読書メーターあなたの読書量を記録・管理

わらわら2017年の読書メーターまとめ

わらわら
読んだ本
70
読んだページ
18371ページ
感想・レビュー
70
ナイス
1328ナイス
月間平均冊数
5.8
月間平均ページ数
1531ページ

読書メーターまとめ

トップ感想・レビュー

わらわら
孫が持っていた本。ラジオで映画が絶賛されていた。読み始めたが文章の書き方がメンドクサイ「若い」って感覚を感じる。途中でやめた…(会った時孫に感想きかれるかも)とまた読み始める。ちょっと流れが変わった。入り込む。主人公「桜良」の術中に、はまった。いや作者の腕の中に納まっていた。「桜良」も素敵な子なら、僕?君?も魅力的な子です。二人のつながりもいい感じで美しい。面白さも美しさも尊さも、持っている本です。「生きる」最後まで、そして読もう「最後まで」
わらわら
2018/09/02 17:52

昨日、テレビで映画録画見ました。なんかめっちゃよかった。 構成も配役も心打つものでした。

が「ナイス!」と言っています。
わらわら
萩原浩氏が直木賞を取ったというニュースが嬉しかった。そして図書館に予約、漸く手にとった。海の見える理髪店、散髪されるお客になった気分で理髪店のおっちゃんの話が入ってくる。このペースで話していたらもうすぐラストでは、ラストに起こった展開はドッキとさせられた。えっ短編集なんだ。萩原浩氏の本は長編がいいと思う。優しさとユーモア―にずっと包まれていたい。
が「ナイス!」と言っています。
わらわら
作品(絵画)の中に、その作家(画家)の人生が見える。アンリ・ルソーの「夢」の絵画を追いながら、追う人間のミステリアスな描写、サスペンスな描き方。そして、その絵画も謎を含む。「楽園のカンヴァス」と言う絵画の中をさ迷い歩いた。もっと見つめればもっと深く知ることができるであろう。アンリ・ルソー「夢」にも会ってみたいです。
が「ナイス!」と言っています。
わらわら
昨今ニュースで報道されている「いじめ」「ひきこもり」の話?顔をしかめながら読み進める。離婚、認知症と問題視されている事柄に話は進む。その事柄を助けていくのは「おにぎり」(人の手でにぎる「おにぎり」はその人の手の形で拝んでいるような形に)。「お米」かなぁ。(一粒に7つの神さまが宿っているお米)。それもあるけど、やはり「人間」。人間の温かさ、優しさ、そして大人のかっこよさがみなを助ける。背景の八ヶ岳にも助けられた。悩みを持っているなら読むといいです、この本。
が「ナイス!」と言っています。

トップつぶやき

わらわら

第2回 レビュアー大賞に応募しました 「君の膵臓をたべたい」 https://bookmeter.com/reviewer_awards/2017/books/8

が「ナイス!」と言っています。
わらわら

第2回 レビュアー大賞に投票しました 「君の膵臓をたべたい」 https://bookmeter.com/reviewer_awards/2017/books/8

が「ナイス!」と言っています。

読んだ本70elkイメージ

1月3

2月2

3月8

4月5

5月8

6月6

7月7

8月9

9月8

10月3

11月7

12月4