読書メーターあなたの読書量を記録・管理

1月の読書メーターまとめ

わらわら
読んだ本
7
読んだページ
1751ページ
感想・レビュー
7
ナイス
125ナイス

1月に読んだ本
7

1月のトップ感想・レビュー!

わらわら
2020年のM-1、2019年のM-1の分析も読んでみたい。この本でも登場している「マヂカルラブリー優勝」、ネットでも騒がしていた。「おいでやすこが」の分析も興味がある。ナイツ 塙さんが選んだのは「見取り図」だったと喋りの漫才だ。2019年はミルクボーイ、抜群の話の間である。その分析も読んでみたい。今朝の朝刊に上方協会漫才大会でグランプリをとったのはミルクボーイである。この本も読むと漫才が少しわかった気がしてくる。ナイツ 塙さんがブツブツと間違いを喋る漫才も好きです。ナイツの醸し出す人間性が好きです。
が「ナイス!」と言っています。

1月の感想・レビュー一覧
7

わらわら
群ようこさん1954年生まれ、私1952年、まぁ同じ年齢、この本の前に「パンとスープとネコ日和」を読みました。ふんわりホンワカ感じる物語に癒された、エッセイも癒されるかなと…ちょっと違った「ゆるい生活」ゆるさだけ受け取った、漢方生活は無理だ。きれいな空気の中で暮らす感じかなぁ漢方。きれいな空気の中で暮らしている中に異物が紛れ込んだら不調を起こすだろう(きっと)。体の中を浄化しきれいにする(気持ちいいだろうと思う)維持するのは大変、絶対できないと思う。でも汚れを絞り出す努力はたまにしてみようと思う。
が「ナイス!」と言っています。
わらわら
「そんな愚痴らなくっても」なんて突っ込みながら読む、過去の分岐点戻りたい、過去の分岐点の場所に思いがある。それは全然ない。過去を変えたとしてもそこに満足があるとは思えない、あぁぁ女は現実的なのかなぁ?そう思って読んでいるうちに刺激は受けた。新たなに自分人生を考える、これは有りだと思う。萩原浩氏の家族を描く作品は優しい、温かい。それがちらちらッと見え隠れしている。「あの日にドライブ」ではなく「あの日へドライブ」かなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
わらわら
2020年のM-1、2019年のM-1の分析も読んでみたい。この本でも登場している「マヂカルラブリー優勝」、ネットでも騒がしていた。「おいでやすこが」の分析も興味がある。ナイツ 塙さんが選んだのは「見取り図」だったと喋りの漫才だ。2019年はミルクボーイ、抜群の話の間である。その分析も読んでみたい。今朝の朝刊に上方協会漫才大会でグランプリをとったのはミルクボーイである。この本も読むと漫才が少しわかった気がしてくる。ナイツ 塙さんがブツブツと間違いを喋る漫才も好きです。ナイツの醸し出す人間性が好きです。
が「ナイス!」と言っています。
わらわら
プライムビデオでドラマを見て本も読んでみたいと思った。感動が二分の一になってしまうことが多い。ドラマは本に忠実であると思う。本を読んでいても内容は把握できているのだが文章にしても次はと興味がわく。このくだりが好き、次のくだりも好きだったなぁと感動が2倍になっていく。作者群ようこさんは2冊目、最初の「かもめ食堂」も好きです映画を見たいと思う。「パンとスープとネコ日和」、5弾目まで出ているようです。猫の話はドラマと違っていました。それはそれで感動です。次の巻はどう展開していくのでしょう楽しみです。読んでみます
が「ナイス!」と言っています。
わらわら
全米図書賞受賞のニュースを見て読む。JR上野駅公園口、亡くなった姉と5年前に待ち合わせた。2006年にホームレスの排除のニュースも記憶に残っています。その後公園を歩いた時ホームレスが少なったことを思い出す。姉と最後に歩いた公園では炊き出しをしていた。私は戦後生まれです。天皇を神と崇めると言う気持ち弱いです。天皇制の磁力、私の中にあります。本を読みこのことに矛盾を感じる。オリンピックと言う名目に潰される出稼ぎの人たち。人を救う、思いやると言う方向性がズレています。人が生きると言うことは何が基本なのでしょう。
が「ナイス!」と言っています。
わらわら
2020.12.31~2021.1.2にて3巻一気読み面白かった。青春だ、バレーボールだ、友情だ、仲間だ~モウモウ(干支のダジャレではない)ぎっしり詰まった青春が乗り移った。昨年はコロナ禍で4月から高校スポーツの大会がなくなった。何とか秋から戻ってきた。この子たち高校生にとっては目指していたものがもぎとられる。ありえん!と思った。燃えるよ代表決定戦、声を出して応援していた。箱根駅伝見ながら書いてます。チーム、選手の思いを感じながら、東京オリンピックできたらいいのになぁ。清陰バレー部の春高バレー待ち遠しい。
が「ナイス!」と言っています。
わらわら
福井県の強豪チーム「福蜂高校」から始まった。エースもエース福井県の代表にもなる三村統(すばる)は性格的にもいいやつだ。同級生の越智光臣をマネージャーに据えるまでの話も感動する。その福蜂と清陰は練習試合をする。バレーボールの試合を文章で描くのは難しいと前回の解説に載っていた(で、漫画が多い)そこを描くのがうまいとも載っていた、確かにボールを追うし選手も追っている応援団になる(ハイキュー‼のように人物の顔が固定されない)代表決定の前に文化祭の話、こちらもまた青春でいい、私も50年前の文化祭を思い出す、2に進む
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/01/22(3323日経過)
記録初日
2012/01/22(3323日経過)
読んだ本
587冊(1日平均0.18冊)
読んだページ
175841ページ(1日平均52ページ)
感想・レビュー
578件(投稿率98.5%)
本棚
5棚
性別
年齢
68歳
外部サイト
自己紹介

本はいろいろな世界に行けるので好きです。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう