読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

みう
読んだ本
3
読んだページ
936ページ
感想・レビュー
3
ナイス
118ナイス

9月に読んだ本
3

9月のお気に入られ登録
2

  • ちぃ
  • akarick777

9月のトップ感想・レビュー!

みう
〈人は死んだら自由な魂になる〉という考え方が素敵だと思った。解説にもあるように「死」をテーマにした作品はどうしても暗く悲しくなりがちですが、本書では「死」というものがとても清々しく爽やかに描かれている。死を受け入れてこそ人は人生を前向きに生きられるのでしょう。本編の後日談『渡りの一日』は藤沢兄弟の心の声(思い込み)が面白かった。誤解は人生を彩る。(笑)
が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
3

みう
【再読】映画のように美しいラストシーンがほんとうにすばらしい。ラスト10頁を何回も繰り返し読んでいます。
イニエスタ
2020/07/17 17:06

みうさん、感想を読んだら読みたくなりました。読みたい本に登録しておきます(^ ^)

が「ナイス!」と言っています。
みう
再読。『西の魔女〜』と同じく13歳の少女が主人公。主人公が現実に生きづらさを感じているという点でも同じ。ですがこちらのほうがスケールが大きく、深みのある作品でした。霧がかったような薄暗さの漂う物語で、精神世界の奥深くへ降りていく読書に少し疲れましたが、引き込まれました。「変容する世界に文句をつけるより、その世界で生きることを選ぶ」
が「ナイス!」と言っています。
みう
〈人は死んだら自由な魂になる〉という考え方が素敵だと思った。解説にもあるように「死」をテーマにした作品はどうしても暗く悲しくなりがちですが、本書では「死」というものがとても清々しく爽やかに描かれている。死を受け入れてこそ人は人生を前向きに生きられるのでしょう。本編の後日談『渡りの一日』は藤沢兄弟の心の声(思い込み)が面白かった。誤解は人生を彩る。(笑)
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2019/07/31(451日経過)
記録初日
2005/06/30(5595日経過)
読んだ本
70冊(1日平均0.01冊)
読んだページ
19341ページ(1日平均3ページ)
感想・レビュー
70件(投稿率100.0%)
本棚
6棚
性別
年齢
35歳
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう