読書メーターあなたの読書量を記録・管理

3月の読書メーターまとめ

朔ちゃん
読んだ本
11
読んだページ
2437ページ
感想・レビュー
11
ナイス
176ナイス

3月に読んだ本
11

3月のトップ感想・レビュー!

朔ちゃん
ついにきた、インド・ネパール編。予想を上回るエピソードの数々に、ページをめくる手がとまらなかった。衛生環境にうへーとなりながらも、インドに魅せられるのがわかる。体調不良ながらも移動した沢木さん、体力あるなぁ。日本の薬が効かないなんて、一体どうなってしまうの?という終わり方で次巻が待ち遠しい。巻末の対談で、日本に帰ってきてもインドに戻る青年が切なかったのと、日本のカレーとラーメンが素晴らしい食べ物だということがよくわかった。【深夜特急3】
が「ナイス!」と言っています。

3月のトップつぶやき!

朔ちゃん

【読書メーターの本のプレゼントに応募しました】津村記久子 最新作『つまらない住宅地のすべての家』を10名様に。応募受付は4月5日(月)の正午まで。応募はこちらから→ https://bookmeter.com/giftbooks/380?track=share

が「ナイス!」と言っています。

3月の感想・レビュー一覧
11

朔ちゃん
山の神様を大事にして、未来への種を残しながら自然と共生し、熊の命を頂戴してきたマタギたち。オコゼ、サゲフリ、忌み数、など山に入るには掟があり、敬虔をもって生きる姿に感動を覚えた。白神山地、とても行きたいけれど、生半可な気持ちで行ってはいけないと思った。「八甲田山」と「山津波」の話には人間の愚かさに怒りを感じた。また個人的に、マタギを主人公にした「邂逅の森」を再読したくなった。
が「ナイス!」と言っています。
朔ちゃん
ついにきた、インド・ネパール編。予想を上回るエピソードの数々に、ページをめくる手がとまらなかった。衛生環境にうへーとなりながらも、インドに魅せられるのがわかる。体調不良ながらも移動した沢木さん、体力あるなぁ。日本の薬が効かないなんて、一体どうなってしまうの?という終わり方で次巻が待ち遠しい。巻末の対談で、日本に帰ってきてもインドに戻る青年が切なかったのと、日本のカレーとラーメンが素晴らしい食べ物だということがよくわかった。【深夜特急3】
が「ナイス!」と言っています。
朔ちゃん
1ページ2段だったが読みやすく、読みごたえたっぷりのミステリー短編集だった。どの作品も、思いもよらない終着地に目を見張ってばかりだった。中でも「夫の骨」「さかなの子」が印象に残り、作家さんを追ってみようと思った。巻末の、日本のミステリー受賞作品一覧が圧巻だった。次はなに読もうかな?のときの参考にしたい。
が「ナイス!」と言っています。
朔ちゃん
読了後は確かに、美術館に行って絵画を見たくなる本だった。絵画の見方を知ることで、面白さが何倍も違うと思う!センスなど感覚によるものかと思いきや、意外にロジカルで科学的だった。全体的にわかりやすかったが、「構図」がちょっと難しかった…。でも、読む前と読んだ後では全然違う。絵画が好きなら絶対読むべき!と思う本だった。
ちろ
2021/03/27 00:37

はーい!いつでも遊びにきてくださいネ(^^)/

朔ちゃん
2021/03/27 08:39

はーい!いきまーす♪(*´∀`)ノ

が「ナイス!」と言っています。
朔ちゃん
怪童さんとの売り上げ競争。2種類あるうち、どちらかを選ぶ方法は面白かった。が、巻き込まれたお客さんはたまったもんじゃないな…と同情する。でも面白い!最後の「餓鬼ニッキ」にじんわり感動した。いろいろなお客さんがいて、お店番の紅子さんも飽きないだろうな。【銭天堂7】
が「ナイス!」と言っています。
朔ちゃん
やはり予想通り、一番の悪女はあの人だったか…。味方も増えれば敵も増えて、キナ臭い展開になっていく。ネタバレしないように感想を書くのが難しい…。胸キュンもたくさん出てきたが切なすぎる。みんな幸せになってほしいなぁ…。【威風堂々悪女4】
が「ナイス!」と言っています。
朔ちゃん
一つ一つの悩みに真摯に向き合い、時に厳しいけれど、根幹には優しさがかいまみえる回答集だった。「世間」というものの怖さに、震える。だがそれに立ち向かう処世術を教えてもらった。読んだ後、確かに気持ちがほがらかになった。第二弾もあるようなので、読んでみたい。
が「ナイス!」と言っています。
朔ちゃん
禁欲だと思っていた尼僧さんたちの生活、なんだか女子校みたいだった。人生経験な女性たちが集まる分、複雑な交友関係が広がり…でもみんな大人だから冷静で淡々としている。ドイツが舞台だけど、あだ名がどこか東洋風で、登場人物たちに親近感がわいた。第一部では噂話にとどまっていた尼僧長。どんな人だろうと思っていたら第二部の主人公になっていた。駆け落ちに至るまでの話、読みごたえがあった。 自分で決める、って大事なことだなぁ…(なかなか難しいけれど…)。
が「ナイス!」と言っています。
朔ちゃん
タイとマレーシア、そしてシンガポールへ。宿泊先に「ゴールデン」がつく偶然に笑ってしまった。国にも相性があるのかもしれない。沢木さんの物足りなさが前面に出た旅行記だったが、読む方としてみれば面白さは変わらなかった。マリさんのところが切なかったね…乗り物の中での盛り上がり、こういうのも旅の醍醐味かな。【深夜特急2】
が「ナイス!」と言っています。
朔ちゃん
ですます調にたじろぐも一瞬。1話1話が面白くて、のめりこんで読んだ。江戸の風俗も楽しめる。欲をいえば、お静さんとの恋愛模様をもうちょっと読みたかったかな。八も良いキャラで、人気に一役かっている。【銭形平次捕物控傑作集1】
が「ナイス!」と言っています。
朔ちゃん
2時間サスペンスを見ているような…。因縁つきの「ジゼル」の話に合わせているから尚更面白く、ドキドキして読んだ。蘭丸くんが好き。続巻も読みたくなった。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2020/04/13(369日経過)
記録初日
2020/04/20(362日経過)
読んだ本
147冊(1日平均0.41冊)
読んだページ
42012ページ(1日平均116ページ)
感想・レビュー
147件(投稿率100.0%)
本棚
4棚
職業
事務系
自己紹介

※郁穂(かほ)改め、朔ちゃんになりました。

主に小説を読みます。
割りと何でも読む方だと思いますが、
まだまだ知らない本がたくさんあります。
読書メーターで、さらに多くの本、皆様のレビューと出会いたいです。

そして…これからの人生も、本と共に過ごしていけたら嬉しいです( ´∀` )b

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう