読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2021年12月の読書メーターまとめ

やなぎ
読んだ本
43
読んだページ
4785ページ
感想・レビュー
43
ナイス
497ナイス

2021年12月に読んだ本
43

2021年12月のお気に入り登録
6

  • 或るエクレア
  • まさき|リクルート×副業(Lステップ構築)
  • のぶ
  • のんびりさん
  • タカユキ
  • 猪子

2021年12月のお気に入られ登録
1

  • タカユキ

2021年12月にナイスが最も多かった感想・レビュー

やなぎ
母に薦められて。つらい、きつい話だったが、明るさ、希望もあって読後感は良い。キラキラした青春が眩しい。我が子にもこんな青春が待っているといいなと思うし、自分にだってワクワクするような未来が待っていないとは限らない、とも思う。ヤマオは煉獄さんのようなイメージ。一木けいさん、他の作品も読んでみたいな。
が「ナイス!」と言っています。

2021年12月にナイスが最も多かったつぶやき

やなぎ

【読書メーターの本のプレゼントに応募しました】「かが屋」加賀翔、初小説!『おおあんごう』を著者サイン入りで10名様に。応募受付は2022年1月6日(木)の正午まで。応募はこちらから→ https://bookmeter.com/giftbooks/422?track=share

が「ナイス!」と言っています。

2021年12月の感想・レビュー一覧
43

やなぎ
非常にわかりやすかった。デザイナーじゃないから、そこまで質の高いものが求められているわけじゃないんだけど、作るからにはある程度のPR効果は欲しいし、ダサいものしか作れないと悲しくなる。そんなノンデザイナーのために順を追ってマンガで丁寧に説明してくれる良書。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
シリーズものの途中をいきなり読んでしまったせいか、いまいち息子には響かず。順番に読んできたら、たぶん独特のノリにも慣れて楽しめたんだろうな。母犬がクリスマスカードを送る、という世界観も不思議だった。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
図書館への返却期限が迫って、流し読みしたせいか、あまりピンと来るレシピがなかった。私の好きそうな本なのに、残念。美味しそうな調味料もいろいろ紹介されており、写真も豊富で楽しい1冊でした。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
必要に迫られて読んだが、わかりやすかった。ストレスで狭心症になった人は、出世より体調を優先するしかないようだ。単身赴任や、家族と別室での就寝も危険。もしものときのために、心臓マッサージのやり方は頭に入れておこう。倒れたのが自宅で、対応できるのが自分だけだった場合、胸骨圧迫を続けながらAEDを要請できるだろうか。リアルに想像すると難しい。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
「マンガBANG!」で読み始めた。昔、読んだことがあるのだけど、どこまで読んだっけな…この先の展開が全く思い出せない。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
小1息子のお友だちが、このシリーズにハマっているらしいので、試しに1冊借りてみた。最初は興味なさそうにしていたけど、読み始めたら一気読み!「次巻も読みたい!」とのこと。私も少し読んでみたけど、絵柄やセリフが何となくしっくり来ないのは、作者が韓国語の翻訳だから?でも、だんだん癖になってきたかも。面白くて勉強になるなんて、最高。2巻もあるとは知らなかった。図書館だと予約がかなり入ってるので、買うしかないかな。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
ネタバレ本書を含め何冊か読んできて、「性」のことについてどう伝えるか、何をどんな順に伝えればいいかが整理できてきた気がする。まずはプライベートゾーンについて理解させる。次に、「性」にまつわることは恥ずかしい・いやらしいことだから隠すのではなく、プライベートなこと・自分(たち)だけの大切なものだから見せないのだ、ということを伝える。これを踏まえれば、何とか話せそう。夫とも認識を共有しておく必要がある。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
ネタバレLINEマンガで読み進めてきたが、5巻の途中で、有料になってしまった。とりあえず、ここまでにしておく。仕事をがんばる志乃さんを応援したくなる。やっと職場に溶け込めて、良かったね。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
シゲタサヤカさんの絵本は、たぶん全て読んでしまった小1息子と私。待望の新刊!想像もつかないストーリー展開に大満足。ちょうどクリスマスの朝に読むことができて、良かった〜
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
ネタバレLINEマンガで読み始めた。絵が綺麗で良い。3巻でハッピーエンド!かと思いきや、まだ続くとは。そう、現実は結婚してゴールってわけじゃないもんね。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
母に薦められて。つらい、きつい話だったが、明るさ、希望もあって読後感は良い。キラキラした青春が眩しい。我が子にもこんな青春が待っているといいなと思うし、自分にだってワクワクするような未来が待っていないとは限らない、とも思う。ヤマオは煉獄さんのようなイメージ。一木けいさん、他の作品も読んでみたいな。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
『あかちゃんの木』でソフィー・ブラッコールに興味を惹かれて。これは解説が欲しいな…このお母さん酷い!と思ってしまうけど、文化の違う国で必死に子育てをしているのだと思うと、一概に責める気にはなれない。ブレない態度は、むしろ立派だ。小1息子(一人っ子)、どう感じたかな?弟が2人いる私でさえ、このような理不尽な目に遭ったことはない。それにしても、お姉ちゃんがサナを追いかけまわすページ、部屋が広すぎ!!!
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
『あかちゃんの木』を読み、ソフィー・ブラッコールが気になって手に取った。素晴らしい。作者、画家、それぞれのあとがきも良い。小1息子への読み聞かせでは、奴隷制度やジェンダーについても簡単に説明してみたけど、ピンと来ない様子。そうだよね。当たり前のようにパパがお料理している生活からは想像ができないね…
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
小1息子が熱心に読んでいた。大喜利のような1冊。私もザッと読んでみたが、意外にも、ちゃんと面白い。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
小1息子、このお話をパネルシアターで見たことがあるそうで、読み聞かせをしようとしたら「ママが1人で読んで」…途中で「これ、可愛いお話だね」と言うと「そうだよね〜」とニッコリ。どんな味がするのかな。息子は「食感も好きなものと同じなのかな」と言っていた。確かに、そこも気になるよね。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
力尽きたときに、この本を読む気力はないかも…文字が多く写真がないので、パッと直感で理解しづらい。しかし、幸い元気な日に本書を読むことができたので、疲れた日にその知識を生かそうと思う。残りの体力別にレシピが載っているのは、良い試み。料理に必要なHPが5・20・60%の3種類に分類されていて、60%のレシピも結構簡単なので、作ってみようかなという気持ちになれる。ホイル焼き、実は作ったことないので試してみよう。
やなぎ
2021/12/30 16:41

Nyahさん、これいいですね!こっちのほうが私の求める内容に近そう。ありがとうございます(^^)

Nyah
2021/12/30 18:17

^_^

が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
マガポケにて。暇つぶしに読み始めたオーソドックスなラブコメだけど、主人公が可愛くて、良い。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
読み聞かせをしようとして手に取ったところ、「これ面白くないよ、学校で読んだ」という小1息子。どんな内容なのか説明してもらったら、面白そうじゃん…そう伝えると「うーん、じゃあ、読んでいいよ」と満更でもない様子。結構楽しそうに聞いてくれた。横長の判型で、絵も魅力的。好き。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
小1息子に読み聞かせ。まったく興味なさそうだったのに、蜂の巣みたいな写真を見て「わっ!これすごい!」と声をあげていた。存在すら知らなかった放散虫、とっても綺麗。肉眼では見えないところに、こんな美しい世界が広がっているなんて不思議だ…
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
小1息子に読み聞かせ。眠くて気乗りしない様子のわりに、各ページのミッションを、ほぼ全てこなしていく。カラフルで美しい絵柄とミスマッチな、果物たちの喋り口調が面白い。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
小1息子に読み聞かせ。もうちょっと小さい子向けかな?絵がとても綺麗。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
ネタバレ1ページ目、こういう絵本に出てくるおじさんって、仕事しなくても生活していけるんだね…うらやましいなぁ〜なんて言いながら読み聞かせを開始。しかし最終的に就職することになり、期せずして本書のテーマ(?)に触れる発言をしてしまっていたようだ。自宅は手放したのかな?それにしても、動物から見たマスターさんの魅力って、どこにあるのだろう。愛情が伝わったのか。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
ネタバレ大好きなシリーズ。「地方から来て東京で暮らし始めた人に向けた東京の本」というコンセプト、とっても良い。ずっと東京&隣県で暮らしている私にとっても新しい情報がたくさん。空襲や震災などの災厄を乗り越えて、今の東京があるということに思いを馳せ、平和な時代のありがたみを噛み締めたり、「町中華のちゃんぽん」についての考察にフフッと笑ってしまったり。入谷朝顔まつりで、一鉢買ってみたくなったなぁ。本書で紹介されていた『超難関中学のおもしろすぎる入試問題』も面白そう。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
ポケモンGOで遊びたくて少々ご機嫌斜めな小1息子(もうさんざん遊んだので休憩させられている)、あまり絵本に乗り気ではなかったのだけど、最後のページで思わずフフッと笑いがこぼれた。このシリーズ、ほかにもあるなら読んでみたいな。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
安定の楽しさ。小1でも楽しめる。乗り換えクイズのシステムには感嘆!素晴らしい。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
占いに興味があるらしい小1息子の希望で、借りてきた1冊。誕生日によって決まる〝妖怪ナンバー〟に基づき、自分や母がどの妖怪になるのかを調べていた息子に「あっ、当たってるかも〜」と言うと、ちょっと嬉しそうだった。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
小1息子、当たってる〜などと言いながら楽しそうに熟読していた。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
ネタバレ有名な話だが、今まで読んだことがなく、ようやく手に取った。とても優しい回答だと思う、けど…サンタクロースと妖精とが同列に語られているので「えっ、サンタクロースって、やっぱり妖精的な存在だったのか」と小1息子が何かを察してしまいそう。読み聞かせはせず、図書館に返却することにします。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
たまには有名な昔話を読み聞かせ。仲間の木たちが苦しむくすの木を見舞うシーン、とても良かった。関係ないけど「ずきん」のアクセントがわからなくて、読むとき毎回迷ってしまう。「御殿」もわからなくなる私。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
最近あまり読書に意欲的でない(ように見える)小1息子が、めずらしく「これも借りたい!」と図書館の棚から取ってきた。ずいぶん渋いの選んだな…こういうの好きじゃなさそうなのに…と思ったら、これ、読んだことある!大好きなやつだ!(息子は覚えていなかった様子)読み聞かせしていて楽しくて仕方ない。絵も文も最高。最後のシーンでは「やまんばって、普通こうなるよね」とクールな息子。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
「返却されたばかりの本」の棚で目に入り、思わず手に取った。綺麗なグリーンとコンパクトなサイズ、パラパラめくると読みやすそうな分量の活字。もちろん読みたいなと思った決め手は著者名なのだけど、装幀って大事だなと感じた。2021年11月8日発行の新しい本!コロナが流行し始めた頃の空気感、すでに忘れかけているけど、こうして小説(エッセイ…?)で世に残るのは素晴らしい。さっき著者名云々と書いたが、実は初読みの作家さん。脳内で有川浩さんとごっちゃになっていたが、長嶋有さんといえば【コメントに続く】
やなぎ
2021/12/09 00:30

以前、新聞の連載で『ねたあとに』を目にして気になっていたのであった。やっと読めた!フィクションなのかな?とても好み。ほかの作品も読んでみたい。

が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
愉快なお話だった。絵も良い!牛頭(ごず)や馬頭(めず)は何となく聞いたことがあるけど、鹿頭(ろくず)・虎頭(こず)・猪頭(ちょず)・獅子頭は知らなかった。そもそも「獄卒」という言葉に馴染みがない。絵本でこういう言葉に親しめるのって、いいことだなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
無性にかき揚げ丼の回が読みたくて、第4〜6話だけを〝スキマ〟で読了。読メに感想を書こうとして皆さんの感想が目に入り、駅弁の回も面白そう…再び〝スキマ〟に戻り、4巻の第8話から読み直し。当時は加熱式駅弁がなかったのかな?陽一の工夫が盛り沢山で楽しかった。そして、お目当てのかき揚げ丼!これこれ、これが読みたかった。ほんと美味しそう〜
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
無性にカツ丼の回が読みたくなり、Amazon prime readingにて「極!合本シリーズ1巻」(単行本1〜3巻収録)を。やっぱり美味しそう!でも、何か記憶と違うような…と思ったら、もしかして、私が読みたかったのは「かき揚げ丼」の回だったのかも…あれは5巻か。次巻も読むしかない。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
小1息子と一緒に、探しものを楽しんだ。寝たくなくてムスッとしていた少年、途中からイキイキと笑顔になっているのが可愛い。お母さんの服装が、何だかリアル。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
登場人物(動物)たちの表情がとても良い。特にカメがカッコイイ〜。みんな自己肯定感が高くて、人生を楽しんでいる。こうありたいものです。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
小1息子が好きそうなので、勝手に図書館で借りておいたところ、やはり気に入ったようで夢中になっていた。牛たんゲームや古今東西(山手線ゲーム)など、おなじみのゲームも載っているのが良い。さっそく「20の質問」や「リアル間違い探し」「ないのはどれだ?」を楽しんだ。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
絵本ナビで全ページためしよみ。とてもいい本だと思うけど、まだ小1息子と一緒に読む勇気が出ない。みなさん、どうされているのかしら。悩ましい。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
ネタバレAmazon prime reading。 情報ではなく、気持ちのやりとりをする。これは、野口敏さんの著書で学んだことだなぁ。やはり大事なことなのだ。否定とアドバイスはしない。肯定して、共感する。「寒くなりましたね」と言われて「明日は暖かいみたいですけどね」と返すの、ついやってしまいがち。気をつけよう… 反対に、困った会話を切り上げたいときはその逆を。長くなった雑談も「お話が面白くてすっかり時間がたっちゃいましたね」「盛り上がりましたね」「ありがとうございました。またお願いします」で、前向きに終えられる。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
サラッと流し読み。スマホでもコツをつかめば綺麗な写真が撮れるのかなと、軽い気持ちで手に取ったが、あまり写真に興味がない自分に気づいた…写真を撮るときに、いろいろ気にしなきゃいけないと考えただけで、何だか疲れてしまった笑 とはいえ、スマホの最短撮影距離は約5cmなので、近くに寄りすぎるとぼけてしまうこととか、影になった部分も明るくするにはHDR機能をONにしておくといいとか(←すでにONだった…)、勉強になりました!
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
偕成社の〝山中恒おもしろ童話〟5冊を制覇したい小1息子、とうとう5冊目も読み終えたので、私も読んでみた。各章のタイトルが興味をそそる。「なぜ、ロボットはこしょうしたほうがよいのか」「なぜ、おもわずおどりだすような音楽を作曲してはいけないか」…ちょっと浮世離れしたクラマはかせと、女の子のやりとりが微笑ましく、面白かった。しかし、このシリーズ、小学中級からと書いてある。いつの間にか字の多い本もスラスラ読めるようになったんだな。本好き仲間が増えて嬉しい。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
Amazon prime reading。ドラマとの違いなど楽しんだ。柊くんの職業や、旭くんのキャラなどは違ってるけど、明葉の前髪は原作どおりだったのか〜。
が「ナイス!」と言っています。
やなぎ
ネタバレAmazon prime reading。『コンサル一年目が学ぶこと』で、本だって(ネット検索と同じく)必要なところだけを拾い読みしても良いという考え方を知り、さっそく実践。実用書を読むハードルがグッと下がった!楽しいことがなくても、意識して口角を上げれば、脳は「何かいいことがあったんだな」と思い込む/脳が楽しいと感じることは続き、そうでないことは続かない。脳をワクワクさせるためには、ワクワクするような未来の夢を思い描けばいい。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/01/29(3644日経過)
記録初日
2012/01/29(3644日経過)
読んだ本
1978冊(1日平均0.54冊)
読んだページ
245204ページ(1日平均67ページ)
感想・レビュー
1925件(投稿率97.3%)
本棚
9棚
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう