読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2022年8月の読書メーターまとめ

カツ@日常
読んだ本
19
読んだページ
5715ページ
感想・レビュー
14
ナイス
142ナイス

2022年8月に読んだ本
19

2022年8月のお気に入り登録
3

  • レン
  • よーじろぉ
  • はる

2022年8月のお気に入られ登録
2

  • レン
  • よーじろぉ

2022年8月にナイスが最も多かった感想・レビュー

カツ@日常
優秀で誰にでも優しく、何事にも献身的な麗良。そんな彼女の奥底に隠された本音とは?物語後半の絶叫シーンにグッときた!今巻も凛華の麗良に対する愛情は、行き過ぎてて笑えます。ポンコツな部分をしっかり露呈。そして愚直に凛華と麗良をくっ付けようと行動する天馬は少しズレてるけど好感度は高い。何だかんだ二人の為に尽力する姿がカッコいい。天馬にも想いを寄せる凛華と、同じく天馬の優しさに心惹かれていく麗良。う〜ん、この三角関係がたまらん!ヒロイン二人とも最高!!読みやすい地の文に、コメディとシリアスのバランスも絶妙です!
が「ナイス!」と言っています。

2022年8月の感想・レビュー一覧
14

カツ@日常
二周目なのに何をやっても上手くいかず、どんどん落ちぶれ、やさぐれていく僕(主人公)がかなり痛い。どんどん腐っていく僕の様子や心情がつらつらと語られる中盤くらいまでは正直読むのがしんどかった。ラノベにあるようなキラキラとした青春は皆無。しかしながら物語後半、明るみになる真実からの急展開で一気に物語にのめり込む。実は身近なところにあった大切な人や幸せ。それに気付く事で、どん底だった人生が色付いていく様子はそれまでの鬱屈した雰囲気を吹き飛ばすには十分だったし、読後感も良かったです。
が「ナイス!」と言っています。
カツ@日常
世界樹の崩壊後、魑魅魍魎が跋扈する暗黒世界を舞台に、超常の力を持ったやばい奴らが殺し合う濃密なダークファンタジー。暗闇の中、異形の敵である濁人が襲ってくる様子はホラー映画さながら。緊迫感満載でグロテスクな表現も多め。そんな濁人に対抗するべく招集された、常軌を逸したメンバー達。こいつらがまた輪をかけてやばい!個性強強で危険な魅力に惹かれます。肉がぶつかり、血が舞い踊る戦闘描写はリアルで濃厚。特に騎士イグルーの戦いがめちゃくちゃ熱くてカッコいい。多くの謎が残ったままなので、是非シリーズ化して欲しい作品です。
が「ナイス!」と言っています。
カツ@日常
序盤から不穏な空気満載でしたが、中盤くらいから凄い勢いで物語のテンションは急降下。底の見えない人々の悪意と叶音の過去はさながら奈落。目を逸らしたくなる展開の波状攻撃にグウの音も出ない。登場人物全員を虐めすぎ!人や化物が壊れる(死ぬ)描写がリアルで鮮明に思い浮かびます。終始救いの無い物語は、メンタル弱い人はそれなりのダメージを喰らうはず。そういった点で万人におすすめするのは難しい。。但し、ハマる人にはガッツリ刺さるはず!そんな凶悪な魅力が間違いなくあります。イラストも作風に合ってて良かった。カッコいい!
が「ナイス!」と言っています。
カツ@日常
少年少女の織りなすロードノベル。止まった時間の中でのそれは、さながら終末旅行のようでもあり、特異な設定と世界観にそそられます。紆余曲折ありながら、目的地である東京に到着し迎えるラストの展開は、やや盛り上がりに欠けた感じがありました。但し、つまらないではなく、人それぞれの捉え方によると思います。とは言え、全体通してしっかり楽しむ事は出来ました。旅を続ける中、主人公とヒロインの現実世界での痛みや辛さと過去の記憶、他人に関わる事により初めて知る喜びや異性に対しての感情にはグッと来ます。読後感も悪くない。
が「ナイス!」と言っています。
カツ@日常
ストーリーに大きな進展はありませんでしたが、中田忍としてはターニングポイントを迎えます。今まで超然としたキャラクター性で何時も「中田忍だから…」で片付けてきましたが、今巻ではそんな忍の人間性に触れる事ができ、何だかホッとしました。そんな中、来るアリエルとの『さよなら』シーンでは感動の展開が待っているかと思いきや…かなり笑わせてもらいました!こういったズレた解釈からの流れが本当に面白いです。そして今巻、一番存在感を発揮したのは由奈。1巻から陰日向の如く忍とアリエルを支えて来た彼女の覚悟と告白に痺れます。
が「ナイス!」と言っています。
カツ@日常
オムニバス形式で四人のヒロイン達と真琴のラブコメをしっかり堪能出来ました。真琴の姉もガッツリ参戦したホワイトデーのお返し回は、落ちも含め笑わせてもらいました。真琴の女装に対しての女性陣の反応とそれに対しての真琴の突っ込みが辛い…笑 そして今巻最大の見どころ、待ちに待った展開からの演奏シーンにグッとくる!今回演奏シーンがかなり少なめだった分、その感動も一入。ここまで長かった。 これにて1年生編は完結。 伽耶を新入生として迎える2年生編が今から楽しみです!
が「ナイス!」と言っています。
カツ@日常
未知の侵略者VS人類の戦争物ですが、ノスタルジックなヒューマンドラマの印象が強かったです。作品全体から滲み出る空気感が独特で、合う人はどっぷりハマる。 信念に従い行動するアシトと、大人のしがらみに縛られ葛藤しながらもアシトに惹かれていくユア。そしてアシトに寄り添い、共に戦う事を選択する幼馴染のエリン。三人の関係性が絶妙でした。物語終盤、利権の為に子供を利用する大人達を出し抜き、死地へ向かう三人の行末は?絶望的な状況の中、覚醒するアシトだが…何とも言えない郷愁に囚われる結末が待っています。続巻希望!!
が「ナイス!」と言っています。
カツ@日常
元気で明るく破天荒なレナが魅力的なのは勿論だが、本筋は翔の成長物語。レナに惹かれ、少しずつ自分のやりたい事や将来に向き合う過程がコミカルかつ情熱的に描かれています。最後まで読むと表紙の謎ポーズがとてもカッコよく見える仕掛けや、ちょっぴりビターな翔の恋模様など、見どころ盛りだくさん!それでいてとても読みやすい。 そして物語ラストのシーンでは… 翔の気持ちと二人の関係性に感極まり、グッとくること間違いなし!読後感もほんと素晴らしい。 夢を持つことの大切さを教えてくれる、最高のボーイミーツガール作品です!
が「ナイス!」と言っています。
カツ@日常
優秀で誰にでも優しく、何事にも献身的な麗良。そんな彼女の奥底に隠された本音とは?物語後半の絶叫シーンにグッときた!今巻も凛華の麗良に対する愛情は、行き過ぎてて笑えます。ポンコツな部分をしっかり露呈。そして愚直に凛華と麗良をくっ付けようと行動する天馬は少しズレてるけど好感度は高い。何だかんだ二人の為に尽力する姿がカッコいい。天馬にも想いを寄せる凛華と、同じく天馬の優しさに心惹かれていく麗良。う〜ん、この三角関係がたまらん!ヒロイン二人とも最高!!読みやすい地の文に、コメディとシリアスのバランスも絶妙です!
が「ナイス!」と言っています。
カツ@日常
主人公視点の話が無く、親友の創や亜梨沙視点で物語は進みます。それにより誠也がミステリアスな主人公となり物語への没入感が増しました。過酷な家庭環境の中、感情を失ってしまった誠也の日常は辛く重い。そんな誠也を支える創と誠也の母親のストーリーにはグッときた。創がかなり良いキャラでした。掴み所はないけども、素直で優しい誠也に徐々に惹かれて行く亜梨沙。紆余曲折ある中、再びすれ違ってしまう二人の気持ち。物語後半、迫るタイムリミットと誠也が言った『朝比奈さんの弁当食べたい』。その意味が分かる時、読み手の感情は最高潮!
が「ナイス!」と言っています。
カツ@日常
悪魔の夜助が天使候補のヒロインに惚れている設定からして面白い!琴音に降りかかる事件の数々を夜助が悪魔的に解決しようとするも、最終的には琴音が天使的に解決してしまう。基本そのテンプレなんですけど、それが抜群に面白い。お笑いの舞台を観てるような感覚!事件、ミステリー、悪魔、天使、などの要素はあれど重たくはなく、軽妙で楽しめる。コメディ色が強く、終始笑わせてもらいました。個人的には夜助の大袈裟な突っ込みと、琴音の「まぁまぁ、うふふ」というセリフがツボ。夜助の琴音に対する偏愛がシュールで笑える1冊です!
が「ナイス!」と言っています。
カツ@日常
読む前はサウナが物語にどう絡むのか?と不思議に思っていましたが、読めば納得。きちんと物語のキーになっています。そしてなんと言っても個性的なキャラクター!なんせ主要メンバー4人のうち3人は変態。高虎はサウナオタク、ベルはドM、魔術師のピィレも特殊性癖が…。そんな濃いメンバー達が繰り広げるサ活の様子や日常会話が大変面白い。コメディファンタジーの位置付けですが、それぞれが目的を持ち、共に行動し、強い敵と戦う王道展開もあり。何気にグッとくる友情描写も。エンタメ要素強めで終始楽しく読める作品です。
が「ナイス!」と言っています。
カツ@日常
ナンパ救済から一転、好感度MAXラブコメがスタート。のっけから攻める攻める!1巻からお風呂イベントまで堪能出来るのは単純に雨音先生の趣味ですね。ありがとうございます。脇を固めるキャラクターでは破天荒な義妹の祭を始め、唯斗にベタ惚れのノエルが可愛かった。姫宮とノエルの唯斗を巡るバチバチにはニヤニヤ。姫宮の王子様設定が余り感じられなかったのと、物語に少し起伏が欲しかったなと思いましたが、ど安定のラブコメで安心して読めました。甘々ラブコメが好きな方ならぜひ。
が「ナイス!」と言っています。
カツ@日常
今回は新キャラ「失恋フラグ」が登場。オッドアイに巨乳という武器を引っ提げ、個性は抜群。死神として優秀な彼女の失恋フラグの立て方が面白い!何気に優秀…笑 決め台詞は「たっちゃった!」(可愛い) 最強の死神No.1に知らず火を付けていく神様が笑わせてくれます。何気に一番タチ悪い。次巻はNo.1とフラグちゃんのやり取りがメインですかね。楽しみです。 毎巻抜群に読み易く、笑わせてくれる本作品。 文句なしにおすすめです!!
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2020/04/07(906日経過)
記録初日
2020/04/11(902日経過)
読んだ本
93冊(1日平均0.10冊)
読んだページ
29260ページ(1日平均32ページ)
感想・レビュー
57件(投稿率61.3%)
本棚
16棚
外部サイト
自己紹介

感想は主にTwitterで行なってます。
#カツのラノベ感想

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう