読書メーターあなたの読書量を記録・管理

12月の読書メーターまとめ

おとや
読んだ本
8
読んだページ
1495ページ
感想・レビュー
7
ナイス
13ナイス

12月に読んだ本
8

12月のトップ感想・レビュー!

おとや
『歴史人』の連載をまとめ直した城郭、城郭戦に関する新書。著者もあとがきに書いているが、エッセイ的にせず、しっかりと調査をして書かれていることが分かり、その点は好感を持てる。また、地図が多く付されているのもありがたい。一方で、「筆者は〜と考える」と書いている部分の多くで、紙幅の関係か根拠が示されていなかったり、参考資料が膨大になると言いながら、巻末に参考資料一覧が付されていなかったりと、研究書にはなりきれていない、中途半端な印象も受ける。また、個人的には勝頼公に対する当たりがきついのが辛い。
が「ナイス!」と言っています。

12月の感想・レビュー一覧
7

おとや
山梨と長野がいっぱい出てきて楽しい。冬キャンプ、寒そうだけれど楽しそうだなあ。
おとや
タイトル、ファが抜けているのはヨナ抜き音階を意識しているんだろか。ストーリー的にはまだ序盤なので、これからどう話が展開していくかな、というところ。笛吹きとしては篠笛か龍笛も出てきてくれると嬉しいけれど。あとまあ、純邦楽の世界は良くも悪くも流派関係とは切り離しづらいので、がっつりカットするのも一つの手だけれども、そちらの要素もしっかり描いてくれると面白くなるだろうな、と思う。
おとや
4コマ割のコメディ。さらに長尾景虎女性説を取っているので、ベースの部分はめちゃくちゃな感じなのだけれど、意外と史実と整合性が取れており、絶妙なバランス感覚。面白い。
おとや
『歴史人』の連載をまとめ直した城郭、城郭戦に関する新書。著者もあとがきに書いているが、エッセイ的にせず、しっかりと調査をして書かれていることが分かり、その点は好感を持てる。また、地図が多く付されているのもありがたい。一方で、「筆者は〜と考える」と書いている部分の多くで、紙幅の関係か根拠が示されていなかったり、参考資料が膨大になると言いながら、巻末に参考資料一覧が付されていなかったりと、研究書にはなりきれていない、中途半端な印象も受ける。また、個人的には勝頼公に対する当たりがきついのが辛い。
が「ナイス!」と言っています。
おとや
家に新しく神棚を設置しようかと検討するにあたり、気をつけるべきことや、日々の運用法(?)を把握したくて読んでみた。ちょっとエッセイ寄りというか、読みやすいのはいいのだけれど、割とファジーで、そんなんでいいのかな、という感じもしたけれど、柔らかく入って、少しずつ学習していく、というのもありなのかもしれない、とは思った。
おとや
以前読んだ著書よりも、散文的というか、少々まとまりがなく、読みづらい感じはある。
おとや
本事件に関するルポルタージュを読むのはこれで2冊目なのだけれど、1冊目には書かれていない内容もあり、興味深かった。しかし、読み進めるのがなかなかに辛い事件ではある。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2009/02/17(3258日経過)
記録初日
2008/03/04(3608日経過)
読んだ本
2248冊(1日平均0.62冊)
読んだページ
421397ページ(1日平均116ページ)
感想・レビュー
1229件(投稿率54.7%)
本棚
183棚
性別
現住所
山梨県
外部サイト
URL/ブログ
http://otoyalog.hatenablog.com/
自己紹介

中部地方に住む雇われバーテンダー兼フリーのライター兼プログラマ兼無職。

小説、宗教関連書、映画関連書、言語学関係書、語学関係書を中心に読んでいます。漫画も読んでいます。要するになんでも読みます。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう