読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

わらわら
読んだ本
8
読んだページ
2399ページ
感想・レビュー
8
ナイス
161ナイス

9月に読んだ本
8

9月のトップ感想・レビュー!

わらわら
萩原浩氏が直木賞を取ったというニュースが嬉しかった。そして図書館に予約、漸く手にとった。海の見える理髪店、散髪されるお客になった気分で理髪店のおっちゃんの話が入ってくる。このペースで話していたらもうすぐラストでは、ラストに起こった展開はドッキとさせられた。えっ短編集なんだ。萩原浩氏の本は長編がいいと思う。優しさとユーモア―にずっと包まれていたい。
が「ナイス!」と言っています。

9月のトップつぶやき!

わらわら

第2回 レビュアー大賞に投票しました 「君の膵臓をたべたい」 https://bookmeter.com/reviewer_awards/2017/books/8

が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
8

わらわら
一市民の美術館に対する愛が素晴らしいのか、チーフ・キュレーターの一市民の思いに心動かされる思いが素晴らしいのか、裁判官&調停人が奇跡を起こす行動をとったのがすばらしいのか。そこに感動した各財団が寄付を募り、デトロイト美術館のコレクションを守り、年金受給者も救われることになった。思いは通じた。今の日本の現状に置き換えてみる。一市民も日本を愛していないが、そこの政治軍団も然り何を思い解散したか…そして何を思い新しい政党軍団をつくろうとしているか…これでは奇跡も起きるはずがない。
わらわら
2017/09/30 16:03

絵画「マダム・セザンヌ」に人を動かす素晴らしさがあるのは間違いない。

が「ナイス!」と言っています。
わらわら
5年ほど前に購入した本。F(絞り値)シャッター速度そして露出補正の意味がそろそろわかった(実行に移すのは厄介だが…)望遠にすると広角が狭くなる〈当たり前のことだが、そっか!と思った)この本今一度読み直そう。
が「ナイス!」と言っています。
わらわら
GF1からGX7にカメラを買い変えた。この本を読み、改めて納得したことが多々。GF1をもう少し使いこなすべきだったと思う(まだ使えるが)GF1を使っていたので一眼レフに対して頭が軟化していたか?この本がわかりやすいのか?よく理解できる。が、使う段階になると操作が思い出せない…実践で体で覚えていくしかないか。
が「ナイス!」と言っています。
わらわら
「自分の身勝手さを胸に刻め!」と警告本。2011年に発行された本、6年経っているが…身勝手な人間増えている。その身勝手さを伝える身勝手な風潮もひどくなっている。「美しい景色を見て、美しい心を取り戻そう」とラストに綴っている。「今、あなたに見えている世界は、あなた自身をあらわしている」「欠点にない人はいない。こぶのない木もない」(ブータンのしあわせ日めくりより)章によって違う人物が語るストリーは面白い展開になり、先を読みたくなる書方。人物を把握するのに苦労するが…
が「ナイス!」と言っています。
わらわら
萩原浩氏が直木賞を取ったというニュースが嬉しかった。そして図書館に予約、漸く手にとった。海の見える理髪店、散髪されるお客になった気分で理髪店のおっちゃんの話が入ってくる。このペースで話していたらもうすぐラストでは、ラストに起こった展開はドッキとさせられた。えっ短編集なんだ。萩原浩氏の本は長編がいいと思う。優しさとユーモア―にずっと包まれていたい。
が「ナイス!」と言っています。
わらわら
家康の見事の役者ぶりが鼻につく。本田正信の脚本も見事で小憎らしい。性格の描写も面白いが顔形の描写も読みながら吹き出してしまう。映画の出演者たちには程遠いように思われる。上巻のくだりでは石田三成は佐和山に退隠。頑張れ三成と思う。前田家の品の良さが漂う金沢が好きである。成巽閣の内装が印象に残っている。先日訪れた鹿児島の仙巌園の島津邸も好きである。中巻でも戦国武士たちの描写が愉しみである。
が「ナイス!」と言っています。
わらわら
「やられた!」二つのストリーを章ごとに順次展開していく。読者はどこかで繋がると推理する。「わかった」と思う…素人やった。作者貫井氏はそこをよんで(ほくそそ笑みながら結末を書いたのだろう)実に巧みミステリー小説となる。リアルで怖さが残る貫井徳郎氏の本は読者が元気でないと読めない。今回も幼女誘拐殺害、新興宗教、警察組織、夫婦関係(不倫)どれも現実に身近に起こる要素がある。「愚行録」(小出恵介事件で映画は配信休止らしい)読んでみようと思う(私、精神は元気のようです)
が「ナイス!」と言っています。
わらわら
読んでて楽しい。みんな持ち帰りたくなります。「ナイロンバック」娘からもらって使ってます。これおば様仲間にも好評「どこで買ったの?」って言われます。「你好我好」作者青木由香さんの台北の店、まずここに行ってみよう。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/01/22(2100日経過)
記録初日
2012/01/22(2100日経過)
読んだ本
350冊(1日平均0.17冊)
読んだページ
103251ページ(1日平均49ページ)
感想・レビュー
342件(投稿率97.7%)
本棚
5棚
性別
年齢
64歳
外部サイト
自己紹介

本はいろいろな世界に行けるので好きです。