読書メーターあなたの読書量を記録・管理

3月の読書メーターまとめ

日向永遠
読んだ本
5
読んだページ
1929ページ
感想・レビュー
5
ナイス
337ナイス

3月に読んだ本
5

3月のトップ感想・レビュー!

日向永遠
一九八四年を読んだ流れでこちらも読了。ディストピアではあるけど種類が違う。1984の超管理社会に対しこちらは全体幸福の実現した世界。生まれる(試験管みたいな瓶から!)まえから階級が定められ、睡眠学習により条件付けされる。自分の階級に疑問をいだくこともなく、日々決められた労働とソーマ(麻薬みたいなもの)による幸福感を得る。そこに野人(外の人)が問題提起するというアウトライン。 ある意味理想?じゃんと思うが、そこが恐ろしい所。けれど汲々と生き疲れ果てている人が多い現在世界と比べどちらが幸せ?と考える。
が「ナイス!」と言っています。

3月のトップつぶやき!

日向永遠

春の恵み

春の恵み
Cobu
2017年03月07日 07時58分

すぐ天ぷら!と思ってしまう私は花より団子…f^_^;)

が「ナイス!」と言っています。

3月の感想・レビュー一覧
5

日向永遠
新編集のデック短編傑作選第三集です。やっぱりデックです。表題作の「変数人間」よくこんなの考えつくな。素直に面白い。今回の中では「ペイチェック」が一番面白かった。つづいては「超能力世界」ユービックにでてきた超能力を中和する反能力のもとはここでしたか。この際だからあと3冊、読むことにします。
が「ナイス!」と言っています。
日向永遠
表紙デザインがかわりましたね~中身に大きな変化なし。
が「ナイス!」と言っています。
日向永遠
デック最高!短編の方が好きかも^_^「おお!ブローベルとなりて」なんておーO.ヘンリーか?と超えてます!「にせもの」の二転三転劇。「アジャストメント」「父祖の信仰」はオーエルの1984を思い出したり。刺激に満ちた作品集です。
が「ナイス!」と言っています。
日向永遠
PKDと言えば現実と非現実の曖昧さ、どちらが現実か?と言うよりそもそも現実とは何か?を描く作家です。トータル・リコールとマイノリティ・リポートの二つの傑作と8編の短編からなる。傑作二編以外ではミスター・スペースシップ、吊るされたよそ者、訪問者等が好き。SFの楽しさが詰まってます!アニメ サイコパス等に多大な影響を与えているのが分かります。
が「ナイス!」と言っています。
日向永遠
一九八四年を読んだ流れでこちらも読了。ディストピアではあるけど種類が違う。1984の超管理社会に対しこちらは全体幸福の実現した世界。生まれる(試験管みたいな瓶から!)まえから階級が定められ、睡眠学習により条件付けされる。自分の階級に疑問をいだくこともなく、日々決められた労働とソーマ(麻薬みたいなもの)による幸福感を得る。そこに野人(外の人)が問題提起するというアウトライン。 ある意味理想?じゃんと思うが、そこが恐ろしい所。けれど汲々と生き疲れ果てている人が多い現在世界と比べどちらが幸せ?と考える。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2009年02月28日(2978日経過)
記録初日
2007年01月12日(3756日経過)
読んだ本
1200冊(1日平均0.32冊)
読んだページ
360234ページ(1日平均95ページ)
感想・レビュー
808件(投稿率67.3%)
本棚
3棚
性別
血液型
O型
職業
事務系
現住所
山梨県
自己紹介

SF、ホラー、ファンタジー、怪奇、幻想、ミステリー・・が好きです。
読書以外の趣味は模型作成とウォーキング&ランニング、トレッキング。

今までの読書遍歴
小学生の頃

学研の科学と学習
子どもの科学 が大好きでした

中学生の頃

シャーロック・ホームズシリーズ
江戸川乱歩を知りショックを受ける。このショックは今に続く。

小松左京、平井和正・・等々、日本・海外SFを読みあさる。

本好きはこの頃から・・

高校生の頃

純文に少し目覚めて安部公房やカミュ、カフカ等を読み感銘をうける。(幻想系の純文ですね・・普通の純文?はいまだに穴)

専門学校の頃

柴田錬三郎 の三国志(英雄ここにあり)に感動。歴史ものに少しはまり吉川英治をの何作か、山田風太郎を読みあさる。

社会人(初期)

環境の変化からか本を読まない生活にこの時期印象にのこっているのは

宇宙の戦士 (ハインライン)
夢枕獏のシリーズもの

社会人(中期)
 不毛の時代??

現在
 ブログや読書メーターを知り、読書熱再燃。

生涯ベスト(順不同)

モンテ・クリスト伯
江戸川乱歩の初期短編
果てしなき流れの果てに(小松左京)
ウルフガイシリーズ(平井和正)
英雄ここにあり(柴田錬三郎)
銀河帝国の興亡(アシモフ)
ガダラの豚(中島らも)