読書メーターあなたの読書量を記録・管理

4月の読書メーターまとめ

わらわら
読んだ本
5
読んだページ
1347ページ
感想・レビュー
5
ナイス
141ナイス

4月に読んだ本
5

4月のトップ感想・レビュー!

わらわら
2021年の本屋大賞の本、興味あったが「まぁいいか」と思っていたら友達が貸してくれた。「すぐ読めちゃう」と言って置いていた。なんでかなぁと思いながら読み始める。2020年4月に初版となっている。昨今の虐待、ネグレストの問題の内容は酷い、ジェンダーのことも他にも問題提起をしている。「解決」ではないが「人間の心」がそのことにぶつかっていく。生きていてよかったと思う。52ヘルツのクジラも元気に生きていると思う。町田そのこさん初読み、また読んでみたい作家さんです。本屋大賞になる。世の中って素敵な心の人沢山です。
が「ナイス!」と言っています。

4月の感想・レビュー一覧
5

わらわら
2021年の本屋大賞の本、興味あったが「まぁいいか」と思っていたら友達が貸してくれた。「すぐ読めちゃう」と言って置いていた。なんでかなぁと思いながら読み始める。2020年4月に初版となっている。昨今の虐待、ネグレストの問題の内容は酷い、ジェンダーのことも他にも問題提起をしている。「解決」ではないが「人間の心」がそのことにぶつかっていく。生きていてよかったと思う。52ヘルツのクジラも元気に生きていると思う。町田そのこさん初読み、また読んでみたい作家さんです。本屋大賞になる。世の中って素敵な心の人沢山です。
が「ナイス!」と言っています。
わらわら
「ビワハゴロモ」名前も神秘な昆虫を想像する。誰がデザインするのか、不思議な形、色合い、模様。あってみたいが日本にはいないらしい。いやいや海外でも合うことができるのは稀な事らしい。丸山宗利氏が図鑑にしたことで「ヒトハゴロモ」を知ることができた。絵を描く孫に送ろうか…手元に置いて部屋に飾ろうか悩む。この美しい色は孫にも教えたい。
が「ナイス!」と言っています。
わらわら
春高編前半を読んで春高バレーに萌えたのは昨年だった。実際の春高バレー1月の決勝戦をテレビで見て燃えた。あれから数か月清陰高校のことも春高バレーのこともすっかり忘れていた。そうだ!箕宿高校と死闘の戦いをしたのだった。中盤をすぎ燃えだした。対戦相手景星高校の主将浅野直純君がまたいいやつで泣かせるのだ。高校生、子供かと思えば大人だ、大人のように忖度がなくいい。セッター灰島くんの最後の決断が「すごい」黒羽くんの投げた言葉がいい。2年生になった黒羽、灰島はどんな人間に成長していくか、次回が早く出版されるように願う。
が「ナイス!」と言っています。
わらわら
感想を見て、これはいいと古本で買いました。絵が書けない私、でもちょっとイラストで文に添えるのいいし、メモする時もイラスト描けたらいいなぁと思う。あいうえお順に沢山イラスト載ってます。マネして書いてみる「下手」。マッキーの12色も買ってみた。毎日一個書いてみようかなあ。いい辞典です。
が「ナイス!」と言っています。
わらわら
ご存知「本能寺の変」の巻である。前半は信長の天下を取るための様が描かれている。律令国家を目指すため朝廷の上にたちまずは国をおさめようとした。安土城にてその思いを家康に語るシーンも見どころだがその後の光秀の謀反、信長が討伐され、どうでるか悩む家康の心理も面白い、謀反を何故起こしたかの理由解きも興味をそそられる。そして秀吉の抜け目ない行動。信長が討伐され東の国は即動く。光秀の謀反がなければ秀吉が天下をとることもなかった、家康も天下をとることもなかったかもしれないと言われる。が歴史は動いた、いよいよラスト六巻へ
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/01/22(3394日経過)
記録初日
2012/01/22(3394日経過)
読んだ本
596冊(1日平均0.18冊)
読んだページ
178268ページ(1日平均52ページ)
感想・レビュー
587件(投稿率98.5%)
本棚
5棚
性別
年齢
68歳
外部サイト
自己紹介

本はいろいろな世界に行けるので好きです。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう