読書メーターあなたの読書量を記録・管理

7月の読書メーターまとめ

AnmitsuK (うろ覚えムーミン)
読んだ本
5
読んだページ
1404ページ
感想・レビュー
5
ナイス
25ナイス

7月に読んだ本
5

7月のトップ感想・レビュー!

AnmitsuK (うろ覚えムーミン)
頭のいい人の話を聞くことで、自分の頭もよくしよう……という本だと思う(アホな感想)。0から1にする本ではなく、3か4くらい知っていることについて、8か9くらいまで認識を深めるためのツールとして使うのが正しいのだろう。実際、こういう書籍を手にする人は、自分を取り巻く世界に対して、なんらかの問題意識を抱いている人がほとんどだろうから。
が「ナイス!」と言っています。

7月の感想・レビュー一覧
5

AnmitsuK (うろ覚えムーミン)
ボーッと生きている大人は、チコちゃんに叱られる前にこれを読むといい。
が「ナイス!」と言っています。
AnmitsuK (うろ覚えムーミン)
テレ東選挙特番で話題になったテロップ芸『政界版・悪魔の辞典』に、注釈を設けて書籍化したもの。右も左も中道もオールレンジで攻撃対象にする池上イズムを堪能できる。高校で選挙の教育に、テキストとして使用したらどうか?(でも日教組の先生は嫌がるだろうな)
が「ナイス!」と言っています。
AnmitsuK (うろ覚えムーミン)
2007年に刊行された『昭和史入門』に、3つの章を追加した増補改訂版。63年におよんだ昭和という時代をいかに見つめるべきかを冷徹に説いており、著者:保阪正康の抱く「保阪史観」が如実に顕れた書……なので、いささか「入門」と銘打つには味が濃すぎるというか、カンタンに俯瞰的な知識を得たいというニーズにはそぐわない気がする。まず最初に手に取るならば、太平洋戦争に論を絞った『あの戦争は何だったのか』(新潮新書)か、もう少し平易な『昭和時代』(朝日おとなの学び直しシリーズ)のほうがよろしかろう。
が「ナイス!」と言っています。
AnmitsuK (うろ覚えムーミン)
今まで読んだ批評系の本の中で、ダントツに一番面白かった(それにしても、どうして評論家という人達は、男同士のイチャイチャを語ると凄まじいハイテンションになるのだろう・笑)。
が「ナイス!」と言っています。
AnmitsuK (うろ覚えムーミン)
頭のいい人の話を聞くことで、自分の頭もよくしよう……という本だと思う(アホな感想)。0から1にする本ではなく、3か4くらい知っていることについて、8か9くらいまで認識を深めるためのツールとして使うのが正しいのだろう。実際、こういう書籍を手にする人は、自分を取り巻く世界に対して、なんらかの問題意識を抱いている人がほとんどだろうから。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

AnmitsuK (うろ覚えムーミン)
AnmitsuK (うろ覚えムーミン)
47お気に入られ7月の読書メーターまとめ

読書データ

プロフィール

登録日
2011/12/26(2801日経過)
記録初日
2011/12/26(2801日経過)
読んだ本
643冊(1日平均0.23冊)
読んだページ
181821ページ(1日平均64ページ)
感想・レビュー
580件(投稿率90.2%)
本棚
12棚
外部サイト
自己紹介

昭和史とプリキュア(主に『ハトプリ』以降)を嗜むマン

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう