読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

ガットウ
読んだ本
22
読んだページ
7001ページ
感想・レビュー
22
ナイス
697ナイス

9月に読んだ本
22

9月のお気に入り登録
1

  • 糸巻

9月のお気に入られ登録
3

  • 糸巻
  • きょん
  • しーずん

9月のトップ感想・レビュー!

ガットウ
★★★★4.1点。馳星周さんの作品はデビュー当時に数冊読んで以来ホント久しぶりなのですが、ハートウォーミングな内容に驚きました。最近はこんな感じ何ですか?
が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
22

ガットウ
★★★★4.5点。このシリーズは毎度毎度世界観をぶち壊す様な驚きの展開を続けながらも一定のクオリティを保つという希有な作品!!。第2部スタートという事で本作も凄い展開です。
が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★3.8点。タイトルが何ともイイ。文学なんだろうけど、120頁と短いこともあり気持ち良く読めました。
が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★3.5点。作者の新境地なんでしょうが、本格好きとしては「う~ん、こっちじゃない。」
が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★★4.1点。面白かったです。洗練された技術で、軽やかに描かれた印象。
が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★★4.5点。第一章で「えっこういう話なの!」第二章で「えっこういう話なの!」そして最終章で「えっこういう話なの!」意外性に富んだ面白小説でした。
が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★★4.1点。このての連作短編集は作家さんの力量次第の所があると思いますが、終始気持ち良く読める一冊でした。
ガットウ
2020/09/23 19:48

第一章に出てくる長七郎の二刀流納刀は確か抜刀を逆再生してるはずで、実際にやるのは相当難しいと思います。

が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
ネタバレ★★★★4.4点。前作のダサイイ感じのカバーイラストと比べるイマイチだなぁと思っていたのですが、読後よく見ると怪しい人影にゾッとしました。今回もいいイラストです。
が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★★4.0点。バトルは更に上のステージへ、物語はマダマダ続く様です。あとがきにある様に夢枕獏さんが志中場で倒れるまで、ついていきたいと思います。
が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★★4.2点。長編というより二作の短編という感じですが、相変わらずのリーダビリティで楽しく読了。
が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★3.4点。昔話のパロディーは前からあるにもかかわらず、前作が売れたのは純粋にトリックが秀逸だったからだと思いますが、二匹目のドジョウを狙うには難しいテーマだった様です。
が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★★4.2点。とんでもなく不器用な二人のラブストーリー、まさに河野裕さんらしさ全開の一冊でした。
が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★★4.2点。小野寺史宜さんの、大きな事件の起きない日常の物語は、何だかこうクセになりますね。
が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★3.4点。西澤保彦さんの才能はキャラクターミステリーに向いていると思うのですが、人間歳を取ると求められるモノと違う事をしたくなるのかな?ともかくチョッと残念な作品でした。
が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★★4.4点。小学生が探偵の日常の謎系ミステリーなんだけど、何とも言えない独特の世界観を持った作品 でした。
が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★★4.1点。馳星周さんの作品はデビュー当時に数冊読んで以来ホント久しぶりなのですが、ハートウォーミングな内容に驚きました。最近はこんな感じ何ですか?
が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★3.6点。シリーズ第3弾。20年前に出版された第1作(日本推理作家協会賞)と比べると、やはり物足りないかな。
が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★★4.1点。明治の北海道開拓団の物語。史実に基づくため、660頁の大ボリュームなれど劇的な事は余り起こりません。エンタメを期待するとチョッとがっかりかもしれませんが、最後補遺を読んだ時世界がグッと身近になる感じは、なかなか良かったです。
ガットウ
2020/09/09 19:56

私のタブレットは馬鹿すぎて「ほい」という漢字がでてきません。

が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★3.6点。気軽に読む様な作品なんだろうけど、チョッと薄味すぎるかな。
が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★★4.6点。加納朋子さんは無条件に信用しているので予備知識ゼロから読み始めたのですが、まさかのニート小説!!(カバーイラストからは全く想像できない。)とはいえ、期待を裏切らない面白エンタメ小説でした。
が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★3.3点。個人の好みになりますが、医師が医療ミスを責められる展開は読んでられませんでした。後半は斜め読みです。
が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★3.8点。夢が福音なのか呪いなのかオジサンにもよく分かりませんが、若々しい筆致で気持ちよく読めました。
が「ナイス!」と言っています。
ガットウ
★★★3.7点。好きか、嫌いかと言えば嫌いなんだけど、つまらないと切り捨てるのも違う気がする・・・。何ともモヤモヤする湊かなえさんらしい作品でした。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2019/06/13(496日経過)
記録初日
2019/07/02(477日経過)
読んだ本
322冊(1日平均0.68冊)
読んだページ
110288ページ(1日平均231ページ)
感想・レビュー
322件(投稿率100.0%)
本棚
7棚
現住所
愛知県
外部サイト
自己紹介

昭和47年生まれのオッサンです。本を一冊読むのにかかる時間は平均4時間半くらい、毎日往復2時間の通勤電車でボチボチ読んでます。元々文庫派でしたが、図書館のネット予約の便利さに目覚めてからは、ほとんど図書館本になってしまいました。(本屋さんの真の敵はアマゾンではなく図書館の予約システムではないかと、結構本気で思ってます。)この結果リアル本棚はスカスカになり、かわって電子本棚を充実させるべく読書メーターを始めました。あくまで読んだ本の整理が目的なので、感想は頑張り過ぎず自分のために1,2行というスタンスで書いてます。いつもつまらない内容で恐縮ですが、マイペースで長く続けられたらいいと思っています。(2019年7月)

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう