読書メーターあなたの読書量を記録・管理

7月の読書メーターまとめ

森閑書庫
読んだ本
35
読んだページ
6121ページ
感想・レビュー
35
ナイス
126ナイス

7月に読んだ本
35

7月のトップ感想・レビュー!

森閑書庫
たまらないエロさとたまらない美麗な絵柄。丁寧に描き込まれた美しい美少女が悪魔との交わりで乱れる乱れる。そんじょそこらのエロ漫画よりも遥かにいやらしく淫らに女の子が乱れるので、もはやエロというより「エロティシズムという名の芸術」みたいなレベルになっている。ストーリーも気になる展開が連続し、この後からどういう展開へ繋がってゆくのか目が離せない。
が「ナイス!」と言っています。

7月のトップつぶやき!

森閑書庫

松居一代にしてもなんにしても、最近のテレビは「うるせぇよ」感が凄まじいので見る気が起きない。「うるせぇよ」という以外に何か感想を言えるような番組が非常に少ない。

どべ
2017/07/13 01:25

この媒体はこっちを一方的に受け手にさせられてる感ありますし。

が「ナイス!」と言っています。

7月の感想・レビュー一覧
35

森閑書庫
投資へ進出する最初の足掛かりとした。とりあえず入門書としてはそれなりに値段通りの情報量という印象だった。安く早く投資を始める分には読んで損はない。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
物語としても漫画としてもこの巻で一段レベルが上がったような気がする。伊丹を初めとして女性陣のエピソードが秀逸。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
暑いので肌色成分の多い漫画を読もうの会。とりあえず暑いので二巻へ。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
とりあえずエロい女子が見たいというだけの理由で購入したカラー電子版…「漫画をカラーで読める」という体験以外にはとりあえずお色気抜群だったことしか覚えておらず、絶望的な程話の印象が残っていない感。またムラムラしてきたら次巻を買うと思う。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
どうにもこの「マヌケの陸軍」という構図は日本が太平洋戦争で愚かな敗北をして以来ずっと変わっていない構図のような気がする。/この辺りから徐々に話の内容に政治が本格的に絡んできてややこしくなる。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
みんな大好き蒔絵お嬢様回&大暴れハルナ。あんなトンデモ設備が大量に遺されている硫黄島をそのまま放置したら人類の科学技術に絶大な影響を与えてしまうのではないか、と思ったのは私だけではないはず。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
「楽しいから」以外に理由を持たずに取り組むことができるという、ストイックさの先にある悟りのような境地。そういう所に最初から立てる人間というものは確かに存在していて、私も小寺さんのように楽しんで人生を歩ける人になりたいと思う。そう思える爽やかな終わり方だった。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
(純情一途ながら妙に奔放で巨乳な)ギャル(との)ごはん(ほんの少しとその他大半が普通のラブコメディ)。ごはんネタはあるのかないのかすら分からない程薄く、ヒロインの可愛らしさにしか目がいかない。まあ、純情ギャルとか言い出した段階で架空の生命なわけであるが、それ目当てで買うならば当作はアタリである。ごはん目当てで買うと完全に失敗する。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
若者らしい屈折を抱えた周辺人物たちが小寺さんの純粋さからくるストイックで真摯な姿勢を見て、自分の中にある何かを再生してゆく。地味ながらも小寺さんの真摯さがどうしても好きで読むのをやめられなくなる。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
エロい!むっちり!エルフ!ギャグ!ヒロインがみんなカワイイ!エロい!むっちり!肉感的!、という、男なら誰でも見ずにはいられない要素がてんこ盛り。エロ漫画ではない筈なのに無限大のエロさ。申し訳程度のダイエット知識。フライドポテトは確かにうまい。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
今作一気に入らないUボートの艦長、響さんカワイイ、ハルナは蒔絵との邂逅で変化し…という、幕間を描く巻。後に物語の一番重要なポイントとなるあれこれが一気に動く巻でもある。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
やってることとしてはつまりパワーレベリングというわけで、自分よりも格上の敵を知恵と戦術でやっつけて回る事で高速でレベルを一気に上げ、レベル上げボーナスで次の敵と戦うための準備を整えるという一番難しい奴である。ここから難敵が増えて行って更にどういう知恵で切り抜けていくのか注目どころか。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
爆沈のハルナ&キリシマから突如下着姿のハルナ&蒔絵の邂逅に移る所は何度見ても「ゑ?」となる。所々に妙な外連味を挟んでくる所も当作の魅力の一つ。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
堂々登場ハルナ&キリシマのペア、そして予想外の能力がてんこ盛りな白鯨。登場する霧の艦が多くなればなるほどそれぞれの戦術的能力が際立ち、全体的に立案される作戦が複雑化してゆく。やはりキャラクター群像劇として秀逸だし、それを海戦でやろうとする所に面白さしか覚えない。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
電子版で全巻買い直したので最初から読み直し。最初読んだときには絶望的に訳が分からなかった戦術や戦闘の展開が、二度三度繰り返し読むことで潜水艦の知識と共にだんだん理解できるようになってくる感覚が面白い。高難度の戦術ゲームを見ているかのよう。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
一巻はどちらかというと小寺さんのストイックに頑張る姿に色んな人が影響されて頑張り始める感じだったが、二巻では小寺さん本人のストイックな姿がよりクローズアップされてチャームポイントになる。こんなに可愛くてストイックな女の子がいたら確かに高校も楽しかったかもしれない。話の面白さというよりは少女の可愛らしさと精神的な美しさを楽しむ漫画として形ができてきた。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
あんな規模感で軍勢を呼び寄せる猿みたいなモンスターがいるとすれば、サバイバルゲームというよりも戦略ゲームになるのも当然っちゃ当然なのだが、訳が分からない毒蜘蛛戦術が炸裂しているあたりにやはりゲームっぽさを感じる。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
頑張り屋さんでストイックな少女である小寺さんが可愛い。ボルダリングのみならず何事にも全力で取り組み、最善を尽くすための努力を欠かさないストイックさに惚れる。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
ゲームキューブで「動物番長」をプレイした時の感覚に非常に近いものがあった。弱肉強食の世界の中で自分のスキルを駆使しながら他の魔物を食い散らかし、そうして成長して進化してゆく様はまさに「魔物番長」というか、そういう系統のゲームをプレイしている感覚に非常に近い。転生モノはアニメで見る以外は敬遠していたが、なるほどつまりゲームと感覚が近いと考えればわかりやすいのかもしれない。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
残酷で冷徹な弐瓶勉ワールドに今作から初めて足を踏み入れてみる。薄いタッチの絵柄でバンバン人が死んでゆき、謎めいた世界で次から次へと謎めいた事態が連発する。こうやって謎が謎を呼んでいきどんどん難解になってゆくのがSFの醍醐味であるなあ、としみじみ実感するような弐瓶勉ワールド。心躍る日本式SFの極致から目が離せない。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
たまらないエロさとたまらない美麗な絵柄。丁寧に描き込まれた美しい美少女が悪魔との交わりで乱れる乱れる。そんじょそこらのエロ漫画よりも遥かにいやらしく淫らに女の子が乱れるので、もはやエロというより「エロティシズムという名の芸術」みたいなレベルになっている。ストーリーも気になる展開が連続し、この後からどういう展開へ繋がってゆくのか目が離せない。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
主人公である古見さんがただの美少女キャラではなく、小動物のような可愛らしさをもって描写されるあたりがグッとくる。話の筋として面白いというよりも主人公の反応を見て楽しむ漫画。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
影夕子、そういえばそんな話でしたねーと、アニメ版で見た内容を原作漫画で記憶再現している。今回はお色気成分みたいなものは寧ろ少な目で、夕子さんの純真さと可愛らしさが目立つ。巻ごとに描き方や描くシーンを変えている、という事もないだろうけど、シリーズ構成の妙かなと思う。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
再読。電子版/オイレンシュピーゲルと読み比べるとやはりスプライトの方がバトルシーンが映像的に描かれている事が特徴かなと思う。三次元的な空戦機動を自在に文章の上で描き出す冲方丁の技量もさることながら、物語全てが混然一体となってスピーディに進行してゆく感覚は何度読んでも病みつき。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
再読。電子書籍版/これでもう涼月ちゃんの表紙が擦り切れてボロボロになることもない、涼月ちゃんの凛々しい姿は永久に僕のもの――そう醜悪な笑みを浮かべる男:私。焦りのあまり合本版と通常版を重複して購入するとかいう頭の悪い失態を演じたが、三人娘の悪ふざけ<オイレンシュピーゲル>を二倍楽しめるということでよしとする/スピーディ&エモーショナルな最初期の冲方丁の粗削りさが爆発的な熱量を伴って迫りくる。圧倒/圧巻な我が聖典は何度再読しても健在。早くテスタメントまで電子化して六人娘全員我が手中にしたい。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
色っぽい女性の描き方という点ではもう、ね。抜群にたまらない。学園ミステリーものとしてのストーリーよりも夕子さんの色っぽさにどうしても目が行ってしまうのは男としての悲しき性である。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
とりあえずスーシェフが可愛いです。/サーヴィスとはなんたるかを叩き込まれるような話から、レストランとしての経営や食材調達の問題に至るまで。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
この妙な所で夕子さんの色気が爆発するのがたまらない。物語の内容としては少しずつ「二人目」の存在が明らかになってきて、そういえばそんな話だったなと思い出す。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
ふと気が付くとクスッと笑ってしまう系の作品。絵柄が可愛い上にあまり深く考えずに読み進められる。実際にこれだけ寝心地のいい環境があったら私も魔王城に行ってみたいものである。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
アニメ版を見て満足していたが、そういえばラストを見ていなかったと思い原作漫画を購入。アニメ版のひたすらミステリアスで色っぽい夕子さんと少し毛並みの異なる、ミステリアスながらもコミカルな表情を持った夕子さんの姿がお美しい。セリフはしっかり原由実ボイスで脳内再生されるあたり、やはりはまり役であったのだろうなと思う。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
弱そうに見えて決して弱くないもの。まさにそんな存在が主役の巻だった。彼との接触を経て更に人間らしくなってゆくフシがどこへ向かって行こうとするのか目が離せない。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
読み進めるのが辛い巻。まさかこんなに早くこんなに可愛らしいキャラクターが物語から消えてしまうとは予想できなかった。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
普通に掃除ネタ漫画として一興。実際に役立ちそうな知識が多いうえにヒロインたちが可愛いので読み進めやすい。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
初期の弱々しいヒロイン像はどこへやら、賢明かつ純真さを忘れないフェネシスの姿が見ていて心地よい。
が「ナイス!」と言っています。
森閑書庫
乙嫁語りにはじまり森薫の偏執的とすら言える書きこみの世界観に惚れこんだ私は、その最初期のルーツである作品から辿る事にした。というわけで、長らく読もう読もうと思いつつ先延ばしにしていた作品に手を付ける。地味ながら森薫らしい質実剛健さが満ち溢れる一巻。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/01/09(2054日経過)
記録初日
2010/01/18(2775日経過)
読んだ本
593冊(1日平均0.21冊)
読んだページ
156353ページ(1日平均56ページ)
感想・レビュー
465件(投稿率78.4%)
本棚
134棚
外部サイト
自己紹介

“仲介者”
INFP型気質の人は、真の理想主義者で、極悪人や最悪の出来事の中にさえも、常にわずかな善を見い出し、物事をより良くするための方法を模索しています。落ち着きがあり控えめで、内気にさえも見られますが、内には激情と情熱があり、まさに光を放つ可能性を秘めています。全人口のわずか4%を占めているだけで、残念ながら、誤解されていると感じることが多いかもしれません。しかし、同じ考えを持つ人々を見つけて共に過ごす時、そこで感じる調和が、INFP型にとって、喜びやインスピレーションの泉となるのです。

善を探求するあまりに自分自身を見失い、生きて行く上で欠かせない日常生活の維持を疎かにしてしまう可能性もあるので注意しましょう。INFP型の人達は、他の性格タイプよりも、よく思いにふり、楽しみながら物事をあれこれ想定したり、哲学的な事柄について思い巡らせたりします。放っておくと、まるで隠者のように引きこもったまま連絡が途絶え、友人やパートナーが、多大なエネルギーを費やして、現実世界に連れ戻すことになります。

16Personalities性格診断テスト