しです。神友達のお釈迦様も連れ立って遊園地に行く場面もあり漫画やアニメにすぐ出来そうな素晴らしいエンターテインメント作品でどなたにもオススメ出来ます。(結構為になるお話もありました。)

ナイス ★593

もっとレビューを見る

#高橋一生 玉木宏 ドラマ
遥かなる想い

白川道という作家は、「天国への階段」という作品で知ったが、その底に流れている奇妙な復讐の念に息を呑んだ記憶がある。本作品もその系列の本。双子の兄弟竜一と竜二。片方は闇の世界で生き、片方は運輸省の高級官僚という陽のあたる世界を歩んでいく。上巻は竜一は曽根村という闇の帝王の心を掴みながら、のし上がっていく様を描く。「まゆみ」という二階堂の娘、そして盲目の幼馴染この二人がどうからんでいくのかは、下巻の楽しみ。

ナイス ★109

アッシュ姉

生きる目的は、復讐と君臨。お前は表舞台で輝け、俺は裏社会を支配する。酷い環境で生まれ育った双子は世の中を見返し、ある大物実業家への復讐を果たすために裏社会と官僚世界の支配を目論む。表と裏から攻めて、仇敵を叩き潰すために修羅の道を突き進む二人が行き着く先はー。もう大好きな設定で面白くてたまらん。鋼の意志で闇の世界を昇りつめていく竜一が唯一畏敬の念を抱き、立ち止まって耳を傾ける曽根村との会話に痺れる。疾走感溢れるスリリングな展開に息を詰めながらも目が離せない。ある予感をもって下巻へ。

ナイス ★57

もっとレビューを見る

#半沢直樹 航空会社
遥かなる想い

半澤直樹シリーズ第4弾。 相変わらず面白い。 遺書から始まる本巻は 再建企業が帝国航空という 日航を想起させる題材で 興味深い。債権放棄を 巡る攻防、政治家との暗闘、極めて現代的な争いは 妙に視覚的で奇妙にも 堺雅人がなぜか浮かんでくるのが面白い。 大物政治家、行内派閥、 悪徳再建弁護士、 そしてあの金融庁の黒崎 審査官…お決まりのパターンながら、読者を巻き込む 筆力は断トツで、一気に 読破できる…そんな話だった。

ナイス ★1104

サム・ミイラ

ついに半沢直樹もここまできました。今回のお相手は政治家とその仲間です。ついでに銀行内部にも御約束通り敵がいます。にしても毎回やられてんだからいい加減半沢潰しも諦めなよと思ってしまいますが。民主党が政権奪取し事業仕分けとか派手にパフォーマンスしていた頃の話で、どうやらこの大臣は蓮舫氏のようです。日航の業績悪化も当時は大問題で池井戸氏は事実を基に上手く物語に転化していますが今回は少々薄っぺらく爽快感は今一つ。次はぜひ米国あたりと闘って欲しいもんです。理解者の中野渡頭取がいなくなり今後が気になる半沢直樹です。

ナイス ★1101

もっとレビューを見る

#芦田愛菜 映画 芥川賞作家
エドワード

日本人は無宗教な人が多い。ちひろは幼い頃に身体が弱く、水が悪い、との父の同僚の薦めで、特別な水を使い全快した。狂喜した両親は新興宗教に入信する。交流会、研修旅行、まだわからない子供のちひろと姉の困惑がリアルだ。本当に水の力なのか、水道水と入れ替え、父母を止めようとする親戚と絶縁する。クラスメイトを集会で見かけ、カッパのような恰好の父母を先生に見られ、とまどいながら過ぎる小中学校。自分がちひろだったらどうする?ドキドキの読書だ。家を出る姉、両親と離れたくないちひろ。両親との愛に満ちた終幕、その後が知りたい。

ナイス ★127

Vakira

なっちゃん 4冊目 文庫最新刊 なっちゃんのストレンジワールドに浸りたく早速購入読む。 主人公チーちゃん視点の語り、そこには作者の俯瞰した語り眼を垣間見る。バランスいい。またなっちゃんにやられた。やられ感が気持ちいい。普通の日常生活。善悪は存在しない。しかし、気持ちの良し悪しは存在する。新興宗教に傾注は気持ち悪いがそもそも神に頼ったのは自分の体の弱さと両親の愛情。結果元気になれば宗教は正統化。余計にのめり込む。新興宗教家族。でも気持ち悪さが勝てばそこから逃避。家出が成立。家族は崩壊?

ナイス ★114

もっとレビューを見る

#吉沢亮 杉咲花 映画
ソルティ

この感情に経験がある。だから主人公楓に共感しすぎて辛い。あの時の私も体に穴が開いてそこが痛くて風が通り抜けていた。空っぽだった。友人にも見放された。お互い傷つき、自分のやった事を後悔している。それは古傷となったけど、その痛みをどこかに抱えたまま生きていかなきゃいけないんだ。どこかで分かり合える、なんて甘えだ。「「その人のことが嫌いだったわけじゃありません。むしろ尊敬していたからこそ、その人の行動が自分から見て間違ったものに見えると、正してやろうだなんて、自分勝手なことを思ってしまった結果でした。(略)」」

ナイス ★295

相田うえお

★☆☆☆☆20074【青くて痛くて脆い(住野 よる さん)】人と深く関わる事を避けてきた男子大学生が主人公。彼は大学1年のときに、ちょっと変わってるけど筋の通った性格の女子と出会って二人で秘密結社モアイというものを立ち上げます。その後、時間が経過しての話になるんですけど、色々と気になったものの、もう一発,二発『お?』っという展開が欲しかったですね。期待が大き過ぎた分、辛口に〜。というわけで読み切るのに時間かかりました〜。青過ぎた!●Y字路が有りなら丁字路はT字路だろ!●当方、お節介焼きの女性って好きぃ〜!

ナイス ★115

もっとレビューを見る

#キリト復活 SAO
ひめありす@灯れ松明の火

絶対不可侵の浮遊城を崩壊させ不敗の騎士を打ち破り。見えない籠を砕いて空を妖精たちに開放し傲慢な妖精王の羽根をもぎ。幻の銃弾を見切り死線を退け仮面に隠したファントムの素顔を晒し。十字架の枷に囚われた魂を掬い、英雄の資格たるエクスカリバーを手にし、この世界を愛した全ての人の生きた証であるフラクトライトを救い。そんな君の新たなる世界は宇宙。夜空の色は宇宙の色。瞬く光は君を照らすよ。だから大丈夫。一緒になら何処までだっていける。だって、この世界は一緒に生きていくもう一つの現実なんだから。遊びでも、ゲームでもなくね

ナイス ★82

シータ

アリシゼーション編堂々完結!ついに心神喪失状態から復活したキリト。これだけでもすごい感動的だったけど、ユウキとかユージオ出てきたりして目頭熱くなったわ。これ以上ないくらいの展開で復活してきたキリトがカッコ良かったです。ボス戦二連戦がとにかく盛り上がった。まずはPoHとの因縁にも一応の決着はついたけど、それにしてもPoHさんちょっとヤンホモ過ぎませんかねw 生死不明だから今後もしかしたらキリト達の前にまた現れるかもな。ガブリエル戦もテンション上がった。

ナイス ★79

もっとレビューを見る

#中学生 読書感想文 2020
天使のにもつ (単行本図書)
mocha

いい加減な中学生フータが職場体験に選んだのは保育園。子どもと遊んでればいいだろうとの安易な思惑だが、もちろん保育士の仕事は大変で・・。プロってすげぇ、あの子をなんとかしてやりてぇ。ありのまま中学生の意識改革。5日間の体験で見違えるように成長するわけもないし、つらい子どもを救うヒーローに祭り上げていないところがいい。このリアリティはきっと中学生読者の気持ちを寄り添わせてくれると思う。

ナイス ★89

ゆみねこ

中学二年の斗羽風汰が、楽そうだからと職場体験先に選んだのは、「エンジェル保育園」。彼が5日間の経験で得たものは?これは、大人が読んでも中々考えさせられて、素敵な1冊です。

ナイス ★81

もっとレビューを見る