読書メーターあなたの読書量を記録・管理

8月の読書メーターまとめ

とも
読んだ本
7
読んだページ
2770ページ
感想・レビュー
7
ナイス
551ナイス

8月に読んだ本
7

8月のお気に入り登録
8

  • やまふじ
  • かどぅ
  • トム
  • Kenji Misaki
  • Δ
  • nanana
  • かぴけろ
  • りり

8月のお気に入られ登録
8

  • かどぅ
  • トム
  • りく
  • Kenji Misaki
  • Δ
  • nanana
  • かぴけろ
  • りり

8月のトップ感想・レビュー!

とも
失踪から2年経って見つかった姉が、本当の姉なのか、疑問を持ち続けている妹による語りがメインとなっている。現在と回想のシーンを細かく交互に並べることによって、ポイントを分散させ、ハラハラ感ともどかしさを持続させる構成となっている。その術中にハマり、どういう終着点を迎えるのか気になり過ぎて、一日読了してしまった。姉の隠された真実も充分魅力のある内容だが、それよりも、この妹の十数年間のことだけを考えるとイヤミスの余韻が半端ない。。
が「ナイス!」と言っています。

8月のトップつぶやき!

とも

【献本プレゼント】読書メーターで「結果発表は8月23日!第3回 次にくるマンガ大賞 ノミネート作品1巻 88冊セット」の献本に応募しました!応募締め切りは8月24日!応募はこちら→ https://bookmeter.com/giftbooks/199

が「ナイス!」と言っています。

8月の感想・レビュー一覧
7

とも
エリンとイアルの覚悟は本当に強かった。その悲壮な覚悟にもどかしい気持ちになったが、二人がジェシを慈しむ気持ちより、ジェシの二人への、特にエリンへの想いが更に強く、いつしか人と獣の繋がりから、家族の深い愛情の繋がりになっていた。本当は、育ててきたリランやアルたち王獣もその家族に入っていて欲しかったと思う。野に放つことが大事なのは分かる。ただその理由が、争い、それによって起こる災い、人の手によって制御されるから。と言うのは寂しいと感じる。
が「ナイス!」と言っています。
とも
観るかどうかは決めてないが、映画化と知り、読了。禁断の恋愛小説、との触れ込みがあったが、心の底から全身で相手を想っているのが伝わってきた。苦しいのが、狂おしいになっていき、最後は永遠に心の底に生き続けることになったと思うが、男性の私が読んでも、心を乱されるぐらい切ない話であった。でも、男性だから(私だから!?)全てが理解できていないかもしれない(^^;;
たっきー
2017/08/27 22:22

この作品、気になってました!要チェックですね。

とも
2017/08/27 23:08

たっきーさん、ありがとうございます。そうですね!ぜひ心を乱されてみてください(^^)

が「ナイス!」と言っています。
とも
エリンの今までの苦悩が凝縮されていた巻であった。イアルもその苦悩を共にしていて、エリンを大事に想う気持ちがよく伝わってきた。エリンとイアルの絆の強さは、エサル師の言葉で全て包括されていると思う。この家族に幸せな未来が訪れることを願い、完結編に入ることとしよう。
が「ナイス!」と言っています。
とも
なんと表現すればいいのだろう。ノートに惹き込まれ、ストーリーに惹き込まれたのは間違いない。あのノートを読んだ人たちの、誰にでも、自分が同じ立場であったなら、共感できるような気がする。ただノートを書いた人に共感するのは難しいだろう(^^;;これだけの内容なのに最後はいい余韻があり、このジャンルでは、自分の中ではかなりインパクトのある作品であった。
が「ナイス!」と言っています。
とも
ユナの先導で向かう彼らの姿に全てが集約されている。その瞬間に「鹿の王」の真の意味が現れたと思う。助けるすべを持っている者たち。その後ろ姿は、彼らの国が抱えている問題をも解決していた。読み終わった後は、心地良い余韻に浸ることができた。
が「ナイス!」と言っています。
とも
失踪から2年経って見つかった姉が、本当の姉なのか、疑問を持ち続けている妹による語りがメインとなっている。現在と回想のシーンを細かく交互に並べることによって、ポイントを分散させ、ハラハラ感ともどかしさを持続させる構成となっている。その術中にハマり、どういう終着点を迎えるのか気になり過ぎて、一日読了してしまった。姉の隠された真実も充分魅力のある内容だが、それよりも、この妹の十数年間のことだけを考えるとイヤミスの余韻が半端ない。。
が「ナイス!」と言っています。
とも
物語は大きく動き始める。ヴァンとホッサルの二軸が交わって、更に加速していく。帝国、帝国に支配されている国家の大きな思惑から各部族の想い、誇りがいろいろ絡み合っていて、翻弄されながらも、ヴァンもホッサルも自分を見失わないよう自分がやらねばならないことに必死になっている。どこに終着するのか、いまだ見えず、どんどんこの世界に入っていける。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2011/04/27(2344日経過)
記録初日
2005/05/06(4526日経過)
読んだ本
302冊(1日平均0.07冊)
読んだページ
114960ページ(1日平均25ページ)
感想・レビュー
146件(投稿率48.3%)
本棚
2棚
性別
血液型
A型
自己紹介

基本はミステリー系だが、歴史物も感動物もSF、ファンタジー系も幅広く読むほうかな。その本を見た時に興味を惹かれるか、インスピレーションみたいなものを大事にしてる。おもしろいと思った作家の作品は、可能な限り全部読みたいと思うし、シリーズものは好き。
おもしろいものは終わって欲しくない、って気持ちが人一倍強いかな。