読書メーターあなたの読書量を記録・管理

6月の読書メーターまとめ

こみっくま🌿柳緑花紅
読んだ本
5
読んだページ
1521ページ
感想・レビュー
5
ナイス
2446ナイス

6月に読んだ本
5

6月のお気に入られ登録
4

  • absinthe
  • ようこ
  • 初雪ハロー
  • 京乃

6月のトップ感想・レビュー!

こみっくま🌿柳緑花紅
ネタバレ1993年売り手市場の就職期に乗り遅れた世之介、そして2020年のオリンピックに沸く時代を交互に描きながらこの続編は描かれていく。浮草人生が自分の性に合っていると思う世之介はその通りに生きている。彼に関わる人達も彼の人懐っこくも頼りない人となりを愛しながら、時には利用しながら「あいつのようにはなりたくない」と蔑んでいたりする。損な役回りだよなあ。とつい思ってしまう。世之介の人生は人助けといういかにも彼らしい終わりを迎えた。しかし世之介不在の世界にも彼の存在の大きさが際立った。「善良」の塊、世之介に乾杯。
が「ナイス!」と言っています。

6月のトップつぶやき!

こみっくま🌿柳緑花紅

こんばんはー🌙😃❗️なかなか読み進まないので併読します。夕食の支度しながらどれくらい読めるか⁉️今夜のおかずはロコモコです😋🍴💕【珈琲読書会】参加します(^-^)v

こんばんはー🌙😃❗️なかなか読み進まないので併読します。夕食の支度しながらどれくらい読めるか⁉️今夜のおかずはロコモコです😋🍴💕【珈琲読書会】参加します(^-^)v
が「ナイス!」と言っています。

6月の感想・レビュー一覧
5

こみっくま🌿柳緑花紅
ネタバレ前作以上にアクの強い面々の中で結衣は奮闘する。何故こんなに揃いも揃って使えない新人ばかりなの?と呆気に取られたり、前時代的で封建的な取引先のフォースに苦しめられる。そんな中で働き方改革として定時に帰る結衣の姿勢を支持していた社長の立場も危うくなる。何とか今の体制を守りながらフォースとの取引を成功させたいと思う結衣の前に立ちはだかる壁は厚い。かつて結衣との結婚より仕事を選んだ晃太郎の真意が後半に判る。クールだと思っていた彼にも情に厚い所があるんだな~どうなるのって思いながら読んだけどハッピーエンドで良かった
が「ナイス!」と言っています。
こみっくま🌿柳緑花紅
ネタバレ前巻から既にもうラスト感がぷんぷん漂っていたけどもう1巻引っ張られた。両家の顔合わせで要の親族の胃袋を掴んだ美音。無事に結婚式も終え、ぼったくりの改装をする間に新婚旅行。場所は美音の兼ねてよりの希望だった各地の蔵元めぐり。二人の帰還を待つ間にも周囲の人のきめ細やかなサプライズがあり、妹の馨の成長もあり。二人を包み込む温かい人間模様はずっと続いて行くのだなあとなんだか幸せな気持ちになった。ずっと読み続けたシリーズが完結するのは寂しいもんだなあ(ノД‘)・゜・。
が「ナイス!」と言っています。
こみっくま🌿柳緑花紅
ヴィレッジヴァンガードの店長の経歴がある花田さんはある日夫と別居する事になる。そんな時に飛び込んだXという出会い系サイト。冒頭から著者は危ない状況に追い込まれそうになったり本のお薦めが巧く行かなかったりする。確かに見ず知らずの人に出会いそれぞれの話を聞きながらその人が気に入りそうな本を薦めるって凄く大変だろう。紆余曲折ありながらも「本を薦める修行」は彼女にとって功を奏し思いがけない出会いによって彼女の人生は変わる。サブカルを中心に小説やコミックなど著者が選ぶ本には興味津々。ぜひ経営する書店を訪れてみたい。
が「ナイス!」と言っています。
こみっくま🌿柳緑花紅
ネタバレ1993年売り手市場の就職期に乗り遅れた世之介、そして2020年のオリンピックに沸く時代を交互に描きながらこの続編は描かれていく。浮草人生が自分の性に合っていると思う世之介はその通りに生きている。彼に関わる人達も彼の人懐っこくも頼りない人となりを愛しながら、時には利用しながら「あいつのようにはなりたくない」と蔑んでいたりする。損な役回りだよなあ。とつい思ってしまう。世之介の人生は人助けといういかにも彼らしい終わりを迎えた。しかし世之介不在の世界にも彼の存在の大きさが際立った。「善良」の塊、世之介に乾杯。
が「ナイス!」と言っています。
こみっくま🌿柳緑花紅
ネタバレ麦本三歩。大学図書館の司書。本に話しかけたり突飛な行動をするかなりの不思議ちゃん。先輩達からは毎日叱られているがどこか憎めない愛され&許されキャラ。自殺を失敗したと自虐的に語る友達に「死んでもいいよ」という彼女。一瞬ギョッとするが続く彼女の言葉はとても素直な気持ちが込められていてどんな励ましよりも温かい。様々な人との関わりで自分の中の甘えに気付く場面には私自身もハッとさせられた。でも三歩の独特の感覚についていけない部分があって概ね読みにくかったな^^; ブルボンのお菓子好きっていうのには共感するけど(笑)
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2011/09/29(2853日経過)
記録初日
2002/02/22(6359日経過)
読んだ本
1281冊(1日平均0.20冊)
読んだページ
380210ページ(1日平均59ページ)
感想・レビュー
1181件(投稿率92.2%)
本棚
9棚
性別
血液型
O型
職業
自営業
自己紹介

初めまして こみっくまです。
こみちゃんでもくまちゃんでもなんでもOKです。
どうぞよろしくお願いします。  

5歳年上の夫&高校生の娘そしてもうすぐ5歳のキジトラ猫(♂)と
もうすぐ1歳のキジ白猫(♂)といっしょに九州の片田舎で暮らす
50代の主婦です(o^∇^o)ノ
図書館で借りて お茶やコーヒーを飲みながらのんびり読書をするのが
好きです。軽いミステリやホロリとするお話やノンフィクション、
そして『みをつくし料理帖』(髙田郁)にハマってからは
時代小説も気になって来ました。ホラーやファンタジーは苦手^^;
月に10~15冊くらい読むでしょうか(^^)

2011年9月28日、読メ登録。
読友さん、そして読メメンバーの皆さん、
いつもナイスやコメントありがとうございます♪
自力では出合えなかったであろう小説で何度感動したことか!
読メに登録してから読書LIFEが充実しまくりです。
感謝感謝(v人v)


◆気になる作家さん(順不同・敬称略)・・・・髙田郁/原田マハ/彩瀬まる/小林由香/西加奈子/藤岡陽子/益田ミリ/柚月裕子/垣谷美雨/三浦しをん/瀬尾まいこ/森絵都/森下典子/秋吉理香子/窪美澄/朝比奈あすか/町田そのこ/薬丸岳/下村敦史/石井光太/高野秀行/今野敏/森沢明夫/小路幸也/池井戸潤/百田尚樹/重松清/荻原浩/奥田英朗など。

◆【ナイス】既読本でうんうん♪と思ったらポチっとやります。

◆【お気に入り登録】共読本が多く、感想が似通っている方に飛びつきがち。レビューのUPがない方や★表示のみの方、ごめんなさいm(__)m

◆【つぶやき】一日2回程度。
   本ツブの他、日々のつれづれ、猫写メつぶもあります。あしからず。

◆私のレビューは・・・・【自分の読書覚書】という点に比重を置いているので
自分が感じたままに「良かった」とか「自分には合わなかった」とか
割合ハッキリと書いています。
嫌な思いをさせてしまったらごめんなさい。


※絵本やコミックも好きですが登録はしていません。
絵本のレビューはこちら⇒http://www.ehonnavi.net/member.asp?no=11218

・・・ということで登録したり解除したりはご自由にどうぞ。
こんな私ですがどうぞよろしくお願いします(^-^)ノ

●2018年2月『鉄の骨』(池井戸潤)で感想1000件迎えました。



       2019年4月  こみっくま          

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう