読書メーターあなたの読書量を記録・管理

なるみさんのお気に入られ
20

  • 夢路

      好き・興味のあるジャンル:サイバーパンク、スチームパンク、ファンタジー、時代小説、武侠小説、児童文学など
      好きな作家:山田風太郎、夢野久作、泉鏡花、谷崎潤一郎、澁澤龍彥、種村季弘、稲垣足穂、金庸、ケン・リュウ、チャイナ・ミエヴィル、ホルヘ・ルイス・ボルヘス

      など

      感想を書くのがどうにも苦手ですが、少しでも出力が上手くなれるようポツポツと書いていきます。
      読書メーターを通して読書友達が作れればと思っています。

    • SIGERU
      • AB型
      • 東京都

      アイコンは自作イラストです。

      古典文学、幻想文学、海外ミステリが大好きです。
      映画や美術も大好きです。
      深夜アニメやマンガも大好物です。同人誌を制作してコミケに出入りしていたこともあります。

      溺愛する作家(手紙や日記に至るまですべて読んだ)
      チェーホフ

      、ポー、梶井基次郎。

      心酔する作家(作品はすべて読んだ)
      ドストエーフスキイ、芥川龍之介、コーネル・ウールリッチ。

    • のっち♬
      • 専門職
    • にゅにゅぱんだ

      冒険(もの)が好き

    • 夜間飛行
      • 1962年

      私の読書の旅は気球に乗った気ままな旅。
      目的地はこの世界のどこかにあって、今はまだわかりません。
      良い本に出会えれば、とりあえず今日はOK。
      読書も一期一会だと思っています。
      読書家のみなさまの耳寄りなお話、
      楽しいお話、変なお話を、ぜひ聞かせて下さい。

      ★相性の悪い作家さんが何人かいて、その方の作品に対するレビューには、基本的にナイスをしません。しかし、それでも感想そのものにとても共感できる場合には、たまにナイスを入れることもあります。
      ★現在、読み友さんのレビューを拝見するのが手一杯なため、更新速度の極端に速い方は此方からお気に入り登録をしていません。ご了承下さいませ。

    • shimachip
      • 1961年
      • A型
      • 技術系
      • 東京都

      ここ一二年のお気に入り:
      セルバンテス「ドン・キホーテ」
      フィールヂング「トムジョウンズ」
      オースティン「高慢と偏見」
      チャペック「クラカチット」
      エーコ「バウドリーノ」
      スタージョンの短編集(なんでもいい)
      マルケス「族長の秋」
      マッカラーズ「心は孤独な

      狩人」
      ドストエフスキ「罪と罰」
      山尾悠子「仮面物語」
      辻邦生「夏の砦」
      横光利一「上海」
      皆川博子「死の泉」
      赤塚不二夫「天才バカボンのおやじ」
      -----------------------------------------------------------------------------
      ほぼ小説しか読みません。小説以外は歴史の本と百閒先生の与太話と数学や物理の本を読むくらい。原書で読めるのは英語だけ。最近は自分の本棚から読んでいない本を読むのを優先しています。あとは図書館利用のみ。買いません。作家さんゴメンナサイ。
      -----------------------------------------------------------------------------
      明けて一月。ほぼ読書せず。月初めのケチのせいで最終週まで不調を託ったがつい一昨日の契情の睦言で俄かに反正す。塞翁が馬。「貴方はMだから」と言い渡されたので大嫌いな三島由紀夫の本をいくつか借りてきて体調が悪くなるまで読もうと思う。(我らが世代には為人をSだMだと言い表す習慣は全くなかったが)それで体力が残っていたら積んでいるPBを読もう。
      -----------------------------------------------------------------------------
      十二月、読書せず。ひたすら心の阿片窟にて傾城と褥をともにす。鈍る精神に響くのは官能の燻りのみ。嬢の本音を読むのはうまくなった。同じくらい荒廃していることを知った。生きるとは暇潰しと開き直れない男と女がじたばたしている。流感だけが静々と雪のように確実に降り積もる。普通の文章で異常なことを書くのでなく異常な文章で普通を書くのが好きという厨二な自分に呆れる。
      -----------------------------------------------------------------------------
      十一月、能天気な日々といっていいだろう。ナントカ宣言終結で一年前に戻ったような暮しが続いている。少しだけ仕事をしてからだを鍛えて少しだけ本を読んで夜の街を徘徊する。寒くなってきたので夜の徘徊には厚着が要る。10時を過ぎると深々とする。コーヒーとともにココアも呑むようになる。猫は床暖のおかげで床に虎の毛皮のように貼りついている。これまでとの違いといえば手すさびの小説を懸賞に送ってみたくらいか。きれいな日本語を書けるようになりたいという思いだけはずっとあるようです。
      -----------------------------------------------------------------------------
      十月、久しぶりの新入社員だよと馴染みの嬢にはことさらにいうものの実態は引きこもりのポンコツ中高年であることに変わりなし。読書?それ食えるのか?(伝ジムシー)状態が続いている。無頼を気取って裏通りの曖昧屋をハシゴすれば見えるものがあるのか。酔うと心中したがる癖のあった作家の気持ちが分からなくもない。ギリまで出かけてみたかったのだろう。出かけてみて自分の望みがギリを描くことではなく超えることだったと気づいたのだ。
      -----------------------------------------------------------------------------
      九月、同じ会社を二度目の退社。こんなことになるとは思ってもみなかった。元々仕事は収入と割り切っていたので一切未練なし、というのはウソで(虚言癖)なんとなくやり残した感もあるけど、まーこんなもんか。本はあいかわらず読めておらず、それじゃあここにウダウダ書く資格がないじゃん、はあ心底そう思います、ごめんなさい。区切りなのかもしれないが、まだまだお嬢やお坊たちを養うためにも働かんならん。おまえら、ちょっとはおじさんのいうことも聞いてよ。9月30日までバタバタ残務して10月1日から新しい会社。ま、いつまでもつか分からんが。バルザックとドストエフスキー早く読まんとほんとに間に合わなくなりそう。でも、まずは秋晴れなので新しいGパンとデッキシューズを買いに行こう。
      -----------------------------------------------------------------------------
      八月、思い切って夏休みを取ったがふだんも休みのようなものなので感慨なし。朝晩メールは見て緊急なら返事もするし。寿限無なコードを眺めていると一日あっという間だし。有給申請撤回しよう。とはいえ朝から気まぐれで出かけられるのは休みならでは。散歩してくたびれたら公園で本を読み暑くなったら日陰でお茶を呑みを繰り返すと夜になり道端の宴会から酔余放歌してはばからぬ輩がうようよと現れる。感染しない自信はあるが喧しさに耐え切れずに撤退、冷房の効いた魔窟の嬢のご一献で息をつくも「こんなに暑いのにお出かけですか」「昔コガネムシだったから、ほら、夏は元気で」「あら、あたし昔カナブンだったんですよぉ。いっつもお金っていってたから、あだ名」「なんだ同族か、仲良くしよか」「お金取りますよ」と不毛な時間を過ごしておもてに出ると疫病に加えてお盆のためか人通りも灯も少ない街角は真っ暗、人がいないと魑魅魍魎や幽的の類も仕事をさぼるようで濃灰色の暗闇は乾き切って何の趣もない。あと五十年このままだったらどうなるだろうと少し嫌な気持ちになった。静かなのはいいんだけど。
      -----------------------------------------------------------------------------
      七月、荒れた先月からやや持ち直すも今度はマンネリによる頭を抑えつけられるように低調な日々となる。乱れる天候をなぞるように混迷する視界。足元を見ても自分がどこに向かっているのか分からない。ええい、いっそ眼をつぶって踏み出せ。不思議と読書はむしろ落ちついてきて文学作品やSFをじくりと楽しんでいる。逃避か?(笑)乱れた時に立て直す手段のカードの数が多いのが大人だとするとわたしはまだ中学生くらいか。
      -----------------------------------------------------------------------------
      六月、再び生活は乱れる。しかし、ささやかながらも知恵はつき、餌であれば針があろうとなかろうと食いつくことはなくなった。若干ながら勉強になったこともある。読書については全体に積読期間が長くなりすぎたので巻き気味で時間を使ってこなそうと思う。しかしそう思う矢先に若いころの伊佐山ひろ子からtwitterでお呼びがかかる。どうすりゃいいのさ、このわたし。「1984」読んでて会社がさらに嫌いになりました。
      -----------------------------------------------------------------------------
      五月、乱れた生活は強制的に終止符を打たれ(ま、いろいろあるサ)、またぞろ読書にもどる羽目になる。先々月あたりまで何を志向して読んでいたかが思い出せない。しょうがないので手近にあるものをつまみ食いしていく。ヘッセとバルザックだけは胸に刺さった棘らしくちゃんとスイス銀行の隠し金庫、ではなくて目の前の書棚の一番目に付くところにすでに置いてあった。ジェイソン・ボーンか、オレは。
      -----------------------------------------------------------------------------
      四月、先月からの乱れた生活が続き読書に身が入る時間は微増にとどまる。純文学、冒険小説ともに積読の高さが増すばかり。そんな中マーガレット・アトウッドとの出会いは幸運だった。早くヘッセを読み終わり、バルザックに取りかかりたい。オルハンパムクと皆川博子も残ってた。ルゴフ、ボルストも再読したい。キリがない。酒色を大概にしないと枝の雪を馴らす時間もままならない。
      -----------------------------------------------------------------------------
      三月、こちらに登録以来の椿事でほとんど本が読めませんでした。こんな月もあるんですね。三島由紀夫や漱石をぱらぱらすることはありますが、読書というよりは好きなところだけ反芻している、貧乏ゆすりのような癖にすぎません。残酷極まる四月はどうなることでしょう。
      -----------------------------------------------------------------------------
      家にいられるおかげで積読本がまあまあ減りました。一方で、中途で投げ出している本(レミゼラブルとかカラマーゾフとか居酒屋とか)を初めから読み直すか再開するかの選択に悩んでいます。残された時間を考えるとドストエフスキーやプルーストを早く済まさないとという思いにもかられます。あれこれ悩みつつラブクラフトやスタークやルグインや百閒先生をつい読み返してしまうのでした。ゆるキャン△が始まったりすると深夜TVばっかりになるので今のうちに読んでおこう!
      あっちこっちに書き散らした読書記録を気づいたときに追記していますが、なかなか終わりません。
      今年もたくさん本が読めますように。
      今まで意識しなかったですが閨秀作家の作品が好きなようです。なんでだ。

    • しゅんしゅん
      • B型
      • 販売系
      • 新潟県

      本を通じていろいろお勉強したいです。
      読書しない日々が続いていたから、
      読書している時の感覚を取り戻していきたい。

      自己啓発書やビジネス書を中心に読むつもりが、
      気がつくと文学ばかり読みたがっています。
      物語の世界に触れるのが好きみたいです。

      短編ばか

      り選んでしまうことが多いので、
      徐々に長編にも挑戦していきたいです。

      今時あまり人が読まなくなったような、
      マイナーな本になぜか惹かれてしまいます。

      感想レビュー100%書くことが目標です。

      ・好きな作家
      安部公房、武田泰淳、中上健次、福永武彦、
      石川淳、倉橋由美子、澁澤龍彦、夢野久作、
      谷崎潤一郎、井上靖、皆川博子、山尾悠子、
      三島由紀夫、丹羽文雄、村上龍、堀江敏幸、

    • twinsun
      • 1962年
    • 加納恭史
      • 1948年

      高校時代より、読書が始まりました。最初に感動したのヘルマン・ヘッセの作品でした。最初に読んだのは、「郷愁」でした。最初は文学、しだいに歴史、考古学、プラトンの作品とか、スウェデンボルグとか、ギリシャ神話、インド神話、ジュセフ・キァンベルの作品、ユング心理学

      の作品、ルドルフ・シュタイナーの作品、聖書、バガヴァット・ギーターとか、UFOの小説・実録、などなど様々です。頭を柔軟にして、グノーシスとかナグハマディ文書とか最近の新しい発見とか、古代の見解と最新の見解を比較・検討してみたいのです。また最近の潮流のレイチェル・カーソンから始まったエコロジー運動、水や森林や土壌や微生物学の発展も興味深いものです。七十歳を過ぎて、アリストテレスやカントを知り、その博学さに感銘を受けた。ともに「形而上学」に大変に驚かされました。それまでプラトンにも飽き気味でした。ゲーテもとても好きになりました。こんな近況です。

    • ヴェルナーの日記
      • O型

      本をこよなく愛する一人です。
      好きなジャンルは、これといってありません。
      エロ本から哲学書まで、自分がその時興味を抱いた本を読むのが好きです。

      ただ1つこだわりがありまして、それはあらゆる国の児童書を読むことです。
      児童書は世の中を照らす鏡だと、自分は考

      えております。
      故にその時代・国の児童書を手に取れば、その時代・国ことが解ると思うからです。

      誠に恐縮ではございますが、この場を借りて”ナイス”をしていただいた方々へ御礼申し上げます。

      なお、自分のその時々の気分次第で”お気に入り”してしまう癖があります。
      ご迷惑な方は、遠慮くなく”苦情”のメールをください。
      直ちに善処致しますのでよろしくお願いします。

      また、レビューやコメントには誤字・脱字で溢れかえってしまう恐れがあります。
      これは偏に私自身の粗相かしい性格から生じてしまうことです。極力気を付けているつもりですが、度々仕出かしてしまいます。何卒ご容赦のほどお願いいたします。

      P.S
      小生からたくさんの”ナイス”を受け取ったとしても、無理にナイス返しをされなくとも構いません。
      共感できたレビューなど、ご自分のお気持ち次第でOKです。
      小生は未知なる本に出合えたことに”ナイス”を感じ(とはいっても、その時の気分…… )次第です。

    • ナカ
      • 1993年
      • 東京都

      読書記録用として始めました
      最近の興味は哲学・倫理学・資本主義経済・認知心理学

    • ヴェネツィア
      • 専門職
    • TomohikoYoshida
      • IT関係

      小説を読むのが好きです。仕事に関連するような本は小説ほど好きではありませんが、それでも必要だと思うものは読むようにしています。

    • ykshzk
      • O型
      • 自営業

      主観と独断に満ちた感想を255文字にまとめています。お気に入り登録・解除、メッセージもお気軽に・・よろしくお願いします。

      自分が自分で居るための10冊を選定中ですがなかなか埋まらず。
      ・「私の個人主義」夏目漱石
      ・「灯台守の話」ジャネット・ウィンターソン

      ・「地図と領土」ミシェル・ウェルベック






    • 100
      • 東京都

      2012年以降の記録、マンガ以外。
      文庫本と新書で。
      ノンフィクション、近代史、脳科学、人体実験、SF、科学、宗教、文学、罪に問われた人、辺境、冒険探検

    • cockroach's garten

      好きな本を好きなだけ。悠々と本の世界を漂っています。古典文学、哲学書を中心にレビューしていくと思います。最近は社会学にハマっているので経済学や政治学の本を沢山読めたらと考えています。何にしろ、死んでしまってはもう遅いですからね…。

      生涯の目標としては多く

      の国の言葉を学び、そこにある文化について研究していくことをライフワークとしたいですね。ただいまウクライナ人の詩仲間がいるので先ずはロシア語を学びたいです。それと深いところで議論できるように自分の英語の能力を高めています。将来的には未翻訳の原書を読めるほど。

      好きな作家
      D.H.ロレンス、ラディゲ、マヤコフスキー、マリーナ・ツヴェータエワ
      カミュ、ポール・オースター、三島由紀夫、谷崎潤一郎

    • tototousenn@超多忙につき、読書冬眠中。
      • 専門職

      村上春樹氏のファンです。

      早稲田大学「国際文学館」(村上春樹ライブラリー)の2021年度開館(予定)が待ち遠しい。

      特に好きな作家さん(敬称略、順不同)
      村上春樹/高山羽根子/木村友祐/本谷有希子/戌井昭人/荻原浩/角田光代/西川美和/吉田修一/

      吉田篤弘/古市憲寿/柴崎友香/佐藤正午/村田沙耶香/金子薫/天埜裕文/須賀ケイ/朝吹真理子/小川洋子/乗代雄介/宇佐見りん/津村記久子/フェルディナント・フォン・シーラッハ/ポール オースター

      太宰治

      本の感想評価☆5.0 が最高評価ですが、5をこえる評価をすることがあります。

    • たけぞー
      • 1992年
      • 公務員
      • 神奈川県

      ・平成30年4月から司書として図書館で働いています!
      様々な本に触れ、自分が好きなジャンル以外にもたくさんの本に出会い、本について語れればいいな、と思います(=´∀`)
      よろしければ仲良くして頂けるとありがたいです!
      ・2019.5.21追記
      司書2年目に

      なりました。昨年と比べ、責任ある仕事を任せられるようになり、忙しくなってきましたが、毎日、絵本に触れられるこのお仕事が大好きです!まだまだ、成長途中ですが頑張っていきます!
      ・つぶやきで、映画の感想とかブックカフェの様子などを投稿していきます(◜௰◝)
      ・移動図書館 児童書

      ・2020.4.21追加
      司書3年目。趣味・傾向が変わってしまったので、好きな本を気ままに投稿したいと思います。
      ・担当 予約担当 一般書(9門・小説など)

      ・主に自分の記録のために、読書メーターを活用させて頂くので、出会い等は、ご遠慮くださいm(._.)m

    • 宵待草
      • Akito Yoshiue
      • 全20件を表示

      ユーザーデータ

      読書データ

      プロフィール

      登録日
      2020/10/13(591日経過)
      記録初日
      2020/05/08(749日経過)
      読んだ本
      101冊(1日平均0.13冊)
      読んだページ
      31589ページ(1日平均42ページ)
      感想・レビュー
      73件(投稿率72.3%)
      本棚
      14棚
      読書メーターの
      読書管理アプリ
      日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
      新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
      App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう