読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2022年9月の読書メーターまとめ

オセロ
読んだ本
32
読んだページ
10100ページ
感想・レビュー
32
ナイス
2062ナイス

2022年9月に読んだ本
32

2022年9月のお気に入り登録
5

  • リュウ
  • めーてつ
  • ふゆくろ
  • やまるん
  • らいら

2022年9月のお気に入られ登録
7

  • リュウ
  • めーてつ
  • あや
  • ふゆくろ
  • やまるん
  • Kanazawa  Dai
  • らいら

2022年9月にナイスが最も多かった感想・レビュー

オセロ
平行世界の存在を人知れず知ってしまった高崎暦と佐藤栞。密かに結婚の約束を交わした2人だったが、親が再婚すると聞き、結婚出来ないと思ったことで2人は結婚出来る可能性を込めて平行世界へと逃げるが、そこで栞が交通事故に合ってしまい…。 愛する人を救う為に全てを投げ出して研究に没頭する暦の姿は痛ましかったですけど、平行世界では結婚相手の和音に支えられて、行き詰まっても可能性を模索し続けて、『君を愛したひとりの僕へ』に繋がるラストにはグッとくるものがありました。
が「ナイス!」と言っています。

2022年9月にナイスが最も多かったつぶやき

オセロ

8月もたくさんのナイスありがとうございました。先月に読んだ本の中では『雨の日のアイリス』や『ブロークン 落陽騎士は偽り姫に凱旋を捧ぐ』などのが個人的にお気に入り。 それでは今月も素敵な本に出会えることと、皆さんの健康を祈って。 2022年8月の読書メーター 読んだ本の数:34冊 読んだページ数:10957ページ ナイス数:2059ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/1140575/summary/monthly/2022/8

が「ナイス!」と言っています。

2022年9月の感想・レビュー一覧
32

オセロ
こういう物語好きですね〜 小さなフレンチ・レストラン“ビストロ・パ・マル”を訪れるお客様の悩みは様々だ。 失踪した妻の理由、甲子園に行けなかった野球部の謎、かつてのフランス人の恋人が最低のカスレを使った理由などなど。それらがスタッフ達の優しい心遣いと美味しい料理と共に解決されるのだから最高でしょうね。大満足の一冊でした。
アンさん
2022/09/30 16:09

ナイスありがとうございました。美味そうな料理と謎解きが楽しめる2度美味しい本ですよね。

オセロ
2022/09/30 17:55

こんなレストランがあったら常連になりそうです笑

が「ナイス!」と言っています。
オセロ
久々に続刊が出るとのことで再読。次巻も楽しみです。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
【祝・完結】 真音さん、いやそんな真音様の人となりにはグッとくるものがありましたね。そして個人的に一番心に響いたのはコノハさんのエピソード。 あとがき(驚異の18ページ笑)にもあるように前半と後半の巻で毛色が異なりましたが、どちらも面白く、個人的に大満足のシリーズの一つになりました、
オセロ
2022/09/27 21:00

DLCも楽しみです!

が「ナイス!」と言っています。
オセロ
【決着の一冊】 千秋の思いがけない行動で天道さんが壊れる様子は哀れでしたけど、そんな天道さんが起こした行動も、千秋の選択も彼女達らしいものだなと。そして、彼女達に出した雨野の答えも彼らしいもので。 最終巻となる次巻が楽しみです。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
【今までで一番衝撃のラスト…!!】 魔王・真音と雨野の亜玖璃を賭けた勝負は予想通りでしたが、真音の人柄は予想外で、雨野に残した言葉は金言ですね。天道と千秋からの雨野へのバレンタインチョコは共にらしいもので、個人的に千秋のがめっちゃいいなって思ってたら、まさか真音の言葉が千秋を動かすとは!これは続きが楽しみです!
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
引っ越し先で起こる不可解な殺人を推理小説の素人探偵兄妹が挑むミステリー。 文章に若干のクセがありますが、途中で整理してくれるのがありがたい。 特に犯人を特定する終盤は、ところどころにあるヒントを繋ぎ合わせていく流れは圧巻で、大満足の一冊でした。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
クリエイターの道を諦め、広告代理店の社長として充実した日々を過ごす恭也。そんな恭也の元に未だにクリエイターの道でもがき続ける川瀬河からの電話が恭也の運命を動かすことに。 ゲーム制作の協力という川瀬河からの思いがけない依頼を今の自分に受ける資格はあるのかと揺れる恭也への思いがけないメッセージ、大学時代に諦めた恭也の夢をかつての仲間達と共に叶えようとする展開は最高に熱い! 遂に最終巻となる次巻が今から楽しみです!
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
兄と生き別れた日に「一つ目の男」が残したバックパックの相棒バグと共に人を遠ざけて過ごしている弟切飛。そんな飛の秘密を知る白玉竜子が現れ、切の生活が少しずつ変わり始めたある日、クラスである事件が発生。どうやらその原因は2人が確認出来る人外の存在にあるようで… それぞれ異なる異能を持った人外のバトルは趣向に富んでいましたし、事件の真相を巡って浮き彫りになるクラスメイト達の悩みに人外の存在が一枚噛むことでなかなか深刻なものになっていました。 飛と龍子の関係がどうなるのかなど、続きが楽しみです。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
【今までに比べると…】 正月早々、偶然出会った雨野と千秋が相変わらず息ピッタリな姿を見せる中、そんな2人をストーカーしていた天道がこの関係に期限を儲けると提案し始まる今回の物語。 亜玖璃とのファミレスでの作戦会議を辞めようと提案した雨野が、上原達と迷子の少女を助けたと思ったら亜玖璃のドタバタに巻き込まれるラスト。 いろいろ誤解を招きそうな気がしますが続きがどうなるのか続きが楽しみです。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
ネタバレ 歪んだ関係から始まった2人の関係も落ち着くところに落ち着きましたね。続きがあるなら読みたいです。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
降って沸いた湧いて出てような瑠璃の結婚話。不夜城家の当主が学長を務める虚の箱舟に行く前後で結婚への態度が全く異なる瑠璃の態度に異変を感じた無色が彩禍として黒衣と共に、虚の箱舟へと潜入調査する今回の物語。 特別講師として虚の箱舟に入ったにも関わらず、露骨に怪しい態度を取る理由を探る為に様々な手を駆使するもなかなか上手くいかず。そんな折に起きたハプニングを通じて見えてくる不夜城家の野望にはゾッとしましたけど、瑠璃の覚悟にはグッとくるものがましたし、何やら無色にも謎がありそうで、続きが楽しみです。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
【祝・アニメ化!】 龍斗と月愛が互いに一歩踏み出そうかと意識する中で迎える修学旅行。 浪人生の関根に想いを寄せるニコルに恋したニッシーの葛藤、イッチーのことが好きだけど素直になれないアカリの苦悩、今まで感じたことのない月愛の反応に戸惑う龍斗。三者三様の恋の悩みを抱えつつも、それぞれが将来の事を真面目に考え出すことで物語にも深みが出てきたかと。 そしてラストはそういうことですね?次巻も楽しみです!
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
【祝・完結】 フローラによるキャルバニアへの強襲、魔王と化したエンデアの魔法により世界が破滅に向かう中、アルヴィンは魔王討伐を、シドはある決意を固める。 アルヴィンとエンデアの関係、シドが野蛮人と呼ばれる理由、そしてフローラの恐るべき野望。次々と真実が明らかになる怒涛の展開の中で、確かに感じられる生徒達の成長、アルヴィンに芽生える王としての自覚、そして新しい時代を切り拓いていこうとする彼女達の姿にはグッとくるものがありました。 羊太郎先生の次回作も楽しみにさせていただきます。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
世界を滅ぼす厄災として断頭台に向かう途中に事件に巻き込まれ、死刑を免れた竜の少女・伊良子燐音。そんな燐音を狙う組織から助けた高校生の少年・太宰龍之介は世界を救う為に結合魂魄術式ーケッコンーして始まる王道ファンタジー。燐音と同じ幻想因子を持つ吸血鬼の少女・真理と時に龍之介を巡って時に喧嘩したりする中で確かな友情が生まれる一方で、後半の怒涛の展開は読み応えがありましたし、龍之介と真里が燐音を想う気持ちにはグッとくるものがありました。 とは言えまだまだ気になる謎も多々あり、続きが楽しみです!
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
長きに渡った帝国の王位継承問題がひと段落したのも束の間、フラーニャがウェインにナトラの王になると宣言し、その水面下でフラム人の独立運動が没発する今回の物語。 二ニムがフラム人の始祖の子孫だと分かり、独立に躍起になるフラム人達と現実問題の間で板挟みになる二ニム。そんな二ニムとウェインの出会いは尊いものでしたけど、予想外のラストには驚きましたね。 カルドメリアの狙いは何なのかなど、続きが楽しみです。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
不純愛を謳った今作ですが、その根底にあるものは確かな愛だったと思います。 春香に時雨が義兄妹であることを明かし、春香に別れを切り出すことを決めた博道だったが、ひょんなことから春香に2人の関係を知られてしまい…。 博道と別れたくなくてらしくない行動を取る春香と、春香に正論を突きつける時雨。そんな3人の関係にひと段落付いたところで起きた出来事は衝撃的でしたけど、それがあったからこそ迎えた納得の結末。 矛盾しているかもしれませんが、確かな愛を感じられる、最高の不純愛物語だったと思います。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
アニメではあまり描かれなかった喫茶リコリコの物語。 お客さんの悩みに真摯に寄り添いながらも千束の勘違いですれ違うコメディと、きっちり悩みを解決を解決に導くお仕事パートの塩梅が絶妙でした。 ただ、個人的には千束・たきなと他のリコリスとの絡みが見たかったなと。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
もう感情がグチャグチャですよ…。 桐島を共有するうえで決めた抜け駆け禁止のルールを橘さんが破り、桐島と別れて欲しい早川さんと、桐島と別れるなんて考えられないという橘さん。 そんな袋小路の3人の関係が柳先輩のある提案で更に泥沼化することに。 桐島のことを思ってついたある嘘が明るみになったことで迎える想像し得る中でも最悪のラストで、大学生編は一体どうなるのか気になるところで予想外のエピソード。 今後も目が離せないシリーズですね。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
夏休みになっても天使に休みは関係ない(笑) 冴華の問題を解決したのも束の間、天使の正太が伊緒だと知る後輩の瀬名光莉が現れる。 湊や冴華と違って、今回は伊緒が光莉のサポートに徹する展開でしたけど、その中で女子会を通じて深まる女子の友情や、花火大会での伊緒達の心に刻まれるものは青春そのもの。 そして、光莉の恋愛観に触れた伊緒の止まった時間が動き出すのか、次巻が発売されることを願っています。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
互いに恋人だった前世の記憶を思い出し、うっかり兎羽の前で獅子乃とキスをしてしました大吾。このことで大吾と兎羽の新婚生活に暗雲が立ち込める一方で、獅子乃にある考えが思い付き…。 兎羽を幸せにしたい気持ちと、獅子乃との前世での関係で揺れ動く大吾の気持ちが絶妙ですね。 それもそのはず、平行世界のように幾つも存在する前世では獅子乃と、現世では兎羽と恋人関係。前世と現世で関係が対になっていることを互いに意識していて。激化するヒロインレースの行方が楽しみです。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
超管理社会になった世界で、気軽に獣の姿になれる〈怪物サプリ〉で人々が匿名と自由を謳歌出来る唯一の街〈管制スラム〉。そんな街で〈害獣駆除〉の仕事を請け負う吸血鬼の霞見零士と人狼の頼山月の物語。 零士と月が関わることになる事件の仕事はどれも関係ないように見えて繋がっている構成は読み応えがある一方で、零士が“普通”に憧れる理由は切ないものでしたけど、仕事を通じて友達が出来る展開にはグッとくるものがありました。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
高校卒業式の日、国民的ミュージシャンのニ斗千華が失踪。そんな二斗の元カレで高校生活に悔いを残す坂本巡が天文同好会のピアノで二斗の曲を弾くと入学式の日に戻っていて。二斗を救う為に巡が奮闘するやり直し青春ラブコメ。 過去と現在を行き来するというタイムリープものでは珍しい設定でしたが、巡が過去を少しずつ変えた事で、現在にどんな影響が出ているのか分かるのは斬新。 巡の努力の甲斐もあって、良い方向に未定が変わり始めたと思ったらまさかのラスト。現在のヒロイン・真琴との関係がどうなるかなど、続きが大いに気になります。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
勃起不全という自らの悩みを題材にした小説で新人賞を受賞してして以来、小説が書けなくなった月野シズクこと月岡雫。そんな雫の前に、自分の案で小説を書かないと雫の秘密をバラすという一之瀬琥珀が現れ。凸凹な2人が紡ぐクリエイティブラブコメ。琥珀のアイディアとそれを雫に想像させる手段は想像の斜め上過ぎてドン引きでしたけど、何故か全てが上手くいくかに思えたところで突然立ち込める暗雲。天真爛漫だけどミステリアスな一面も持つ琥珀の秘密を知った雫が起こした行動の先にある、どんでん返しのラストにはグッとくるものがありました。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
地上に氷河期が訪れ、白雪姫という地下シェルターの揺り籠で人間は眠り、意思を持ったロボット達が暮らす世界で、ロボット達の信頼を集める副村長のアマリリス。そんなアマリリス達が信じる人間達の秘密を知ってしまい、重要な選択を迫られる。今まで通り人間に尽くすか、人間を見捨てて自分達が生き残るか。人間もロボット達も大切に思う心優しいアマリリスだから思い付いた案は想像以上に過酷なもので。様々な決断を迫られたアマリリス達が次々と浮かび上がる困難を乗り越え迎えた結末は切ないけれど、かけがえのないものだったと思います。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
ある大学の女性職員の悠木さんが学生達に斡旋するアルバイトを巡る5つの短編集。 アルバイトの具体的な内容は明かさず、悠木さんの「あなたは行くべきよ、断らないでね。」の一言から始まり、怪綺談やホラーチックなミステリーなどジャンルはバラバラだけれど、そのどれもが学生達の悩みに寄り添ったもので。アルバイトを通じてがそれぞれの学生の成長に繋がっていく様子や、タイトルに込められた意味が分かるラストにはグッとくるものがありました。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
『君を愛したひとりの僕へ・僕が愛したすべての君へ』のスピンオフ。 暦が願った栞が交通事故に合うことのない世界はを舞台にした物語で、栞が平行世界の影響を受けながらも登場人物全員が幸せになり、栞の願いが果たされるラストにはグッとくるものがありました。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
平行世界の存在を人知れず知ってしまった高崎暦と佐藤栞。密かに結婚の約束を交わした2人だったが、親が再婚すると聞き、結婚出来ないと思ったことで2人は結婚出来る可能性を込めて平行世界へと逃げるが、そこで栞が交通事故に合ってしまい…。 愛する人を救う為に全てを投げ出して研究に没頭する暦の姿は痛ましかったですけど、平行世界では結婚相手の和音に支えられて、行き詰まっても可能性を模索し続けて、『君を愛したひとりの僕へ』に繋がるラストにはグッとくるものがありました。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
平行世界に人々が行き来している現象が確認された世界を舞台に、余命1ヵ月の高崎暦に残された謎のメッセージから始まる物語。 平行世界が存在するからこそ生まれる悩みや事件なんかもある一方で、愛する人との出会いは尊いもので。そして謎のメッセージの場所に現れた謎の人物とは果たして…
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
夏休みになり、雛子達と共に軽井沢の高級ホテルで行われる夏季講習に参加することになった伊月が雛子のお世話係になって以来、ニアミスを繰り返していた幼馴染の百合と突然の再会を果たす今回の物語。 パジャマパーティー、海水浴、花火など非日常的な空気の中で百合の巧みな話術(?)で成香と美麗が伊月のことを意識しだす一方で、百合が抱きだすある不安は真っ当なもので。短い期間とはいえ百合と離れた間に成長した伊月だからこそ百合の悩みを解決することが出来て、そんな百合が雛子に残した言葉がどんな影響を与えるのか、続きが楽しみです。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
交際1ヵ月の記念日に陽信に全てを告げると決めた七海。そんな2人の最後のデートは外国をモチーフにしたテーマパークや動物園を巡りながら今までの思い出を振り返る展開は なかなかエモかったですね。 そして迎えた運命の1ヵ月記念日では互いに秘密を打ち明けて、本物の恋人になった2人のこれからが楽しみです。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
産業スパイの江間宗史が任務で訪れた研究施設で昔馴染の女子大生・真倉希沙美と再会したのも束の間、研究施設がの破壊工作に巻き込まれ、希沙美は大怪我を負ってしまい。そんな希沙美を救ったのは未知の細胞だったが、この細胞にはある秘密があって。 希沙美に宿った細胞と一体化した彼女をアルジャーノンと名付け、江間との奇妙な共同生活を通じてアルジャーノンに様々な感情が生まれる中で、アルジャーノンの身に起こる異変、謎の細胞を狙う組織とのスパイらしい情報戦。 切なくて儚いないけれど納得のラストでした。
が「ナイス!」と言っています。
オセロ
大人気アイドル・蒼衣ツバサの熱狂的ファンの影石竜也。そんな竜也がクラスメイトのナマイキでガキのような赤羽舞花がツバサ本人だと知ってしまい、その上舞花は早く彼氏を作らないと許嫁と結婚させられアイドルを引退しなければいけないと知り、絶望する竜也が舞花から偽の恋人になって欲しいと頼まれる青春ラブコメ。 舞花のナメた態度に苛立つも、推しのアイドル・ツバサ本人だと思うと許しちゃう竜也の反応は苦笑いでしたけど、舞花がピンチになった時の竜也の行動力にはグッとくるものがありました。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2020/06/02(858日経過)
記録初日
2020/06/03(857日経過)
読んだ本
867冊(1日平均1.01冊)
読んだページ
268354ページ(1日平均313ページ)
感想・レビュー
771件(投稿率88.9%)
本棚
0棚
外部サイト
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう