読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2021年12月の読書メーターまとめ

ひぬ
読んだ本
24
読んだページ
7465ページ
感想・レビュー
6
ナイス
486ナイス

2021年12月に読んだ本
24

2021年12月のお気に入り登録
4

  • 麻吉
  • 稲葉せいか
  • blue
  • レイ

2021年12月のお気に入られ登録
4

  • 稲葉せいか
  • 麻吉
  • blue
  • レイ

2021年12月にナイスが最も多かった感想・レビュー

ひぬ
暗黒ミステリー短編集。上流階級の娘と使用人の関係性、そして「バベルの会」が一つ一つの短編を軽く結んでいますが、深入りはしないため漠然とした印象のまま物語が終わってしまいました。個人的に一番好きな短編は「玉野五十鈴の誉れ」でした。各々の短編で最後に明かされる真実が一つ一つの短編をひっくり返す感じでしたが、最後の短編の後味の悪さは格別でした。自分の理解力が足りなかったところが唯一の難点ですが、巻末の解説にはかなり助かりました。
が「ナイス!」と言っています。

2021年12月にナイスが最も多かったつぶやき

ひぬ

2021年11月の読書メーター 読んだ本の数:67冊 読んだページ数:20298ページ ナイス数:1893ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/1025810/summary/monthly/2021/11 サボっているせいで感想が中々追いつきません...今月もよろしくお願いします!

が「ナイス!」と言っています。

2021年12月の感想・レビュー一覧
6

ひぬ
願いを叶えてもらうため、サキュバスを召喚し、成功したニート青年・和友。しかし、彼の目の前に現れたサキュバス・イン子は、彼のいうことを全く聞かない自分勝手なサキュバス。しかも、彼女は和友の家で食べて、寝て、遊ぶだけの居候になってしまいます。中盤まではドタバタ喜劇っぽい展開ですが、終盤で伏線は綺麗に回収され、王道ではありますが、少し爽やかな感じで物語は終わりました。
が「ナイス!」と言っています。
ひぬ
(当時)の新進気鋭のミステリー作家を集めた学園ベースのアンソロジー作品。何気に初アンソロ作品かも。ミステリー的に個人的に一番好きだったのはトップバッターの「お届け先には不思議を添えて」でした。登場人物が出てくる元のシリーズは知っていなかったですが、読んでいなくとも楽しめました。一番印象に残ったのは最後の「スプリング・ハズ・カム」でした。これは二度読みの価値あり。
が「ナイス!」と言っています。
ひぬ
次々と家族が突然の不幸に襲われる最中、実家の押入れから「ユリゴコロ」のタイトルを持った4冊のノートを発見してしまった主人公・亮介。衝撃の内容が綴られているそのノートを読み進めるうちに亮介は家族が隠している秘密に辿り着きます。人間の狂気と平和な日常が隣り合わせな状態でいつ事態が急転直下するか不安でした。物語の締め方にはかなり驚きましたが、確かにヒントは散りばめられていました。
が「ナイス!」と言っています。
ひぬ
暗黒ミステリー短編集。上流階級の娘と使用人の関係性、そして「バベルの会」が一つ一つの短編を軽く結んでいますが、深入りはしないため漠然とした印象のまま物語が終わってしまいました。個人的に一番好きな短編は「玉野五十鈴の誉れ」でした。各々の短編で最後に明かされる真実が一つ一つの短編をひっくり返す感じでしたが、最後の短編の後味の悪さは格別でした。自分の理解力が足りなかったところが唯一の難点ですが、巻末の解説にはかなり助かりました。
が「ナイス!」と言っています。
ひぬ
【プルーフ版】もともと購入予定でしたが、プルーフ版にて読了。ある日、隣国の沈寧に攻め入られ、一夜にして唐突に滅びてしまった国・弓可留。全てを失ってしまった歴史学者・慈空は奪われた弓可留の宝珠「羅の文書」、そして彼自身が持つ「弓の心臓」を巡って、謎の人物・風天らと共に「羅の文書」の奪還を決意します。他の方の感想にありますが、どこか上橋菜穂子味を感じました。(そして思ったより人が死にました…)混ざり者や杜人と会った事がなく、偏見を持っていた慈空が彼らと接するに内に彼がそう変わらない事を知るという展開は王道→
ひぬ
2021/12/05 09:27

ながら面白かったです。物語は導入でしかあらず、まだ世界の一片しか明かされず謎は多々あるので、これは続刊に期待したいところ。民を統べるのは神か、それとも王か。

が「ナイス!」と言っています。
ひぬ
震災孤児となった小学生・花と彼女を引き取った淳悟のなんとも歪な物語。ちょっと私には物語の展開的に合いませんですが、時間逆行形式でエピソードが徐々に時間を遡っていくのは新鮮でした。愛が歪んでる…各々のエピソードで少し引っかかったものが次第に明かされていき、後味が良いとは決して言えませんですが、面白い終わり方だったと思います。作者のGOSICKシリーズは知っていたので、作風の振り幅に驚きました。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2019/07/11(922日経過)
記録初日
2019/06/30(933日経過)
読んだ本
1260冊(1日平均1.35冊)
読んだページ
376561ページ(1日平均403ページ)
感想・レビュー
901件(投稿率71.5%)
本棚
2棚
性別
自己紹介

社会人です。基本ラノベ・ライト文芸と息抜きに漫画を読んでいます。最近は割合的にラブコメが多いですが、なんでも読む雑食です。

新作は私の好みに合うか合わないか把握する為、大体1-2ヶ月遅れに購入しています。

紙、電子、ブックウォーカーの読み放題で本を読んでいます。特に記載していない場合は紙の本です。

目指せ一日二冊!

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう