読書メーターあなたの読書量を記録・管理

10月の読書メーターまとめ

飛鳥栄司
読んだ本
2
読んだページ
672ページ
感想・レビュー
2
ナイス
25ナイス

10月に読んだ本
2

10月のお気に入り登録
2

  • バ度ホワイト
  • きうりっち

10月のお気に入られ登録
3

  • バ度ホワイト
  • きうりっち
  • ジャータカうさぎ

10月のトップ感想・レビュー!

飛鳥栄司
金田一耕助が登場する「貸しボート十三号」の原型だったり、1922年に実際に起ったホール・ミルズ事件をモチーフにしていたりと話題性が豊かな作品である。途中かなりダレるのと、容疑者が多い割に捜査陣の動きをクローズアップし過ぎて、提示される証拠が容疑者との絡みに繋がっていかない展開に、少々焦れったを感じる。序盤の勢いと登場位人物が出揃ってから、中盤は容疑者を絞っていくようなストーリー展開にはならないが、燻っていたモヤモヤを晴らすかのような後半は目まぐるしく捜査が展開され、一気に解決に解決に持っていく流れは秀逸。
が「ナイス!」と言っています。

10月の感想・レビュー一覧
2

飛鳥栄司
金田一耕助が登場する「貸しボート十三号」の原型だったり、1922年に実際に起ったホール・ミルズ事件をモチーフにしていたりと話題性が豊かな作品である。途中かなりダレるのと、容疑者が多い割に捜査陣の動きをクローズアップし過ぎて、提示される証拠が容疑者との絡みに繋がっていかない展開に、少々焦れったを感じる。序盤の勢いと登場位人物が出揃ってから、中盤は容疑者を絞っていくようなストーリー展開にはならないが、燻っていたモヤモヤを晴らすかのような後半は目まぐるしく捜査が展開され、一気に解決に解決に持っていく流れは秀逸。
が「ナイス!」と言っています。
飛鳥栄司
殺人が起こるのが3分の2を過ぎたあたりなので、随分とのんびりとした感じだなぁと思っていたら、それまで屋敷内で起こっていたあれやこれやが、ものの見事に解決の糸口となっていたことに驚いた。この手の物語の進め方はクリスティが得意としているところだが、本作はそれを凌駕するくらいの出来である。ビール警部が前半の出来事を丁寧に整理したところで挿入される「読者への挑戦」も良いタイミングで仕掛けられており、読み応えのある本格ミステリである。夜見逃すことのないように。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2011/11/03(2933日経過)
記録初日
2011/11/12(2924日経過)
読んだ本
366冊(1日平均0.13冊)
読んだページ
130487ページ(1日平均44ページ)
感想・レビュー
312件(投稿率85.2%)
本棚
3棚
性別
血液型
A型
職業
IT関係
現住所
東京都
外部サイト
URL/ブログ
http://d.hatena.ne.jp/asuka_project/
自己紹介

みんなで海外ミステリを読もう!

【所属】
福島読書会
横溝読書会(司会やってます)

海外ミステリを中心に感想を書いていきます。
普段、手が伸びない海外ミステリを手に取りやすくなってくれれば、嬉しいです。


読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう