読書メーターあなたの読書量を記録・管理

4月の読書メーターまとめ

はやと
読んだ本
6
読んだページ
1949ページ
感想・レビュー
6
ナイス
39ナイス

4月に読んだ本
6

4月のお気に入られ登録
1

  • 天使

4月のトップ感想・レビュー!

はやと
東大名誉教授の矢野茂樹さんの哲学本。彼の生活の様子と普段考えていることが描かれる。ウォーバートン氏による哲学史など、基礎知識を頭に入れるのとは違った方向性の本。この類の本を実用目的で上手く使うには、そもそも自分の興味のある問いに対する思考を促進させるような本を選ぶのが良さそうだ。自分が知りたいこと、で、わからないことや考えが及ばないものを事前に特定しておいて、それに合った本を選ぶ。
が「ナイス!」と言っています。

4月の感想・レビュー一覧
6

はやと
小野綾子さんのエッセイを教育という観点から編纂したもの。彼女は戦前日本人の規範精神の一例に挙げられるんじゃないかと思う。その視点から見た現代の教育のおかしな点と、本来あるべき形を論じる。彼女のような思想を持った人間が何人もいるコミュニティはかなり「上手くいく」のだろう。彼女の思想であれば、人間個人としても豊かな生涯を送ることができるだろう。でも、それが最善だとは言い切れない。彼女の精神が持つもの以上のことを求めるのであれば、それが何なのかを明確かつ簡潔に言語化しなければいけない。僕が従うべき規範は何か。
が「ナイス!」と言っています。
はやと
戦前の日本精神の復活を主張した本。日本精神というと軍国主義的で暗いイメージがあるが、それはGHQのプロパガンダであり、かつての日本教科書を読めばわかるように実際には日本人は素晴らしい精神を持っていたのだから、これを取り戻すことを主張している。著者は日本精神の正当性を訴えたいがために、日本礼賛・他国卑下の見方が強く、差別的にさえなってしまっているように見えた。とはいえ、実際に高邁な精神を持った日本人は戦前に多くいたのだろうと思う。そのような人々がありながらなぜWW2の歴史があるのかを考えたい。
が「ナイス!」と言っています。
はやと
立花隆さんの東大教養課程の学生に向けた講義録。世界には自分の知らない面白い概念がたくさんあることが窺えて、知的好奇心が書きたてられた。原理を前提に個別事象を理解しようとするマクロ→ミクロの視点と、個別事象から原理を理解しようとするミクロ→マクロの視点から勉強すれば、両方の視点がバランスよく備わるのかなと思った。小学校、中学校の教科書などをその視点から振り返ってみたい。オンラインのフリー教科書などあるし、読んでみたい。今まで名著と呼ばれるものの原本を読んだことがなかったので、それも挑戦してみたい。
が「ナイス!」と言っています。
はやと
マルクスを唯物論の思想家、資本主義の病理学者、未来社会の開拓者としての三つの側面から説明した本。マルクスが資本主義の問題点にいち早く気づき、それを克服するより良い社会を考案した人物だったことは知っていたが、具体的にそれがどのような社会なのかを知りたくて読んだ。まず彼の考え方のベースが科学の発展にも欠かせない弁証法であり、それを「(人間社会を含む)自然界は弁証法的に前進する」という歴史観に拡張することから始まるのが面白い。このようなパターン的歴史観から未来社会を構想した彼の意見には説得力があるように感じた。
はやと
2021/04/09 01:36

未来を予測するためにマルクスの唯物史観を身に着けたいので、歴史書をたくさん読もうと思う。 ただ、今マルクスの目で未来社会を構想するとしたら、コンピュータの発達は外せない。コンピュータの歴史も勉強しよう。

が「ナイス!」と言っています。
はやと
哲学とは何だろうか?ヤスパースは哲学の特徴として、科学とは違い全ての人に普遍かつ妥当な結論がないこと、蓄積による進歩発達がないことを挙げた。その本質は「途上性」であり、視点を変えて、人生の「途上性」という本質と軌を一にする。哲学は「人間の目ざめ」とともに始まるという。 著者山口氏はこの視点から哲学を理解したときに、生きている限り哲学は避けられないので、哲学を役立つ・役立たないという次元で語ることは出来ないという。しかし、意識的に哲学するとき、それは自分の人生をデザインするという意味を持ちうると思う。
はやと
2021/04/04 07:23

意識的な哲学は、自分の人生のデザインだ。盆栽に似ていると思う。勝手にあちこちへ向かう自分の意識をどう剪定するかを考え続けるのが哲学なんじゃないかな。信念をあれこれ試しつつ、吟味することと言ってもいいかもしれない。

はやと
2021/04/04 07:26

どう生きるか。どう生きたいのか。

が「ナイス!」と言っています。
はやと
東大名誉教授の矢野茂樹さんの哲学本。彼の生活の様子と普段考えていることが描かれる。ウォーバートン氏による哲学史など、基礎知識を頭に入れるのとは違った方向性の本。この類の本を実用目的で上手く使うには、そもそも自分の興味のある問いに対する思考を促進させるような本を選ぶのが良さそうだ。自分が知りたいこと、で、わからないことや考えが及ばないものを事前に特定しておいて、それに合った本を選ぶ。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2021/03/07(73日経過)
記録初日
2021/03/07(73日経過)
読んだ本
39冊(1日平均0.53冊)
読んだページ
8723ページ(1日平均119ページ)
感想・レビュー
39件(投稿率100.0%)
本棚
7棚
自己紹介

大学生です。考えることがすきです。

参加コミュニティ1

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう