読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2022年4月の読書メーターまとめ

ykmmr (^_^)
読んだ本
19
読んだページ
6582ページ
感想・レビュー
16
ナイス
5296ナイス

2022年4月に読んだ本
19

2022年4月のお気に入り登録
35

  • ヨノスケ
  • もりくに
  • 🍒@受験生🌈🌺🌴
  • アブラハム
  • ナオフミ
  • ゆりあす62
  • takj
  • bengineek
  • 紗綾
  • スタカン(旧べっこ)
  • Yasutaka Hori
  • MI
  • キイロイネコ
  • はな
  • Lotos-Eaters
  • 肉嬢★
  • まみこ
  • 海月
  • サラ(時々にきぴょん)
  • 復帰しました。もっちです。
  • くろえみ
  • 彩菜(新垢)
  • かずは
  • 亀太郎
  • Nog
  • hon no shiori
  • コブタ
  • 菜食主義@目覚めの刻!
  • Yori
  • 夜の手ざわり🌙☆*.+
  • Masa
  • koushi
  • 井の中の蛙
  • esop
  • yoshi

2022年4月のお気に入られ登録
38

  • ヨノスケ
  • もりくに
  • 🍒@受験生🌈🌺🌴
  • アブラハム
  • ナオフミ
  • ゆりあす62
  • takj
  • あんず
  • bengineek
  • 紗綾
  • スタカン(旧べっこ)
  • yutaro sata
  • Yasutaka Hori
  • キイロイネコ
  • MI
  • はな
  • 肉嬢★
  • スター
  • まみこ
  • 海月
  • サラ(時々にきぴょん)
  • 復帰しました。もっちです。
  • くろえみ
  • かずは
  • 彩菜(新垢)
  • 亀太郎
  • Nog
  • hon no shiori
  • コブタ
  • Yori
  • 菜食主義@目覚めの刻!
  • がんもどき
  • 夜の手ざわり🌙☆*.+
  • Masa
  • 井の中の蛙
  • koushi
  • esop
  • yoshi

2022年4月にナイスが最も多かった感想・レビュー

ykmmr (^_^)
本音を言う。やはり、主人公の優子が凄い。昔、私たちの世代で似たようなアニメ(最初、漫画本)があったけれども、あれだって、主人公は同じような出来事に抵抗していたのに。変に、『慣れっこ』になりすぎてしまっているのか、その時その時をスッと受け入れている。優子と同じように腹を括れるヤツは、この世にどれくらいいるのか⁇でも、学校の友人関係に悩んだりは、やっぱり普通の女の子なのね。彼女のの親たちも、皆、自分の感情に正直で、自由奔放なのだけど、優子に対する『愛情』は絶大で、優子もそれを理解出来ていたからこそ、
ykmmr (^_^)
2022/04/13 12:07

皆を許し、状況を受け入れたのはわかるけど。料理もオムレツや餃子、カツ丼というところが、オトコの料理という感じで良いし、美味しいよね。森谷さんは何でかんで言いながら、優子バトンを婚約者に繋いだ。優子夫婦がどんな家庭を築いても、沢山の親たちが見守ってくれるのだろう。

が「ナイス!」と言っています。

2022年4月にナイスが最も多かったつぶやき

ykmmr (^_^)

2022年3月の読書メーター 読んだ本の数:19冊 読んだページ数:6221ページ ナイス数:6186ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/1142680/summary/monthly/2022/3

yomineko@背番号17
2022/04/03 06:16

おはようございます😊ママです!ママ!ママ!←連呼しない様にw母の日ですよね🌹🌹🌹キャットタワーはこんな感じです。 https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC/

ykmmr (^_^)
2022/04/03 12:41

yominekoさん…見せて貰いました❤︎ネコたちにしてみたら、必要な遊び場だけど、こっちとしては悩むねー😅アリョーシャくんの為に良いのを選んであげてね❤︎ ママ❗️

が「ナイス!」と言っています。

2022年4月の感想・レビュー一覧
16

ykmmr (^_^)
2巻と同じ。東日本大震災への投稿が、若干多め。
が「ナイス!」と言っています。
ykmmr (^_^)
文集第2段。四国地方の自治体とコラボ。東日本大震災被災者の追悼文も載っている。
が「ナイス!」と言っています。
ykmmr (^_^)
まずはこの曲が『名曲』であるということ。本曲が、作詞者不詳なんて勿体無い。そして…新井さんの訳が最高であり、歌い手に秋川さんを選んだ事にも「センス」がある訳で…。この本は、この「歌詞」をモデルに、さまざまな理由で大切な人を失った人たちが、その亡くなった人への想いをしたためた文章を集めた文集。「書く」という事には『素人』かもしれない。でもだからこそ、誠実に・素直に文章にされている。
が「ナイス!」と言っています。
ykmmr (^_^)
ある意味、謎の死を遂げたオトコの姿がはっきりしていくのと同時に、それを取り囲む登場人物たちも、自分たちの姿と向き合い、変わっていく。千春は故郷で浄化され、自分を取り戻し、思春期に色々な事を良くも悪くも吸収する従弟、佑樹を支える。その母の海歩子は息子の出生の秘密を打ち明けるか否かに悩む。真帆は自分の『父像』とあまりにもかけ離れた当人の姿に愕然とするが、父が婿である事への理解を示し、父の事を受け入れる母を支え、顔を知らない腹違いの弟を想像する。そんな人物たち全てに向き合い、誠実に対応する平岩社長。
時計うなぎ
2022/04/30 01:25

この作品は、複雑な背景を抱えた人たちがたくさん登場して、読み手のバックグラウンドによって共感する人物がそれぞれ異なるんだろうなって思いました。最後に佑樹と千春が田園から港へ自転車で滑走する描写が美しく、鮮やかに風景が浮かんできました。素敵な作品でした。富山には毎夏に訪れていたのですが、今年は機会がなさそうで残念です。富山の水道水はモンド・セレクション受賞🎖だそうです。

ykmmr (^_^)
2022/04/30 22:06

時計うなぎさん…そうですよね。読み手が好きな人物が、みんな異なる事を上手く利用していますよね🙄富山や新潟は、酒の産地なのもあり、本当に水が美味しい❣️うちの父が汲んでくる水も、本当に美味しいです。それで、かき氷を作ったりしたもんには…❤︎

が「ナイス!」と言っています。
ykmmr (^_^)
読友さんが感想をあげており、次はこの本を読もうと決めていた輝さん作品。実は、富山舞台はそこの名水が好きな父の付き添いで、結構行っている。書いてある橋のモデルなのかな?の『やまびこ橋』も通った事がある。そんな富山の遠景と、歴史あふれる京都・首都東京が、舞台としてコラボする。『父』・『(不倫)恋人』・『職人』・『夫』の4つの顔を持つ人物の死を皮切りに、彼と関わる人たちが、繋がっていく。一見、クセがありそうな人でも、実は悪人とかではなく、その人の人生観が出来ていて…という輝さんスタイルであるが…。
時計うなぎ
2022/04/30 01:17

本当に登場人物が多くて関係が複雑ですよね。私は自分で人物紹介を作って、時々参照しながら読みました

ykmmr (^_^)
2022/04/30 22:03

時計うなぎさん…輝さんの作品は、これに限らず、登場人物多めですよね😓まあ、上手く書けているんで凄いんですけど🙄ロシア文学とかはもっと、多いんだろうな…と思います。私もその時は系図作りかな…。

が「ナイス!」と言っています。
ykmmr (^_^)
実は昔から、この本の題名にインパクトを感じていた。内容は一応は存じてはいたものの、実際に自分の中に取り入れる事はしなかった。主人公の老人が、ある少年にと『目』だけで知り合い、一言では語り尽くせない、ある『特別』な感情を持つわけ。それが、泉の水面に映る自分に『恋』をした、ギリシア神話と結びついている。さらには、少年に何かをする訳でもなく、しかし、少年に執着するがあまり、自分の『芸術家』としての営みもしなくなり、伝性病により逝去。周囲に衝撃を与えるも、本人はそれはそれで幸せなんじゃないかと
まゆだま
2022/04/29 11:44

ついに、読まれたのですね!お疲れさまでした。私は映画だけで終わっちゃいましたが・・・

ykmmr (^_^)
2022/04/29 14:27

まゆだまさん…まあ、意外に読めたけど…という感じです😓理解・昇華にはまだまだ…。陰に潜んだ実力者…トーマス・マンですね。

が「ナイス!」と言っています。
ykmmr (^_^)
日本史・世界史それぞれの、『知の巨人』の対談。戦争経験者で、人生経験も豊富な半藤さんと、その世界史における知識と見解を買われ、「何故か…」保険会社の社長さんをしている出口さんの対談話。半藤さんとのご対面に緊張する出口さんが、正直、可愛い位なんだけど…対談を始めると、相手の話を聞き、きちんと敬意も払う半藤さんに合わせて、出口さんも、世界史のウンチクを語れていた。色々な話が印象に残ったが、総体的な話をまとめると、「日本は世界史も含めた歴史の中では、今も昔も後進国。」
ykmmr (^_^)
2022/04/29 14:31

大阪魂さん…お久しぶりです❗️半藤さんは、映画化もされた『日本のいちばん長い日』の作者です。東大出身の博学で、戦争経験者でもあるので、大戦史・昭和史の著書が沢山ある方です。私も、今読み進めています。私は出口さんの本を読んだことがないので、今度読みたいですよ😊

ykmmr (^_^)
2022/04/29 14:33

まゆだまさん…そうですよね。まだ74歳だからお若いのに。大丈夫かな…。

が「ナイス!」と言っています。
ykmmr (^_^)
実は『多彩』という言葉が似合う、さださん。歌だけではなく、トーク能力もあり、話も面白い。そんな彼が小説を書くとはね。実は、シュバイツァーやマザー・テレサの海外慈善事業に感銘し、自○隊や青年海外○力隊に入ってこういった事をしてみたいと、若い頃考えていた私には目を引く内容。実質、シュバイツァーの影響を受ける所から話がスタート。彼の人柄・真っ直ぐな言葉・決意などが周囲の人物から語られ、恋人を置いて旅立った事も、寂しく・悲しい事ではあるけど、お互いの『人生』を送る事への、1つのきっかけとなる。
ykmmr (^_^)
2022/04/29 10:19

恋人も場所と関わる人も変わるが、同じ道を歩むと言うことであり、最期はケニアの世相そのままに、生涯を終えてしまうが、彼の教え子が、東北被災地まで、彼のバトンを運んでくる。彼の想いは教え子を通して、東北の被災者に希望の風を吹かせた。

が「ナイス!」と言っています。
ykmmr (^_^)
ミステリー初心者にて…他の作家さんと同じ…アガサ・クリスティー初読。(伝記なら何回も読んだ事があるという…。)感想として…まずは、わかりやすくて読みやすい。今までがぎちぎちな感じが多くて大変だったのに対し、章間が短くて気持ちが楽で世界に入りやすい。それでいて、短い文章の中に、書くべき事がしっかり書いていて、読者の読むペースがコントロールされており、読後感も良い。容疑者が全員、殺害されてしまい、犯人がいない…。と思いながら、最後は『犯人』にしっかり結びつき、『動機』にも、朝に納得出来てしまう。
悠里
2022/04/26 22:56

アガサ・クリスティーは私にとってミステリーにハマるきっかけになった作家さんです。何度読んでも飽きないのが凄いなと思います。

ykmmr (^_^)
2022/04/29 14:38

悠里さん…私はミステリーが苦手なので、今まで手をつけた事がないくらいでした。最近は、国内著者の作品を読み、少しずつ慣れてきましたが…。でも、今回、アガサ作品を初読みで…正直、国内著者たちより読みやすく、理解出来たのが驚きでした。次は、オリエントやABCなども読みたいですね。コナン・ドイルも読まないとね❣️

が「ナイス!」と言っています。
ykmmr (^_^)
板東さんの名作と共に、彼女の『考え方』をそのまま知れる書物。書かれている事は、決してガチガチではなく、普通にある事。しかし、『女性らしさ』や『女だから』というのは…普通にその時代やご時世も関わって来るよね。さらに、住んでいる場所も。やはり、日本はまだまだ女性の地位が低い訳だから、「こうありたい。」と思っても、勝手に何かが阻んでくれちゃうよ。『男尊女卑』な方々も多いし、その中で「自分の出来る事」をやるしかないのが日本だし。まあ、女性が得意な『時・場・礼』は難なくこなせる様になりたいよ。
が「ナイス!」と言っています。
ykmmr (^_^)
都会を離れ、田舎住まいを始めた破天荒夫婦。『ムコ』さんと『ツマ』ちゃん。まだ、良くわからないけど…各章冒頭に書かれている『黄色いゾウ』の童話も含め、この独特感が、西加奈子さんの世界なんだろう…というのが、まず感想。(正直…最初の童話には…驚いた 笑。)沢山の個性派且つ魅力的…抽象的な皆様に囲まれて、とても『幸せ』な生活を送っていて…しかし…。「相手を知る。」→「理解しようとする。」→「葛藤」→「受容」の過程が、自分たちにも言えるが、同世代の夫婦あるあるで微笑ましい。
CABIN
2022/04/26 19:25

ムコさんとツマさん、羨ましいくらいの夫婦仲でした。

ykmmr (^_^)
2022/04/26 22:04

CABINさん…初々しさが何とも言えない。ただ、都会より、田舎の方が合っているのは間違いない 笑。

が「ナイス!」と言っています。
ykmmr (^_^)
シャルルとエンマ夫妻の組み合わせ。こう言う夫婦は、こんな感じとなり、こう言うオチになると言うのが鉄板。これは『小説』ネタとして欠かない話。この作品はその内容より、こんな内容を、1つの『書物』と『芸術』として美しく描き上げた、作者の『実力』を見せるものなのかと思う。自由奔放すぎて、自分自身で『展開』をどんどん変えてしまうエンマ。『肩書き』と『プライド』で彼女を上手く『操縦』出来ないシャルル。その真逆の姿の対比性が良い。まあ、若くして結婚してしまい、大人になりきれていない。それが子育てにも連鎖している。
ykmmr (^_^)
2022/04/26 08:39

最近、『風と共に去りぬ。』に始まり、気がついたら、女性の『人生記』ばかりを読んでいた事に気づいた。読まされた女性全員が、自由奔放で強い。でも、何処か魅力的でオトコを手玉に取る様な人ばかり。まあ、これも、女性『人生記』には鉄板かな。

が「ナイス!」と言っています。
ykmmr (^_^)
最近、知られるようになったこの言葉。様々な状況で、若いうちから、親の『面倒』を見たり、『介護』をしないといけない環境に陥る。たまに見るけど、勿論優しいがあり、頑張っていてそれは良いのだが、この本に書いてある通り、引きこもり状態になり、自分の『意思』についての関心が薄いのだけど、それを超えて、『達観』という次元に変わり、「自分はこの運命だから、仕方ない。」と思っている面がある。しかし、『介護』で青春・若い時代を終わらせるのが、不憫で仕方ない。
ykmmr (^_^)
2022/04/14 21:46

サラさん…お母様大変でしたね。その連鎖を受けてしまったサラさんは、お母様の気持ち・トラウマと現状を理解しないといけなかったのは辛かったと思います。何もかける言葉はありませんが、これからの人生が少しでも穏やかでありますように。これからよろしくお願いします❣️

サラ(時々にきぴょん)
2022/04/15 18:21

ベルばらの歌聞いたときは「自分これだー!」って思った小学生でしたw 宜しくですー

が「ナイス!」と言っています。
ykmmr (^_^)
本音を言う。やはり、主人公の優子が凄い。昔、私たちの世代で似たようなアニメ(最初、漫画本)があったけれども、あれだって、主人公は同じような出来事に抵抗していたのに。変に、『慣れっこ』になりすぎてしまっているのか、その時その時をスッと受け入れている。優子と同じように腹を括れるヤツは、この世にどれくらいいるのか⁇でも、学校の友人関係に悩んだりは、やっぱり普通の女の子なのね。彼女のの親たちも、皆、自分の感情に正直で、自由奔放なのだけど、優子に対する『愛情』は絶大で、優子もそれを理解出来ていたからこそ、
ykmmr (^_^)
2022/04/13 12:07

皆を許し、状況を受け入れたのはわかるけど。料理もオムレツや餃子、カツ丼というところが、オトコの料理という感じで良いし、美味しいよね。森谷さんは何でかんで言いながら、優子バトンを婚約者に繋いだ。優子夫婦がどんな家庭を築いても、沢山の親たちが見守ってくれるのだろう。

が「ナイス!」と言っています。
ykmmr (^_^)
日本三大随筆。『素行無常』と『もののあはれ』。自分の地位を捨て、狭い庵の中で、『生き方』を考える。自分が決めた事でも、それが『完璧』ではないという現実。托鉢修行をし、また『人生』を省みても、やはり『完璧』ではないのだ。それを世の世情と比例されるところもあり、彼の立場から見える当時の『歴史』が伺える。確かに自分も、吉田兼好よりも西行と比べた。皆、歴史上の人物云々と言う前に、一人の人間。これが彼の『美意識』・生きる上の『ノウハウ』なのかもしれない。
が「ナイス!」と言っています。
ykmmr (^_^)
『歴史』までは及ばないが…自分、『地理』もかなり好きである。高校の地理が勉強出来ていないので、学びたかった。内容としては、正直…『教科書』に近いものがあるが、目まぐるしく変わる世界情勢の中で、産業・気候・貿易・国々の関係などが、「このように変わる。」事を著者の視点で説いている。戦後の復興・冷戦・日本の高度経済成長時の世界も見る事が出来る。個人的には、どうしても歴史に行きがちなところだが、地理や第三分野もやはり、並行して学んでいくと、また見える事が変わってくる事を実感した。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2020/06/09(714日経過)
記録初日
2020/06/16(707日経過)
読んだ本
259冊(1日平均0.37冊)
読んだページ
87535ページ(1日平均123ページ)
感想・レビュー
243件(投稿率93.8%)
本棚
14棚
性別
職業
専門職
現住所
東京都
自己紹介

『読書』習慣を作り、1年半が経ちました。
自分なりにスケジュールを作り、各年代・ジャンルをバランスよく読むようにし、飽きがこないようにしています。
読書ペースも掴めてきて、今は月に15冊前後くらいで推移しています。
今まで、興味がありながらも読まなかった本も読めて楽しいし、気持ちが安定しています。

基本は図書館・文庫派。たまに読書家の父に本を借りたりしています。

★元から好きな作家(以後、敬称略)

・川端康成(賛否あるけど、文豪で一番好き。)
・宮本輝 (高校時代に初読みして、それからの
      ファン。文章が大好き。)
・新美南吉(『ごんぎつね』が大好きで❤︎)

★『読書』を始めて、興味を持った作家

・三島由紀夫
・志賀直哉
・武者小路実篤
・ディケンズ
・角田光代
・半藤一利
・城山三郎
・和田竜
・宮部みゆき
・伊与原新
・小川洋子
・田辺聖子
・乃南アサ

★作家ではないけど、読んでいきたい本の著者

・斎藤孝
・野村克也
・清水潔
・養老孟司
・山口路子
・本村凌二

歴史・地理・各芸術・スポーツ観戦が大好きなので❤︎
その分野の本は多いです。司馬遼太郎さんの本も最近はよく読みます。

あと、『事件簿』に興味があるという厄介な一面も 笑。

このアプリを始めてから、沢山の読友さんに囲まれて、一つの楽しみになっています❤︎
ただ、アプリにのめり込みすぎず、本題の『読書』もやっていきたいです。

皆さんに、ポチポチ大好き❤︎
いつもお騒がせしています。
これからも、仲良くよろしくお願いします。

あまり、自分からはしないヘタレですが、お気に入り登録・削除ご自由にして下さい。
お気に入りして下さった方は、ご訪問してお気に入りにさせて頂いています❤︎

皆さんの感想や投稿を読むのも楽しみで、沢山足跡つけちゃいますが、ご了承お願いします。

文章能力・読解力・語彙力を上げるため、アウトプットを頑張っています。
稚拙な感想文、失礼致します。

参加コミュニティ1

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう