読書メーターあなたの読書量を記録・管理

4月の読書メーターまとめ

hana-po
読んだ本
9
読んだページ
2523ページ
感想・レビュー
9
ナイス
110ナイス

4月に読んだ本
9

4月のお気に入り登録
1

  • なかなか

4月のお気に入られ登録
1

  • なかなか

4月のトップ感想・レビュー!

hana-po
賢輔は、そうだったのか…。ここまで読んでて全然気がつかなかった。お才の話からのこの展開で気づかせるとは。同じようなことを繰り返すような展開に少し飽きているが、とりあえずは次巻も楽しみにしています。
が「ナイス!」と言っています。

4月の感想・レビュー一覧
9

hana-po
父の形見として「扇荘」の管理人の仕事をするうちに、いつしか住人達をまるで主人公の家族のように思い、決していい人ばかりじゃないけど、それもまた個性と受け入れ、困ったことが起きても毅然とした態度で解決していく時子さんがとても素敵です。サイゴンの歌も、物語を盛り上げて、時子さんがきっと現地で着るであろうアオザイ姿はきっと美しいだろうなぁ。戦国武将の妻のような名前がぴったり(笑)の主人公の強さと優しさに包まれたお話しでした。
が「ナイス!」と言っています。
hana-po
「阿吽に乾杯」…阿吽とは禅の言葉で、「一瞬のいまを、大切に生きる」こと。いつかカオリちゃんに言った言葉が、ゴンママに戻ってきてそっと心の澱を溶かしていく。とびきり不幸じゃないけれど、心のどこかにある悲しみや淋しさにそっと寄り添って軽くしてくれるようなお話でした。
が「ナイス!」と言っています。
hana-po
今野敏のシリーズものでも1,2番くらいに好きなシリーズ。安積さん、昔はほんとに一直線で熱かったんですですね~。警察学校時代から現在に至るまでの安積さんのエピソードが色とりどりで、読み応えありです。管理職になって、部下の気持ちをあれやこれや考えて…という小心(とずっと感じていた)な一面と信念を曲げずにやり通す一面があり、それが周囲の人の心を掴み、家族のような「安積班」は読んでいてもほっとして楽しい時間である。
が「ナイス!」と言っています。
hana-po
理津子の朝十時半の瞑想のお題「小娘が言いそうなこと」の連想から、「多分、浮気に超然はないのだ。それは妻の特権かもしれない」妻の特権の超然は案外心地いいのかもしれない。居場所さえあれば。「作家の超然」は、主人公を語るの「おまえは」という視点がどうにも苦手で、読みづらかった。
が「ナイス!」と言っています。
hana-po
ネタバレ読む前は、屋上庭園の「縁切り神社」に訪れる悩みを抱えた人達と、そこにいる人達のふれあいで癒されていく短編集かと勝手に思ってた。それぞれの登場人物が抱える「社会の普通」からはみ出た生きにくさに、そっと寄り添うことのできる関係性と、美しくよく手入れされた屋上庭園がリンクしているような。路有と統理の高校時代、2人が友達になるくだりなど、とても良かった。「理解できないならできないでしかたない。だったら黙って通りすぎればいいんだ…」「形がないって自由でいいねと言うと、形があっても自由にしていいんだよと返される」
が「ナイス!」と言っています。
hana-po
いとこの祥一と突然始まる同居生活。けれども、まったく干渉せず、優子は優子で生き、会う人に会う。そうしているうちに、祥一は自分の行きたい道を見つけ、優子はお墓参りで「これからも見守ってください」と、祈る。爽やかな話でもないが、淡々としているのが読みやすい。「第七障害」の方は、主人公が少しだけ悲しみから解放されいく過程に、篤がそばにいて良かったなと思う。
が「ナイス!」と言っています。
hana-po
賢輔は、そうだったのか…。ここまで読んでて全然気がつかなかった。お才の話からのこの展開で気づかせるとは。同じようなことを繰り返すような展開に少し飽きているが、とりあえずは次巻も楽しみにしています。
が「ナイス!」と言っています。
hana-po
小説を読んでいてもわかるけど、エッセイも辛口というより毒舌だ。けど、自分でも心の中では結構毒を吐くことがあるものだ。家族とかには言ったりするが、他人にはあまり言わない。そういうことをエッセイにするって凄い。勝ち組・負け組のくだりにある「さびしさなんて一人で味わえよ、と言いたい。勝っても負けても超然としていればいいじゃないか、と私は思う。」そもそも、勝ち負けのものさしってなんだろう、ね。
が「ナイス!」と言っています。
hana-po
「沖で待つ」の同期ならではのつながりは、友情とも違う同志のような連帯の絆を感じて、しみじみとしたものを味わえる。「勤労感謝の日」の一文、「私はこの店に夜を買いに来るのだ。真っ暗で静かで狭い夜一丁。」そんな頃があったっけな~。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2020/01/12(138日経過)
記録初日
2020/01/05(145日経過)
読んだ本
30冊(1日平均0.21冊)
読んだページ
8894ページ(1日平均61ページ)
感想・レビュー
30件(投稿率100.0%)
本棚
9棚
職業
事務系
現住所
北海道
外部サイト
自己紹介

いろんなジャンルを読みます。みなさんの感想を参考に、お気に入りの作家さんを見つけたい。
読書メーターを始めてから、本を読む時間が増えました。
意外と感想書くのが楽しみです♪
昔は本屋さんで買って読んでましたが、今は図書館で借りることが多いです。

参加コミュニティ1

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう