読書メーターあなたの読書量を記録・管理

5月の読書メーターまとめ

いっしー
読んだ本
13
読んだページ
3955ページ
感想・レビュー
13
ナイス
94ナイス

5月に読んだ本
13

5月のトップ感想・レビュー!

いっしー
そらまあ、嫁さん馬鹿にされたらキレるわな。弱小国のぐうたら天才王子が「政治なんてやってられるか! いい感じに価値を釣り上げて大国に高値で売ってやる!」と頑張るも、変な方向に空回りしてさすおじされる戦記もの。話としてはサクサク読み進めることができ、話も爽快感があって面白かったです。ただ、赤字国家経営という割には政治より戦争描写に力が入りすぎており、貧乏国家の悲哀みたいなものがあまり感じられなかったのが物足りないかと。続きが出るなら戦争だけでなく、経済まわりも含めた国家経営のパートも見てみたいです。
が「ナイス!」と言っています。

5月の感想・レビュー一覧
13

いっしー
腹から出てくるのは女神じゃなくて女王だろうが!! お手本のようなエロエルフを手玉に取ったりして遊んでいたら、いきなりラスボスが出てきたゲスファンタジー第4弾。ここで存在を語られるだけだった幼馴染ちゃんを出してくるのは上手いなあ。リノのママさんも遂に顔見せして、物語が佳境に入った感じがしてグイグイ読ませてくれますね。このテンポの良さは好きです。それにしても、エルフの皆さんは今回だけの一発キャラなのだろうか……。面白いキャラをしていたので、また出番を作ってほしいなあ。
が「ナイス!」と言っています。
いっしー
27とJK(同一人物)。痴漢から助けた年上の可愛いお姉さんと夜通しS〇Xする年の差ラブコメラノベ。まあ年上ヒロインつっても作者どろか読者の僕より年下なんすけどね(白目)。愛があれば年の差なんてといった陳腐な文句に頼らず、年の差を超えて愛するためにはどうすればいいのかを真面目に考える真摯な物語でした。今後の希望としては、下手に周囲バレ展開を持ってこないで、きちんと話して両親を説得する展開とか見てみたいなあ。
が「ナイス!」と言っています。
いっしー
わたしはときどき自分の読書生活について考える……渇いた「瑞っ子」になる前は、自分の「価値観の中心」は数字だった。ラノベを題材にした、コンテンツの販売戦略について語るラブコメ作品。面白さ≠売上ではないマーケティング論には、一抹の寂しさを感じつつも色々と考えさせられます。妹キャラである麻里ちゃんの強烈な妹力と幼馴染の三郎くんの色物感が凄い反面、ヒロインである京月さんのラノベ的な特徴の薄さはたぶん意図的なんだろうな。これといった特徴がなくても、人を好きになるのに理由なんかいらないっていう理由づけになっている。
が「ナイス!」と言っています。
いっしー
旅行先で自分以外全員女性って普通に肩身狭そう。全編ヒロイン達との八丈島旅行なイラストレーターお仕事ラノベ第3弾。超税金対策殺人事件みたいだ。ナスさんからハラミまでヒロイン全員の見せ場を用意しており、ラストにはここ最近ただの地雷設置マスィーンと化していた乃々香ちゃんの決意表明があって、なかなかのボリューム感ですね。ひょっとして乃々香ちゃんは恋愛枠ではなく弟子としての成長を見守る感じに持っていくんでしょうか?
が「ナイス!」と言っています。
いっしー
そらまあ、嫁さん馬鹿にされたらキレるわな。弱小国のぐうたら天才王子が「政治なんてやってられるか! いい感じに価値を釣り上げて大国に高値で売ってやる!」と頑張るも、変な方向に空回りしてさすおじされる戦記もの。話としてはサクサク読み進めることができ、話も爽快感があって面白かったです。ただ、赤字国家経営という割には政治より戦争描写に力が入りすぎており、貧乏国家の悲哀みたいなものがあまり感じられなかったのが物足りないかと。続きが出るなら戦争だけでなく、経済まわりも含めた国家経営のパートも見てみたいです。
が「ナイス!」と言っています。
いっしー
数学はどうでもいい。問題はおっぱいが見られるかどうかだ。何やら1巻から重版が決まったらしい異世界数学ラノベ第2弾。重版はめでたいことですがそれはそれ、これはこれということで。総じて見ると「1巻からの成長が見られない」に尽きます。良かった点は据え置きで、反面悪かった点が大きく目立っており、読後のがっかり感が強い。特に新キャラのテレンティアの素性について、全て本人の口頭説明で済ませてしまったところはかなりの興醒めポイントでした。前巻の出来が良かっただけに残念。あ、冒頭のおっぱい方程式のくだりは面白かったです。
が「ナイス!」と言っています。
いっしー
パスワードに英数の大文字と小文字と数字記号を組み合わせない子はレイバンしちゃいましょうねえ。ネット恋愛で知り合った彼女がリアルに越してくるぼっち系ラブコメ。ラブコメの名を冠していますが、基本的にリアルがしんどい系の描写が多いので、コメな部分はあまり感じませんでした。あと、主人公がヒロインのブログに行きついた理由が最初ぼかされてた理由が「ただ忘れていただけ」ってのはちょっと肩透かしを食らった感がありますね。全体的にどうにも印象が薄かったので、もうちょい物語に起伏が欲しいところです。
が「ナイス!」と言っています。
いっしー
鳴り響け、曾祖父のメロス!! この手のジャンルには走れメロスを題材にしたネタを作らなければならない決まりでもあるのかと勘繰りたくなる日常の謎系ミステリ第3弾。 啓介と真冬先輩の仲がいい感じにもやもやしていますねえ。単に仲が深まるだけでなく、この後の波乱を予感させるいいもやもやっぷりです。謎解き自体は、今回は途中で予想がついたものが多かったですね。あと旧校舎のA君についてですけど、一度選んだ教室は選択肢から除外されるので2分の1の10乗にはならないと思います。もっと天文学的な確率になるはず。
が「ナイス!」と言っています。
いっしー
なんでや! ジェヴォーダンの獣グリム童話と関係ないやろ!! 魔法の秘薬を作り出す六人の赤ずきんと、それを喰い殺そうと付け狙う巨大な狼との攻防を描いたメルヒェンサスペンスラノベ。あぁ~いいっすねぇ~好きですよこういうの大好きです。それぞれの赤ずきんが持つ秘薬の能力をきちんと活かして戦っているところ、きちんと筋道だって推理して裏切者の魔女を見つけ出すところなんかとても良い。赤ずきんだけでなく様々な童話の要素を小出しにしているところなんかも凄く僕好みですね。
が「ナイス!」と言っています。
いっしー
だが、それが逆に妹の許嫁の逆鱗に触れた! 双子の妹がヤンデレとなり、くっころ枠だと思っていたらぶっころ枠だった女騎士が目を光らせる(物理)ファンタジー戦記ラノベ。なんだかんだで主人公以外の味方キャラが努力の末にパワーアップを果たすポップ的活躍は好きなので、セレインさんの見せ場がちゃんとあったのは嬉しい限りです。戦記物っぽい雰囲気を出しつつ魔法バトル描写が多いのは相変わらずで、どっちに舵を切るつもりなのか判断しかねるのが読んでてやきもきさせますね。もうバトルものに全振りでもいいんじゃないかな。
が「ナイス!」と言っています。
いっしー
お父さんに娘さんとメイドさんと銃と、あとついでに車と食料もくださいってお願いしたら撃たれた件。榊一郎先生による、みんな大好きゾンビアポカリプス青春ラノベ。ヒロインが眼鏡っ子というのがポイント高いですね。サブリミナル行間眼鏡万歳。謎めいたVRキャラの言動といい、ただゾンビ化した世界を旅するだけでなく、きちんとした落としどころも決めているみたいです。ゾンビ化した世界の謎に焦点をあてた作品ってたいてい風呂敷広げっぱなしになっちゃう印象があって少し不安ですが、まあ榊先生ならうまいことまとめてくれるでしょう。
が「ナイス!」と言っています。
いっしー
世の中にお花畑があると思ってるのは私じゃない、本当は……あんたのほうだろ? 遂に主人公とヒロインが初顔合わせしたのも束の間、地下迷宮に潜む不可視の刃が新たな嵐を呼ぶ、戦場のレギオンしんちゃんラノベ第3弾。前半の甘酸っぱいニヤニヤ描写と、後半のパワーアップしたレギオンの圧倒的戦力描写を両立して一つの巻に収められるのは、流石大賞作家ですね。やっぱり上手いなあ。ともあれ今のシンくんが不感症すぎて苦しめ甲斐がないのは事実なので、レーナさんの今後のメンタルケアに期待です。まずは一緒にズートピア見るとかどうですかね?
が「ナイス!」と言っています。
いっしー
この作品のことワスカバジ・オルタ・サンタ・リリィって呼ぶのやめろよ!!(呼んでない) 人間を錆びさせる錆び風の吹く世紀末世界を舞台に、キノコ矢を操るキノコ守りの少年二人が大切な家族を救うための旅に出る痛快冒険活劇ラノベ。ジャンプとマガジンとチャンピオンが一緒になってきた超豪華お子様ランチのような作品で、ご多分に漏れず僕も超大好き。砂ぼうずを思い出せる、ハングリー精神溢れる住民だらけの終末世界が素晴らしいですね。あとカニも好き。アクタガワ大好き。これ以上感想書こうにも「いっぱいちゅき♡」しか言えない好き。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2011/06/16(2563日経過)
記録初日
2008/08/10(3603日経過)
読んだ本
740冊(1日平均0.21冊)
読んだページ
226685ページ(1日平均62ページ)
感想・レビュー
738件(投稿率99.7%)
本棚
2棚
性別
外部サイト
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう