読書メーターあなたの読書量を記録・管理

REIさんのお気に入り
2

  • haru@(プチ復活)灯れ松明の火
    • B型
    • 技術系
    • 長野県

    注意)感想文は、ネタバレマークがなくてもほとんどネタバレです。

    ------------------------------------------------
    文庫フリークさんに賛同。HNに「灯れ松明の火」を付けました。少しでも節電に心がけ震災復興支援

    。(2011/04/05)「灯れ松明の火」は文庫フリークさんが考えられ、名付けられました。以下引用です。

    ・《松明の火》言葉自体は上橋菜穂子さん『獣の奏者』完結編から
    ・童門冬二さんの『小説上杉鷹山』《復興の種火》から
    但し津波後火災被害に見舞われている地域が有ったため、種火はまずかろう。行方不明の方探すのと、松明の火は『獣の奏者』で受け継がれるものの象徴だったから。
    ------------------------------------------------

     若いころ「大藪春彦」「池波正太郎」だけ読みふけっていました。その後二十数年、技術系以外の本には興味なく「読書」しませんでした。
     近年、ある出来事をきっかけに「自己啓発本」や「成功本」を読み始め、そして「文学」へと・・・「本当の?読書」に目覚めてきました。
     失われた二十年?を取り戻すかのように色々なジャンルの本を読もうと思っています。夢は「知的読書生活」です。

    ▼09年05月文学目覚め▼09年06月「太宰治」▼09年10月「夏目漱石」▼10年02月「芥川龍之介」▼10年03月「三島由紀夫」▼10年04月「シェイクスピア」oh!▼10年05月「ドストエフスキー」▼10年06月 て、て、「哲学」?▼10年07月「ドストエフスキー」▼10年08月「トルストイ」他▼10年09月「トルストイ」他▼10年10月 続「トルストイ」他▼10年11月「有川浩」▼10年11月 「トルストイ」▼10年12月 ヘッセ、ディケンズ等▼11年01月「夏目漱石」再び▼11年02月「谷崎潤一郎」他▼11年03月 新書を色々▼11年04月 有川浩 & トルストイ▼11年05月 有川浩 & トルストイ▼11年06月トルストイ『戦争と平和』▼11年07月 原発関連と色々▼11年08月「遠藤周作」他▼11年09月「遠藤周作」▼11年10月「遠藤周作」▼11年11月「遠藤周作」▼11年12月色々▼12年01月三浦綾子(教会訪問ス)▼12年02月三浦綾子・聖書▼12年03月三浦綾子・聖書 −−此処でひとつの結論。『聖書』にすべてがある!−− ▼12年2月〜『聖書』通読中(他の本はポツポツと)▼12年8月『聖書』読了▼12年9月ディケンズ他▼12年11月百田尚樹▼12年12月トルストイ再(23日受洗)▼13年1月〜『聖書』を主として、多読。スローペースになってます。

    ▼18年11月図書館のある職場で働くようになったので、以前のように色んな本を読んでみようかと…、読書メータープチ復活。

  • garyou

      帰りの電車の中で読む程度。「自分は本が好きである」と信じ込んでゐた時期が長いので、それでもつい本を買つてしまふことしばしば。

    • 全2件を表示

    ユーザーデータ

    読書データ

    プロフィール

    登録日
    2011/07/18(3565日経過)
    記録初日
    2011/04/19(3655日経過)
    読んだ本
    22冊(1日平均0.01冊)
    読んだページ
    5385ページ(1日平均1ページ)
    感想・レビュー
    13件(投稿率59.1%)
    本棚
    6棚
    性別
    年齢
    40歳
    血液型
    A型
    職業
    技術系
    URL/ブログ
    http://blog.zirijo.com
    自己紹介

    学生時代は小説を好んで読みましたが
    最近は本屋を物色しているとマネー関係の本に手が伸びます。

    感想を書くと考えがまとまって
    内容を覚えていられるので
    備忘録のつもりで書いていきたいと思います。

    読みたいな~と思うのは
    というか、知識として知っておきたいのは
    日本や海外の、歴史や神話、古典など。
    ですがなかなか読めません(^_^;)

    これからも楽しく読書していきたいと思います♪

    読書メーターの
    読書管理アプリ
    日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
    新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
    App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう