読書メーターあなたの読書量を記録・管理

山のトンネルさんのお気に入り
192

  • cdmabook

    理系技術職。東野圭吾の作品(当時92作)完全制覇ようやく達成(2018/3/5)(93:魔力の胎動18/8/18、94:沈黙のパレード19/2/16、95:希望の糸20/4/12,96:クスノキ21/1/21、97:ショーマン)。読友さんの感想を参考に道尾

    、貫井、米澤、綾辻など他の作家のミステリー作品、さらに小池氏などの女流作家の小説へと読書の幅を広げています。読書にコーヒー、リンゴが大好き。
    2015/11/11 10万ページ突破
    2018/9/21 20万ページ突破(1045日)
    2019/10/6 25万ページ突破
    2021/1/28 30万ページ突破(860日)
    2018/11/8 700冊目
    2019/6/23 800冊目(227日)
    2020/2/9 900冊目(231日)
    2021/1/18 1000冊目(345日)
    2019/4/13 3万ナイス
    2019/8/5 4万ナイス(114日)
    2019/10/28 5万ナイス(84日)
    2019/12/21 6万ナイス(54日)
    2020/2/13 7万ナイス(54日)
    2020/4/17 8万ナイス(64日)
    2020/6/26 9万ナイス(70日)
    2020/8/31 10万ナイス(66日)
    2020/11/29 11万ナイス(90日)
    2021/2/3 12万ナイス(66日)

  • Y’s style
    • そんれい
      • A型
      • 北海道

       自己啓発本をよく読んでいましたが、『バーナード孃曰く。』と出会ってから、小説に目覚めました。暇ができたら、少しずつ読書しています。
       当初は、古典的な海外SFにはまっていましたが、最近は文芸小説も読みます。人間の内面を描くどろどろとした小説にもチャレンジ

      中。
       お薦めの本があれば紹介して下さい。

    • you.
      • クリエイター系

      ランキング上位、話題作にはそんなに惹かれません。読みたくなったら読みます。
      内容が深い本、読みづらい本、表現が詩的な本が好きです。
      詩人の処女作は大好物。芸術関連小説も好きです。

    • りんたろう
      • 愛知県

      海外小説が好み。2016年以前に読んだ本は登録してません。
      。。。あまり感想は参考にしないで下さい( ノД`)

    • うらぬす
      • 1994年
      • 営業・企画系
      • 千葉県

      点数は作品の評価ではなく、あくまで自分がどれくらい楽しめたか。

    • 三柴ゆよし
      • B型
      • 東京都

      ・究極の短篇小説(順不同)

      「南部高速道路」コルタサル
      「タデオ・イシドロ・クルスの生涯」ボルヘス
      「ヴェラ」ヴィリエ・ド・リラダン
      「傘で私の頭を叩くのが習慣の男がいる」ソレンティーノ
      「パパ―ロ」アルベルト・モラヴィア
      「チェスの話」ツ

      ヴァイク
      「ソン・チャボンの恋人」ティム・オブライエン
      「砂時計サナトリウム」ブルーノ・シュルツ
      「黄色い壁紙」ギルマン
      「竜退治」ブッツァーティ
      「外套」ゴーゴリ
      「聖ヤコブの道」カルペンティエール
      「火の雨」ルゴーネス
      「聖処女ケイティ」ジョン・スタインベック
      「パウリーナの思い出に」ビオイ=カサーレス
      「人類退化」コラゲッサンボイル
      「リゲーア」トマージ・ディ・ランペドゥーサ
      「15センチ」チャールズ・ブコウスキー
      「完全に馬鹿げた物語」ジョヴァンニ・パピーニ
      「ささやき」レイ・ヴクサヴィッチ
      「チェインソー・アップル」アーサー・ブラッドフォード
      「ゴーゴリの妻」トンマーゾ・ランドルフィ
      「マリー、傅くことの名誉」ジョイス・マンスール
      「黒い玉」トーマス・オーウェン
      「すべての終わりの始まり」キャロル・エムシュウィラー
      「長靴の物語」パトリック・マグラア
      「慈愛の天使」デイヴィッド・イーリイ
      「モナ・リーザ泥棒」ゲオルク・ハイム
      「すべて」インゲボルク・バッハマン
      「地獄とは神の不在である」テッド・チャン
      「バンシーが啼いた夜」エドワード・ウッド・ジュニア
      「ロバート・ヘレンディーンの発明」スティーヴン・ミルハウザー
      「ベアト・アンジェリコの翼あるもの」アントニオ・タブッキ
      「神に擬せられたエンペドクレス」マルセル・シュオブ
      「ナブチ、国連委員会を歓迎す」ハイスミス
      「航海者たち」ムヒカ=ライネス
      「右翼手の死」スチュアート・ダイベック
      「ねむい」チェーホフ
      「サマー・スティールヘッド」レイモンド・カーヴァー
      「かつて描かれたことのない境地」残雪
      「ガイジン」ラッタウット・ラープチャルーンサップ
      「聖ジュリアン伝」フロベール
      「スレドニ・ヴァシュター」サキ
      「バナナフィッシュ日和」サリンジャー
      「微小生物集―若き科学者のための新種生物案内」セス・フリード
      「片腕」川端康成
      「一家団欒」藤枝静男
      「風流尸解記」金子光晴
      「土佐源氏」宮本常一
      「水曜日」吉田知子
      「犬婿入り」多和田葉子
      「百」色川武大
      「件」内田百閒
      「人間性の宝石 茂林健二郎」木下古栗
      「吃音学院」小島信夫
      「紫苑物語」石川淳
      「箪笥」半村良
      「抜髪」車谷長吉
      「屋根裏の法學士」宇野浩二
      「犬」中勘助
      「ヘンリーたけしレウィツキーの夏の紀行」リービ英雄
      「ショート・サーキット」佐伯一麦
      「青竜山」伊達一行
      「クチュクチュバーン」吉村萬壱
      「赤い脳髄」西村賢太

      ・至高の長篇小説(順不同)

      「族長の秋」ガルシア=マルケス
      「めくるめく世界」レイナルド・アレナス
      「フェルディドゥルケ」ゴンブローヴィッチ
      「グールド魚類画帖」リチャード・フラナガン
      「世界終末戦争」バルガス=リョサ
      「灯台へ」ヴァージニア・ウルフ
      「兄弟」余華
      「詐欺師の楽園」ヒルデスハイマー
      「ペドロ・パラモ」フアン・ルルフォ
      「狼たちの月」フリオ・リャマサーレス
      「ザ・ロード」コーマック・マッカーシー
      「ゴーレム」グスタフ・マイリンク
      「ガラスの街」ポール・オースター
      「はまむぎ」レーモン・クノー
      「見えない都市」イタロ・カルヴィーノ
      「耳ラッパ」レオノーラ・キャリントン
      「素粒子」ミシェル・ウエルベック
      「存在の耐えられない軽さ」ミラン・クンデラ
      「巨匠とマルガリータ」ブルガーコフ
      「Xのアーチ」スティーヴ・エリクソン
      「オレンジだけが果物じゃない」ジャネット・ウィンターソン
      「嵐が丘」エミリー・ブロンテ
      「グールド魚類画帖」リチャード・フラナガン
      「おまえはケダモノだ、ヴィスコヴィッツ」アレッサンドロ・ボッファ
      「眩暈」エリアス・カネッティ
      「対極-デーモンの幻想-」アルフレッド・クービン
      「ドクター・ラット」ウィリアム・コッツウィンクル
      「スターライト」スコット・イーリィ
      「夜のみだらな鳥」ドノソ
      「やし酒飲み」エイモス・チュツオーラ
      「ラーオ博士のサーカス」チャールズ・G・フィニ―
      「悪童日記」アゴタ・クリストフ
      「幼年期の終わり」クラーク
      「城」カフカ
      「ブエノスアイレス食堂」カルロス・バルマセーダ
      「精霊たちの家」イサベル・アジェンデ
      「紙の民」サルバドール・プラセンシア
      「ムントゥリャサ通りで」エリアーデ
      「西瓜糖の日々」ブローティガン
      「異端の鳥」イエールジ・コジンスキー
      「奇蹟」中上健二
      「ゼウスガーデン衰亡史」小林恭二
      「青春の逆説」織田作之助
      「パンク侍、斬られて候」町田康
      「蜂アカデミーへの報告」後藤明生
      「同時代ゲーム」大江健三郎
      「アマノン国往還記」倉橋由美子
      「ロンバルディア遠景」諏訪哲史
      「虚航船団」筒井康隆
      「嗤う伊右衛門」京極夏彦
      「闇の奥」辻原登
      「てろてろ」野坂昭如
      「さようなら、ギャングたち」高橋源一郎
      「鳥類学者のファンタジア」奥泉光
      「幻燈辻馬車」山田風太郎
      「細雪」谷崎潤一郎
      「高丘親王航海記」澁澤龍彦
      「地獄」西村寿行
      「カンガルー・ノート」安部公房
      「後宮小説」酒見賢一

      「小説を読むことの快楽」をテーマにしたリスト。
      読書家諸兄姉の参考に供することが出来れば幸いです。

      ※随時、更新していきます。

    • 青い太陽

        --◆更新情報(20160508)----

        最近は、「世界文学」、海外翻訳小説中心です。

        --◆更新情報(20160101)----

        最近は、「小説家になろう」を読んでいます。
        評価3.5以上の本を高確率で引けるように試行錯誤中
        ※最近「当たり」を引

        く確率が低いので

        物語を高評価するので、絵が売りの漫画は全体的に低めです。
        又、テンプレ作品にも厳しめです。

        --■基本情報------------

        本棚にて「総合・年別ランキング」あります。
        ※総合、年代ランク上位作品は傑作揃いです
        ご参考にどうぞ。

        各書について、以下の評価で選別
        評価基準が変わっているので、昔に読んだ本は評価高め

        ---------------------------
        ●5段階評価(2013年ぐらい~)
        1 途中でダウン
        2 物足りないが、最後まで読めた。金払ってOKレベル。
        3 面白い。が、不満点も。
        4 傑作。・読まないと人生損している。
        5 神

        --------------------------
        ●5段階評価(~2013年ぐらい)
        1 苦痛の読書タイム
        2 何か足りない
        3 暇なら読んだ方が良い
        4 中々、面白い
        5 最高、はまれる

        --------------------------
        ◆評価傾向(20160101~)
         重視・・・設定、アイデア、心理描写
         中視・・・総合力、中二要素、ギャクセンス、読みやすさ、構成
        、世界観、キャラ立ち
         軽視・・・本としてのまとまり、メッセージ性、文章の上手さ、
        情景描写

        ◆評価傾向(~20160101まで)
         重視・・・設定、アイデア
         中視・・・総合力、中二要素、ギャクセンス、読みやすさ
         軽視・・・本としてのまとまり、メッセージ性、文章の上手さ、

        -----------------------------
        ◆作家ランキング(20160101~)
         □(故人)
          トルストイ カフカ(二人は別格)
          サリンジャー、スタンダール ナブコフ

         □(生存)
          別格:グレッグ・イーガン ギリアン・フリン
             チャイナ・ミエヴィル

          作品が合えば:
          王雀孫 木原音瀬 野崎まど 城平京
          本田透 江波光則 一 肇

          <壁>

          ドン・ウィンズロウ ポーラ・ホーキンズ   
          米澤穂信 七沢またり 渡航 至道流星
          綿矢りさ 麻耶雄嵩 

        ◆読むシリーズ
         劣等生

        ◆作家ランキング(~20160101まで)
         □迷わず作家買い
          江波光則 一 肇
          米澤穂信 奈須きのこ
          野崎まど 七沢またり
          河野裕  大間九郎

         □あらすじが合えば・・
          渡航   麻耶雄嵩
          至道流星 綿矢りさ 
          望公太  十文字青 
          三秋縋  泉谷一樹 
          和泉弐式 かじいたかし

        ----------------------------
        ◆好きなラノベレーベル-ランキング(~20160101まで)

        電撃文庫       総合力高し
        ガガガ文庫      とがった作品多し

        --分厚い壁----

        星海社FICTIONS    一肇、江波作品はよ!!!
        メディアワークス文庫 野崎まどのために・・・

        --分厚い壁----

        一迅社文庫      第9シリーズ復活希望、時々名作有
        HJ文庫        僕漢作者生存確認
        このライト~!文庫   大間九郎のためのレーベル

        --分厚い壁----

        その他のレーベル

      • Cica
      • ボウフラ
        • 1984年
        • 愛知県

        好きな作家は、ポール・オースター、カズオイシグロなど。なるべく満遍なくいろんな作家の作品を読んでいこうと思ってます。本はマンガと小説しか読まないが、マンガは登録しません。たまにノンフィクションは読むがエッセイは読まないと思う。

      • みつ

        こんにちは。「読書メーター」で皆さんと交流できることを楽しみにしています。
         およそ50年、手当たり次第に本を読んできました。愛読してきたのは、

        ・「モームの世界の10大小説」とその周辺
        ・いわゆる黄金時代の本格推理小説
        ・トーマス・マン
        ・ヘッセ
        ・プ

        ルースト
        ・チェーホフ
        ・O・ヘンリ
        ・ジャック・フィニイ
        ・紫式部(数種の現代語訳「源氏物語」)
        ・夏目漱石
        ・寺田寅彦
        ・内田百閒
        ・中里介山(「大菩薩峠」)
        ・永井荷風
        ・谷崎潤一郎
        ・江戸川乱歩
        ・石川淳
        ・尾崎翠
        ・福永武彦
        ・北村薫始め「日常の謎」を扱ったミステリ
        ・恩田陸
        ・丸谷才一(いわゆる雑文を中心に)
        ・吉田秀和
        ・大島弓子(漫画家)
        ・新幹線網が張り巡らされる前の時刻表(宮脇俊三氏が健筆を振るった頃)
        ・和漢朗詠集
        ・新古今和歌集
        ・「折々のうた」他の詞華集
        ・歳時記
         等々。NHKの「100分de名著」に取り上げられた本も半分ぐらいは読んだはずです。

         感想文は遠い昔の学生時代から大の苦手で、これまで記録も投稿も断続的かつ一部に留まっていましたが、皆さんに触発され、以前読んだ作品も含め少しずつでも投稿していければと思っています。(追記。2020年10月頃、遅まきながら読書メーターに参加できる歓びを本格的に知ることとなり、読書のペースが上がるとともにほぼ全ての本に投稿するようになりました。)

         読書の他には、クラシック音楽(地味めのものを中心に)鑑賞と、筆記具(インク含む)集めが主な趣味です。

         これからに向けて「積読本」「読みたい本(再読したい本・・これがまた多い・・を含む。)」を徐々に整理していたら、まだまだ増えていくことに気付きました。残りの人生でどこまで読むことができるのか、時々不安になります。
         これからもお付き合いの程、よろしくお願いいたします。

          (2020年11月28日に一部追加修正しました。)
          (2021年1月18日から19日にかけ、書き漏らしていた愛読する作者、近況を追加をしました。)

      • 活字スキー
        • O型
        • 大阪府

        徒然なるままに
        読メと関西を徘徊する
        フリースタイル
        ぼっち系ザコキャラ。
        お気に入りの登録/解除、
        コメント等はご自由にどうぞ。

        〈読メ開始 2014.10〉

      • りょうみや
        • 技術系
        • 大阪府

        いつも片道50分の通勤電車内で図書館本メインに読書をしています。最近は再読が多いため、レビュー投稿数は減少気味です。

        読むジャンルはノンフィクションが中心で、哲学、教育、社会、生物系が多いです。

      • Ikechan
        • ハパナ
          • A型
        • ふ~@豆板醤
          • CBF
          • greece
          • サスケ
            • O型
            • 東京都
          • とりもり
            • B型
            • 営業・企画系

            ビジネス書やノンフィクション中心に乱読するが、時には小説も。

          • 全192件中 1 - 20 件を表示

          ユーザーデータ

          読書データ

          プロフィール

          登録日
          2019/11/07(482日経過)
          記録初日
          2018/08/17(929日経過)
          読んだ本
          150冊(1日平均0.16冊)
          読んだページ
          39694ページ(1日平均42ページ)
          感想・レビュー
          140件(投稿率93.3%)
          本棚
          50棚
          自己紹介

          読書メーターで本の記録を始めて1年。本を1日1冊読む計算で、「約3年分の量の読みたい本」を見つけてしまった。

          本の重要度
          0:ほかの本を読む時間にするかな
          ★:気づきが1つ(30分程度で読める本)
          ★★:気づきがいくつか(一読できる本)
          ★★★:繰り返し読むような本(哲学/科学書/ノンフィクション)
          ★★★★:記憶に定着させたい本
          ※あくまでも読書した時期の自分の評価

          尊敬する人
          レオナルド・ダ・ヴィンチ(好奇心、観察眼)/ヘンリー・ソロー(芸術的思想)/ベンジャミン・フランクリン(自制心)/アラン(行動)/ナポレオン(読書)

          影響を受けた人
          セネカ(時間)/ニーチェ(人生観)/孫氏(戦略)/坂本龍馬(選択肢)/老子/ゲーテ(言葉)/ソクラテス(無知の知)/デカルト(懐疑、考え続けること)/スティーブン・キング(書くこと)/ショーペン・ハウエル(読書)/エーリッヒ・フロム(愛)/カント(思考/世界観認識)

          知りたい人と本
          渋沢栄一『論語と算盤』/吉田松陰/アリストテレス『ニコスマコス倫理学』/マルクス・アウレリウス『自省録』

          読書メーターの
          読書管理アプリ
          日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
          新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
          App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう