読書メーターあなたの読書量を記録・管理

3月の読書メーターまとめ

おにおん
読んだ本
23
読んだページ
7255ページ
感想・レビュー
23
ナイス
432ナイス

3月に読んだ本
23

3月のお気に入り登録
7

  • 桜庭かなめ
  • こおき
  • chirako
  • かーず
  • ルナ
  • ゆー
  • 皐月

3月のお気に入られ登録
7

  • 桜庭かなめ
  • こおき
  • chirako
  • かーず
  • ルナ
  • ゆー
  • 皐月

3月のトップ感想・レビュー!

おにおん
本作ほど自分の気持ちを素直に伝えるカップルを描いた作品があっただろうか?龍斗と月愛の会話一つ一つにニヤニヤさせられ、どんどん読み進めてしまいました!今はまだお互いに相手の過去を気にしてしまう場面もありますが、相手の「今」のみに意識が向くようになった時、本作にどれほどニヤニヤさせられるのか、今から楽しみでなりません。二人の素直な発言を、声優さんの美しい声で聞いてニヤニヤを加速させたいのでアニメ化お願いします!!
が「ナイス!」と言っています。

3月の感想・レビュー一覧
23

おにおん
吉田の高校時代の先輩である蒼が同じ会社に異動してきたことをきっかけに、沙優の気持ちが揺さぶられる第三巻。自分の気持ちが分からなくなり悩む沙優と吉田ですが、お互いが相手を大事に思っているからこその悩みで、悩み抜いた後の答えを是非応援したい気持ちになりました。悩み抜いた先で二人が出す答えに期待しつつ、引き続き読み進めていきたいです。
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
現実世界で裁判官を務める姉と主人公が、日本そっくりの異世界に転移して、裁判官・補佐官として国をより良い方向へ導いていく…という内容です。裁判を題材にしたラノベは珍しく、内容理解できるか不安でしたが、要所で解説が入っていてかなりテンポよく読めました!読みやすくデフォルメされてるとは思いますが、裁判のざっくりとした流れを把握できて、新鮮さを味わうことができました。次巻も発売されるみたいなので購入します!!
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
SFIA最終決戦が描かれた今巻。前巻に引き続き、頭脳戦要素てんこ盛りで大満足の内容でした!イカサマをいつも通りには使えなかった分、緋呂斗自身の実力による活躍が光っていた印象があります。SFIAではいつも通りにはイカサマが使えないという制約がありましたが、次巻も制約付きの決闘イベントになりそうでワクワクが止まりません!
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
ネタバレ【再読】今巻はゲームに全振りしてる内容で、個人的に大満足でした!最終決戦に残ったメンバーはどれも実力者揃いなので、次巻は読み応えのある頭脳線が展開されそうですね。今まで通りにはイカサマを使えない緋呂斗が、最終決戦をどう戦っていくのか楽しみです!!
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
前巻同様、少しずつ距離を詰めていく二人の姿が微笑ましい内容となっていますが、沙季の心の内はかなり変化が見られました。それにしても、悠太と沙季の何気ない会話を聞いていると「いやお前らそこら辺のカップルよりカップルしてるだろ」とツッコミたくなりますね笑。「次巻では二人の距離が一気に縮まるかも?」と思わせてくれるような終わり方だったので、YouTubeチャンネル見ながら全力待機します!!
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
これまで過去に縛られ中々前を向くことのできなかった沙優が、遂に未来のことも考え始める第二巻!キャラ同士の絡みも増えてきて、物語の幅が一気に広がりました!少し前のエピソードとの差が大きいこともあって、ラストシーンの暖かさはピカイチでした。沙優にはもう一つ乗り越えなければならない過去がありますが、これを乗り越えた時、本作はどれだけ暖かく描かれるのでしょうか。今からワクワクが止まりません!!
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
これまではしきりに自分の『付加価値』を気にしていた沙優が、吉田と一緒に過ごすことで徐々に自分を認めていけるようになる過程が綺麗に描かれていました!ラブコメというよりは人間ドラマを読んでいる感じで、新鮮さも味わうことができました。沙優の過去など重そうなエピソードがまだ残されているので、人間ドラマとしての側面も楽しんでいきたいと思います!!
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
陣・礼とは別のキャラが中心の内容となっていましたが、それでも物語の核となる部分は確実に前進していて、著者さんの構成力の高さに驚かされました。これまでは「面愛面はどう進展させていくのかな」と思っていましたが、陣の内なる思いも描写されていて、今後の物語の筋道を示してくれていました。恋愛とは違った側面からも楽しめるので、次巻もそういった濃い内容に期待します!!
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
妹の世話をするために学校を休んだ主人公の元に、学校一のヒロインがプリントを届けることから始まるラブコメです。ヒロインから主人公への想いが溢れていることが節々から伝わってくる感じが堪らなく良かったです。主人公が恋愛感情を認識していないためにヒロインからの一方通行っぽくなっている点も、ヒロインの可愛さを引き立てていて上手いなと思いました。次巻では他キャラの掘り下げに期待したいです!
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
ある日突然義理の妹ができて同じ屋根の下で暮らすことになって………という内容の作品です。フラットな関係から始まり、本当に少しずつ、だけど着実に距離を縮めていく二人の関係性が魅力的だと感じました。ある出来事があって一気に距離が縮まる展開もいいですが、何気ない日常の中で少しずつ距離を詰めていく展開は、現実味があって物語に入りやすかったです。YouTubeチャンネルも視聴しながら次巻待機します!!
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
本編を読みながら、「八人もメンバーがいたら一人一人の掘り下げ甘くならいかな?」と心配していましたが、短編集でカバーしてくれそうな感じがしました!あと、一人一人の掘り下げとは別に、日常回としても機能していました。やはり年頃の少女達をメインキャラクターに据えるなら日常回は必須ですね笑。今回焦点が当たっていない残りの四人をメインとした短編集も期待してます!
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
本作ほど自分の気持ちを素直に伝えるカップルを描いた作品があっただろうか?龍斗と月愛の会話一つ一つにニヤニヤさせられ、どんどん読み進めてしまいました!今はまだお互いに相手の過去を気にしてしまう場面もありますが、相手の「今」のみに意識が向くようになった時、本作にどれほどニヤニヤさせられるのか、今から楽しみでなりません。二人の素直な発言を、声優さんの美しい声で聞いてニヤニヤを加速させたいのでアニメ化お願いします!!
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
商人である主人公のエドが、頭脳を巡らせて問題を解決していく過程が面白かったです!貨幣価値の変動を利用した策など、商人ならではの手法に引き込まれました。魔王の剣であるティフィンが眠りにつこうとする、その想いは勇者よりも勇者らしく、心から応援したくなります。「商人だけど実は最強」などではなく、商人が商人らしく活躍するファンタジーが読みたい方は是非手に取ってください!!
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
人間にとって毒であるアルセノンの少女と、彼女を管理することになった少年の物語。少年と、世界や大人の都合に振り回され自由に生きることのできないアルセノンが距離を詰めていく過程が美しく描かれます。徐々に明らかになっていくアルセノンや世界の秘密は、更に想像を掻き立ててくれるものとなっています。重厚な世界観のファンタジーが読みたい方にオススメです!!
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
デジタルタトゥーなどインターネットが発達した現代で囁かれている内容を題材とした作品で、とても興味深くそして考えさせられました!ここまで聞くと「ちょっと重めの作品なのかな」と思われるかもしれませんが全然そんなことはなく、主に登場人物のキャラによってかなりテンポよく読むことができました。一風変わったラノベを読みたい方に強くお勧めできる作品となっています!!
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
まず一言「テンポよく読めるSFとか最高では?」。設定がしっかりと凝られているものの、その設定が理解しやすいように書かれていて読みやすく面白かったです!SF作品だと読者に理解を強いるような設定となってしまうことも多いですが、本作はそのハードルを超えテンポよく読むことができました。「SFってなんか難しそう」と思っている方にこそオススメしたい作品です!!
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
ネタバレまず一言「ようやく付き合ってくれたか…!」笑。周はどうやってあと一歩を踏み出すのかなと思ってましたが、真昼の方から踏み出す形は少し驚きでした。ここまで甘々展開を存分に見せつけてくれた本作ですが、次巻以降も引き続きひたすら甘い路線で行くのか、少しスパイスを加えてくるのか、今後の展開を想像しながら次巻を待ちたいと思います。
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
タイトルを見た瞬間に購入を決めた本作ですが、タイトル負けせず内容も最高でした!ギャグ中心でテンポよく読める点や、主人公が周りを見下さず嫌味な感じがしない点などがポイント高かったです!!あとは今後どう展開していくかが気になりますね。ボスを倒し続けてしまうと他作品と似通ってしまうし、かといって戦わないと見せ場作れないし、、、という板挟みにならないか心配です。ただこれは完成度の高い今巻を書き上げた著者さんに期待したいと思います!今後の展開に期待しつつ次巻全力待機です!!
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
クロト・イザヤの戦いだけではなく、ユーリによる潜伏活動も徐々に活発化してきて物語に奥行きが出てきた今巻でした。今後はこの二つの展開をバランス良く描いてくれると、今よりももっと楽しめそうだなとワクワクしています!次巻からはガメリア軍の真打ち戦艦も出てくるということで、この余りにも厳しい戦況をどう打開していくのか、クロトの活躍に期待しまくりです!!(あの話にはあえて触れてません。。。)
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
「日之雄を救うためなら、上層部の命令だろうと関係ない」というクロトの一貫した姿勢が格好良かったですね!!現実世界では中々取れないような行動を躊躇いもなく取るクロトは、まさに「主人公」という感じがして惚れ惚れします。ストーリーについては、今後諜報戦が絡んでくると、表の陸海空戦・裏の諜報戦という感じで面白そうだなぁと思ったりしました。クロトが戦う理由を明確に言葉にした今巻、今後のイザヤへの態度の変化にも注目したいです!!
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
『86(エイティシックス』よりライトな戦記モノ、という感じでとても面白かったです!一人の女性を巡って戦争が行われるという壮大な三角関係ですが、そこまで無理のない設定なっていて世界観・設定にスッと入っていくことができました。恥ずかしながら、このラノにランクインするまでは知らなかった本作ですが、読んでみてこのラノTop10にランクインしたことも納得できました!次巻からは恋愛方面の動きを期待して読んでいきたいです!
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
鶫の活躍メインだった前巻とは異なり、珠里阿・美海・凛にもスポットが当たって物語の幅が広がる内容となっていました!特に凛は今後本作の趨勢を左右する重要なキャラになる予兆があり、今後の成長が楽しみです。今巻では、転生したつぐみが抱える問題も頭出しがあり、これまでの順風満帆な展開から少し横に舵を切ったような形で、今後の物語の不透明も生み出していました。今後の展開に期待しつつ、次巻を全力で待機します!!
が「ナイス!」と言っています。
おにおん
「ようやくアク◯ージュ連載中止の悲しみから解放されるかもしれない…」そう思わせてくれる作品でした!今巻では主人公が周りから「凄い、天才」と褒められる、所謂「おいしい」展開がメインでした。今後、同年代のライバルが登場したり、主人公の演技の仕方について掘り下げられると、より面白さが増すと感じました。まだまだ化ける可能性を秘めた本作には、是非とも私をアク◯ージュ連載中止の悲しみから救ってほしいと思います笑
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2020/12/10(131日経過)
記録初日
2020/01/22(454日経過)
読んだ本
261冊(1日平均0.57冊)
読んだページ
79907ページ(1日平均176ページ)
感想・レビュー
71件(投稿率27.2%)
本棚
0棚
自己紹介

2021年から感想のアップを始めました

ライトノベル中心に読んでいます!

皆様と感想を共有したいので、お気に入り登録して頂けると喜びます(基本お気に入りは返します)

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう