読書メーターあなたの読書量を記録・管理

4月の読書メーターまとめ

山田
読んだ本
28
読んだページ
8112ページ
感想・レビュー
28
ナイス
2039ナイス

4月に読んだ本
28

4月のお気に入り登録
4

  • あゆこ☆
  • ボタン
  • しらゆき
  • タイヤキ

4月のお気に入られ登録
25

  • シュナイダー
  • あゆこ☆
  • 空飛ぶトマト
  • ゼロ
  • MATSUDA, Shougo
  • cdmabook
  • もー
  • まっすー^ - ^✨
  • 日与野 透
  • くしだ
  • Yu
  • もっち
  • Anya
  • しらゆき
  • スフィンクスさん
  • おみおみか〜
  • とくけんちょ
  • アツシ
  • しんた
  • 西郷どん
  • かずぼう
  • めんま
  • Naokin
  • うらなり
  • おとん

4月のトップ感想・レビュー!

山田
ネタバレ出てくる登場人物の誰とも共感ができなくて感想が難しい。でもそれってつまり更紗や文のような人を苦しめる大衆側に自分はいることになるんだなー。と気づいた。更紗の母親と連絡が取れて文くんとの関係を知ったとしても、更紗の母親はふーんぐらいで受け入れてくれそう。文の一人称が「俺」で意外!と思ったけど回想では(僕)になっていて、彼なりの極小さな虚勢に気づけてあげることができて少し嬉しかった。そっとそっと、静かに暮らしていけますように。
が「ナイス!」と言っています。

4月の感想・レビュー一覧
28

山田
ネタバレ「だから清の墓は小日向の養源寺にある。」この一文に、坊ちゃんが生涯まっすぐ生きれたこととか、不変なる清への愛とか、最高の孝行ができたんだねとか、色々たくさん詰まっていて本当に素敵な締め方。これを超える最後の一文に今後出会えるだろうか。ストーリーも面白く、弱い立場の者が権力に立ち向かう姿が熱かった。深く読もうとするともっと面白く、結果的に出ていくのは坊ちゃんと山嵐なのに勝った勝ったと喜ぶ2人の姿がとても切なかった。「親譲りの無鉄砲」が通じる時代は終わるんだなって。世渡り上手は赤シャツみたいな人なんだろう。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレ予備知識入れないで読んでよかった〜。おかげで全話見事に驚けた。全てを知った後にまた最初から読んでみて初めてあちこちヒントが散らばってたことに気付く。なにこれ面白い。各話の人間ドラマも心温まる素敵なものが多かったし本全体の構成も設定も好み。五話目がいちばんドキッとした。交換日記流行ったなぁ…誰かで止まってて全然回ってこないの。懐かしい。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレ琴引さん女の子の尊重の仕方、扱い方が植物図鑑の樹くんと同じように感じた(好き)付箋を貼りながら読書するタイプなんですけど今回は「もはや、ときめきが致死量だ」というセリフ1箇所でした。"粂粂CLUB"のネーミングセンス一周回って好きだよ、久米頑張れ!
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレ上司から貸して頂いた本。1949年に出版された近未来小説一九八四年を2021年に読む。それでも妙にリアリティを感じてしまうストーリーと設定面白さ完成度の高さに脱帽。特に政府(4つの省)の機関設定と、国民(3権力の構造)の権力争いについての設定はゾクゾクするほど面白く、同時に恐怖だった。現在を生きる私目線だと救いようのないほどバッドエンドだったがウィンストンは救われた(と感じていた)ので、主人公目線だとハッピーエンドなのだろうか。余談、村上春樹さんの1Q84ここからきてたんですね。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレ舞台はほぼ奇妙な家の中だけ、登場人物は日記の中を除けば2人だけ。シンプルで分かりやすい。しかも続きが気になるの一心で捲る手も止まらない。自分には最後までタイトルの意味が理解できなかったけど、私とか沙也加とか祐介とかとか、、色んな人の気持ちを込めて敢えて「僕」にしたのかなぁ。怖いという感想もちらほら見かけるからホラー苦手な方は注意かもです。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレ昨日今日と仕事がしんどかったから息抜きでライト文芸。少女漫画も韓国ドラマもいわゆる"じゃない方推し"になってしまいがちな私ですが本作はどうやらちゃんと和泉沢推しです。あざとい人間だいすき。。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレなあなあと流れる街の日常。その日常を生きる高校生達の葛藤。ハプニングもあまりないから人によっては物足りないかもだけど、この対比がたまらなく好き。怜は自覚なさそうだけど羨ましいほどに街のみんなから愛されているよ。愛ある世界。まだ謎が残ってるから続きがあるのか、はたまた読者の見えないところで怜が知っていくのか。それにしても高校生って無敵だ。今も大学生も楽しいけど高校生に太刀打ちできるのは高校生だけだ、と歳とってから本当に思う。みんな幸せになってね…(しをんさんの本は読後に毎回みんなの幸せを祈ってる気がする笑)
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレ私が知ってる死神はリンゴが好きだったり卍解したりと偏ってるのでWikiってみた。どの国、どの神話ともタイプの違う死神千葉さん。表紙の英語を直訳すると死の精度(DEATHに死神という意味を含ませているのかもしれないけど)最後、初めて晴れちゃったし、仕事をするときはいつも雨なわけだし、孫とおばあちゃんを直接会わせたいと直感で感じてそうだし、この時ばかりはいつもの精度が狂って「見送り」にしちゃったんだろうな、なんて想像した。人間と死神の共通言語はミュージック!
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレ思い出した、子供の頃ブランコに乗っていた時のこと。一番高いところで一瞬、すべての時が止まったような感覚になったこと。ここで手を離したらどうなるんだろうと思ったこと。誰かに読んでほしいけどオススメはしたくない。見つけてほしいなと思う、不思議な本。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレ愛おしい。いじらしい。全部わたしの両手の平の上で起きていて、それを俯瞰で見ているような。小鳥ちゃんのような女の子はあんまり見かけなくなっちゃったけど同性から見てもやっぱりかわいいと思うし、敵わないと思う。小鳥ちゃんのパパが厭世的だったっていうのがまた小鳥ちゃんの魅力を深くする。わたしもできるだけたくさんときどき欲せる小鳥ちゃんみたいになりたい。
が「ナイス!」と言っています。
山田
感想は3部で。余談だけど読了後にシューマンの予言の鳥を聴いた。ミステリアスで謎めいていて不思議な感覚にもなったし、色気があるようにも聴こえたし、希望みたいなものも感じるなんとも不思議な音楽だった。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレ今日はずっと本書を読んでいた。2部を読み終えた時点で、もしかしてまだ序盤?と思う程理解ができていないにも関わらず読む手は止まらなかった。3部まで読み終えてこんなにものめり込んだ理由が分かった。普通人の岡田トオルさんが愛すべき妻を奪還すべく悪と戦う、といういたってシンプル且つ誰もが大好きな王道のストーリーが核となっているからだ。笠原メイちゃんがどうなったか気になる。実は初の村上春樹さん。もっと抽象的で読者の人数分全く違う解釈があるような作品を書かれる方かと思っていた。これからも村上作品と仲良くしたい。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレ苦手だと思ってるその人のことを大切に思ってる人もいるし、その人にも苦手な人はいるし…の連鎖。「アバは女が二人だろう?うちらは今無敵だ」って言って踊り狂うシーンめちゃくちゃ好き。スナックキズツキ行きたいな~名前のないこのモヤモヤを解消したい。音痴気にしないで歌えそう。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレこんなうまい話あるか…と思ったけど実在する本屋さんのお話だった。アイデア、商魂と同じくらい人脈と信頼も大切。一人で成り立つビジネスなんてないもんな。副業OKな会社に転職して事業主には一応なったものの、時々依頼される仕事しかしてない(自分から仕事を獲りに行っていない)小林書店行ってお話伺いたいな〜そういえば最近地域密着型のいい本屋さん見つけたからそこで本を買うようにしてる。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレ鳥、井戸、予言…恐らく大切なキーワードが散りばめられている1部。正直よく分からないけどグイグイと読んだ。寝る前に一編だけと思ったら夜更かししてまで。(ホラーゲームやってる時のドキドキと似ている)物語がどう発展し、収束していくのか、2.3部が楽しみ。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレ日記のルール上感情表現は一切なかったが、弱い立場の人を助けたり愛情が忘れられないなど、双子はあくまでも子どもであり人間だと言うことがそこはかとなく伝わってくきた。親から学びのため持たされた聖書。しかし実際の大人たちは聖書とは矛盾だらけの行動。感情の表現は一切ないから分からないけど、双子が殺した感情の分だけショックは受けたと想像できる。最後の訓練は自分との別れのように思えた。色々な表現が省かれた日記からは想像することしかできないけど、ただ一つ、戦場はその人がその人でいられなくなる場所であることは確かだった。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレ同世代主人公のお仕事小説はハズレなく面白い。自分も仕事で海外からの電話を取らなきゃいけないことが多々あるんだけど本当に訛りの入った英語(特にアジア)聴き取れないよね…相手にブチギレられたことある…ネイティブのように英語が喋れる人憧れるよなぁ、大手企業を退職して語学留学した高村かっこいい。ちゃんとしている人はどこに行っても評価されるって言葉が沁みた。派遣社員さんの方がしっかりしててありがとうって思うこと沢山あるよ…。明日からも頑張ろうと思わせてくれるお仕事本だった。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレ今まで読んだ芸人のエッセイとだいぶ違った。貧乏生活や生きるのに必死でしたみたいな話がなくタイトルの通りのほほんとしていて、仕事の休憩中のお供にちょうど良かった。大人の会話できないにほんとに共感。私もできなくてずっと課題。お二人の人の好さがたくさん詰まったエッセイだった。ゼリーバンバン行きたかった~!
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレ「無人島に持っていきたい1冊」と紹介されていたので読んでみた。私は「無人島で思い出す」かな。”寛容なかみさまの祝福がありますように”の意味が分からなくて、どちらかが重病なのかもしれない、とか思っているような仲ではないのかもしれない、とか色々と勘繰ってしまったけど二人が今幸福ならそれ以上はないな、って思って考えるのやめた。素敵な大人の絵本でした。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレI Love Youをいろんな視点で訳しており、自分にはもったいないくらいロマンチックで素敵な本だった。自分は意味深な言葉よりもストレートな言葉の方が好きみたい。プロローグだけど漱石さんの「月が綺麗ですね」がとてもいい。お気に入りは今橋愛さんのI Love You!
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレとってもよかった…好奇心旺盛な少女から恋する乙女になっちゃった。私と誰かが出会うことはとてつもない量の繋がりの上に成ってるし、恋愛なんてご縁の最上なんだなーと。語り手が交互になっていたりその夜のことを後から語っていたりするのは2人が結ばれて出来事を話し合ったからだ、と勝手に解釈^^*主人公だけど主役になれない先輩も運命を切り開いていく黒髪の乙女も2人を結び付けてくれたひとたちもみんな大好きで読み終わっちゃったのがさみしいな。何度でも読みたくなっちゃいそう。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレ帰国子女の友達に何気なく血液型を聞いたら嫌がられたのを思い出した。差別的な意識なんてなく血液型の話をしたり外人さんと括ったりしちゃうけど、受け手側はどう感じるか、日頃肌や目の色を気にしながら生きたことない自分には考えが及ばなかった。エンパシーが足りない。(大人たちが若い世代に自分の思想を植え付けてはいけないというメッセージ性に、ワンピース魚人島編を感じた。)
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレ出てくる登場人物の誰とも共感ができなくて感想が難しい。でもそれってつまり更紗や文のような人を苦しめる大衆側に自分はいることになるんだなー。と気づいた。更紗の母親と連絡が取れて文くんとの関係を知ったとしても、更紗の母親はふーんぐらいで受け入れてくれそう。文の一人称が「俺」で意外!と思ったけど回想では(僕)になっていて、彼なりの極小さな虚勢に気づけてあげることができて少し嬉しかった。そっとそっと、静かに暮らしていけますように。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレヤケ酒したりは鼻水垂らしながら泣いてたり池に落ちてずぶ濡れになったり宿無しでベンチに寝てたり、みっともなく現実に立ち向かうシイちゃんの姿がが本当にかっこよかった。痴漢から少女を守るために使われた遺骨は空気に溶けてしまったけど素敵な葬られ方だと感じた。じわじわと余韻が残る物語だった。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレどれもこれも大好きだけどやっぱり「デューク」が一番かなぁ。世界一優しい怪談。あと「冬の日、防衛庁にて」も相当好き。外見はある程度なら見繕えるけど内面から出る色気の前には敵わない。「草之丞の話」私は死んだ旦那が現れてくれた怪談(デューク的な)で優しい話だと思ったんだけど、この本を貸してくれた友人は風太郎の気持ちを考えない大人の身勝手な恋愛話だと解釈したらしい。正解は分からないけど同じ物語を読んでこんなに感じ方が違うのだな。ショートショートなのにどの話にも余韻が残ってしばらく浸ることができた。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレ就活生の頃に読まなくてよかったと心から思う。印象操作って怖い、と思ったと同時に私も”良い人”と”悪い奴”を繰り返してしまったので表面上しか見ていないひとりではないかと気づいてしまった。他人が本質を見抜くなんて無理な話だけど第三者の発言の正確性を考慮せねば。そういえば私も就活の頃は人事の人は正しくて絶対だと、なぜか思い込んでた。学生の頃と社会人になってからの今だと社会を見る目が大きく変わってしまったな。私事なんだけどOJT任されたのだが面接で英語と経理ができると言っていたのは嘘ですと言われて参っている。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレわたしの幸せな結婚好きな人は好きと聞いたから手に取ってみた。平安時代の話っていうから長期戦覚悟してたけど田辺さんの原点への味付けが上手すぎてサクサク読める。1000年前も今もシンデレラストーリーは痛快だし、一人の人に愛されたいんね。一周回ってやっぱりベタがいいなと気づいた。
が「ナイス!」と言っています。
山田
ネタバレ社会主義と資本主義を風刺してドラクエの世界に上手いこと落とし込んだ経済小説。チューリップバブルとかアヘン戦争とか史実に基づいた話がベースだから分かりやすい。正解のない課題を突き付けられて終わったようで読了してからしばらく考えてしまったが、無知は罪なことはよく分かった。言動が練りこまれていて2周目・3周目と違う気づきが出てくるであろう。本当に素晴らしかった、動画もあるみたいだから視聴してみる。純粋に知を求める、君は紛れもなく賢者だったよ、と言ってあげたい…
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2020/12/30(141日経過)
記録初日
2020/11/01(200日経過)
読んだ本
224冊(1日平均1.12冊)
読んだページ
66880ページ(1日平均334ページ)
感想・レビュー
224件(投稿率100.0%)
本棚
5棚
自己紹介

26歳。色々読みたい読書初心者。
自分用の備忘として記録しています。

皆さんの感想を読み歩くのが好きです。思わずコメントしたくなる素敵な感想が多いですが、自分からコミュニケーションをとることが苦手なのでせめてものナイス、押させてもらってます。

【新刊備忘】
5/17 猫狩り族の長
6/4 ワンピース99

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう