読書メーターあなたの読書量を記録・管理

4月の読書メーターまとめ

まるこ
読んだ本
6
読んだページ
1775ページ
感想・レビュー
6
ナイス
105ナイス

4月に読んだ本
6

4月のトップ感想・レビュー!

まるこ
久々の読書で、読むのに時間がかかった。やはり長篇となると登場人物がこんがらがってしまう。しかしビブリアは最後の最後でそうだったのか!と毎度驚かされてしまう。毎巻読み終わるたびに、謎が綺麗に解き明かされたなぁと感心する間もなく、新たな謎が出てきて次の巻を読むのが待ち遠しくなる。次で最終巻のようだが、やはり栞子さんの母親との本を巡るバトルが始まるのだろうか。この2人が和解してることに期待。。。
が「ナイス!」と言っています。

4月の感想・レビュー一覧
6

まるこ
自分にとっては衝撃の内容だった(ちょっと大袈裟かも笑)。自分は料理をあまりしない。するとしてもパンを焼いたりご飯を炊いたり目玉焼きを焼いたりするぐらい。将来のためにも料理を勉強しなきゃなぁ〜と悶々としていた。しかし、この本からはそんな堅苦しく考えなくてもご飯と味噌汁と漬物があれば立派な料理なんだよと教えてくれて、心を軽くしてくれた。本来日本人がしていた自然を慈しみ、食材の繊細な味を感じるという楽しみを再確認させてくれた。
が「ナイス!」と言っています。
まるこ
ネタバレものすごく後味の悪い読後感。祐一は悪人になりきるために光代に手をかけた、のだけど2人の行動に理解ができない。佳男の復讐を果たさなかったのは残念と思ってたけど、家に帰ってくると里子が自ら店を開いているのには目頭が暑くなった。手をかけなくて良かったね。 光代が最後に言ってたように出会い系サイトで出会った男を本気で愛せるわけがないというのは正しいと思う。光代が舞い上がってただけのように感じるなぁ。うーんなんとも言えない結末。とりあえず1番の悪人は増尾と佳乃なのでは???
が「ナイス!」と言っています。
まるこ
ネタバレ佳乃があまり好かん…笑どうしてこうプライドが高くて見栄を張ってしまうのか。祐一も健気そうに見えて何考えてるか分からなくて怖い。次々に登場人物が出てくるけど、誰が事件にどのように関わってどう解決していくんだろうか。まさか最後の最後で増尾視点で語られるとは思わなかった。下巻に期待。
が「ナイス!」と言っています。
まるこ
ネタバレ3人の一人称一視点で代わる代わる物語が展開されていく。犯人は一体誰なんだろうと思って最後のページを捲ると、え!?終わり!?結局誰!?となった。会話に嘘あり、地の文に省略ありだなんて…。そんな気分で読んでいなかったから、解説を読んでもちんぷんかんぷん。これはもう一回メモを取りながらよむしかないのか?終盤に容疑者が怒涛の発言で、容疑が消えたりまた浮かび上がったりとてもハラハラした。やはり犯人が気になるのでもう一回読もうか…、ネットで調べるか迷う。
が「ナイス!」と言っています。
まるこ
ネタバレおそらく人生6回目の再読。 物語としては1つの事件を色々な語り手が告白していくという展開。第一章を主人公が生徒に語りかける台詞だけで書ききってしまうのには毎度圧巻される。登場人物の動機や行動にはややリアリティーを感じられないが、実際におきた殺人事件などと絡ませて、少年法やその裁きに対する問いには考えさせられた。 最後の最後で主人公が少年Aに行った復讐は正しかったのだろうか?少年Aの心の内を読むと普通の裁きではきっと更生は難しいと感じる。被害者の遺族として教師として主人公の葛藤に心を締め付けられる。
が「ナイス!」と言っています。
まるこ
久々の読書で、読むのに時間がかかった。やはり長篇となると登場人物がこんがらがってしまう。しかしビブリアは最後の最後でそうだったのか!と毎度驚かされてしまう。毎巻読み終わるたびに、謎が綺麗に解き明かされたなぁと感心する間もなく、新たな謎が出てきて次の巻を読むのが待ち遠しくなる。次で最終巻のようだが、やはり栞子さんの母親との本を巡るバトルが始まるのだろうか。この2人が和解してることに期待。。。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2020/02/06(461日経過)
記録初日
2020/02/06(461日経過)
読んだ本
34冊(1日平均0.07冊)
読んだページ
8677ページ(1日平均18ページ)
感想・レビュー
26件(投稿率76.5%)
本棚
2棚
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう